519件中 51 - 60件表示
  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た関西国際空港

    A滑走路(第1滑走路)は関西国際空港の第2滑走路(06L/24R)と並び日本国内では最長の4,000m滑走路を有している。ただし、A滑走路南端から約800mの位置に反対派の「団結小屋」が建つ未買収地が234m²残っていたためアプローチ帯を建設できず、本来そこにあるべき進入灯はA滑走路南側内に750mにわたって設置されて、南側から着陸する場合は実質3,250mの滑走路としてしか利用できなかった。その後、当該範囲の土地取得により、2009年度からA滑走路南側内にある進入灯をアプローチ帯へ移設する工事を行い、2012年(平成24年)12月13日に4,000mの滑走路として完全運用を開始した。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た空港ラウンジ

    両旅客ターミナルの非制限エリアと制限エリア(セキュリティチェックを済ませた人のみが利用できるエリア)には、飲食店と書店・みやげ物屋などの各種売店がテナントとして入っている。後述の公共機関を除いたサービス施設として、診療所などの医療機関、ビジネスセンター、ドコモワールドカウンター等の国際ローミング対応の携帯電話のレンタル・販売ショップや、有料のエアポートラウンジ(指定されたクレジットカード会員の発着便利用時は無料)などがある。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たクレジットカード

    両旅客ターミナルの非制限エリアと制限エリア(セキュリティチェックを済ませた人のみが利用できるエリア)には、飲食店と書店・みやげ物屋などの各種売店がテナントとして入っている。後述の公共機関を除いたサービス施設として、診療所などの医療機関、ビジネスセンター、ドコモワールドカウンター等の国際ローミング対応の携帯電話のレンタル・販売ショップや、有料のエアポートラウンジ(指定されたクレジットカード会員の発着便利用時は無料)などがある。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た談合

    11月18日:旧新東京国際空港公団発注の成田空港電気設備工事で、空港公団主導による受注調整など官製談合の疑いが浮上、関わった電機企業各社と成田国際空港会社が東京地検の捜索を受ける。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たビジネスジェット

    首都圏初のビジネスジェット専用ターミナルが、2012年3月31日に運用を開始した。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たYS-11

    5月7日:運輸省航空局のYS-11型機によって、航空保安施設のフライト・チェック(飛行検査)が実施される。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たボーイング747

    B滑走路(第2滑走路)は2002年(平成14年)5月に開かれた日韓ワールドカップに間に合うよう、同年の4月18日に、当初計画の長さより短い2,180mの平行滑走路として暫定的に供用開始された。これは滑走路の用地買収が進まず、反対派住民の住居などを避けるため、B滑走路の一部を計画時より北西側に延伸させたためである。このためB滑走路の離着陸には制約が設けられ、重量の大きなボーイング747以上の大型機と貨物を含む長距離国際線には使用できず、中小型機と国内線・近距離国際線のみに使用された。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た2009年

    本来の長さである2,500mへの延伸は、反対派の敷地を避けるため、条件派の土地を収用して空地となった北西方向へ320m延長する案が提示された。2006年8月開催の公聴会意見を踏まえて同年9月11日に当時の国土交通大臣・北側一雄がこの案を認可し、2009年(平成21年)10月22日から2,500mでの供用が開始された(方角と大臣姓双方の語句から俗に北側延長と言われている)。供用開始時期は当初2010年(平成22年)3月としていたが、2009年(平成21年)3月23日に発生したフェデックス80便着陸失敗事故の影響を受け、成田国際空港会社と国土交通省が協議をした結果、前倒しでの実施となった。詳細は「歴史」の節を参照。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た日本エアシステム

    2001年12月1日:着陸して駐機場に移動中のミュンヘン発のルフトハンザドイツ航空714便、エアバスA340-300型機の主翼が、離陸のため誘導路に停止中のソウル・仁川行き日本エアシステム253便、エアバスA300-600R型機の尾翼に接触した。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た東京空港交通

    1978年の開港時に、東京空港交通などの運航する定期バス「リムジンバス」が、空港ターミナルと東京シティエアターミナルや都内の主要ホテルなどの都内各地や千葉県内の主要駅、羽田空港との間を5分-60分に1本程度の頻度で運行された。1979年に運用を開始した横浜シティ・エア・ターミナルとの間も10分-60分に1本程度の頻度で運航が行われ、成田空港と都内、羽田空港、横浜を結ぶ主要な交通機関となった。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

519件中 51 - 60件表示

「成田国際空港」のニューストピックワード