519件中 31 - 40件表示
  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たエティハド航空

    エティハド航空 : 2013年4月2日からアブダビ線を週5便(月・火・木・土・日)から1日1便に増便予定成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たブリティッシュ・エアウェイズ

    1978年の開港当時から使用されており、供用当時は北ウィングを日本航空やブリティッシュ・エアウェイズなどが、南ウィングをパンアメリカン航空やキャセイパシフィック航空などが使用していた。その後第2ターミナルの完成を受けて日本航空や全日空などが移動するなど使用航空会社が変更されたほか、改築と増床を重ね、現在は中央ビル並びに南北ウイングと第1 - 第5サテライトに分かれている。出発ロビーは4階、到着ロビーは1階である。第1、第2サテライトは主にスカイチーム加盟各社のチェックイン・カウンターがある北ウイングに、第3 - 5サテライトは主にスターアライアンス加盟各社と、全日空ハンドリング各社のチェックイン・カウンターがある南ウイングに接続している。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たノースウエスト航空

    ノースウエスト航空(デルタ航空と合併)成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た日本オーチス・エレベータ

    1992年12月6日に供用開始され、当時は単一ターミナルビルとしては世界最大級の規模だった。出発ロビーは3階、到着は1階で、本館とサテライトに分かれる。両館の連絡は、無料の新交通システム(実用に供されているものとしては世界的にも珍しい空気浮上式。法的には「水平に移動するエレベーター」扱いだが、事実上、完全自動運転の新交通システムである。日本オーチス・エレベータ製)による。現在はワンワールド加盟各社が使用しているほか、日本航空がハンドリングする各航空会社や一部のスカイチームの加盟航空会社も使用している。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たコンチネンタル航空

    コンチネンタル航空(ユナイテッド航空と合併)成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たエバー航空

    4月18日:2本目の滑走路・暫定平行滑走路の供用開始。これにより台湾のチャイナエアライン(中華航空)とエバー航空(長榮航空)が羽田から成田へ移管、中国国際航空など中国のエアラインと翼を並べることとなる。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た中国東方航空

    上記の通り旅客ターミナルはアライアンス別に分かれていて、基本的に第1ターミナル北ウイングにスカイチーム加盟各社、第1ターミナル南ウイングにスターアライアンス加盟各社、第2ターミナルにワンワールド加盟各社が発着している。ただし2012年10月10日現在の時点でスカイチーム所属だが第2ターミナル発着の中国東方航空、チャイナエアラインなど、いくつかの例外もある。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たフジテレビジョン

    『大空港』(1978年 - 1980年・フジテレビ成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たゆうちょ銀行

    ターミナルビル内の複数箇所で、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・千葉銀行・京葉銀行・ゆうちょ銀行・新生銀行・東京スター銀行・セブン銀行(看板は「SEVEN BANK」表記)・シティバンク銀行のATMが置かれている。また、JRの空港第2ビル駅・成田空港駅のコンコースではビューカードATMが置かれている。このうち、日本国外発行のATMカードやクレジットカードによる現金引き出し・残高照会利用は、ゆうちょ銀行ATMとセブン銀行、外資系銀行のATMのみ対応している。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たユナイテッド・パーセル・サービス

    貨物便では、成田国際空港を本拠地として使用している日本貨物航空、続いてフェデラルエクスプレス、全日本空輸、ユナイテッド・パーセル・サービスが上位を占めている。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

519件中 31 - 40件表示

「成田国際空港」のニューストピックワード