120件中 91 - 100件表示
  • 爆笑問題の日曜サンデー

    爆笑問題の日曜サンデーから見た我が家我が家

    我が家 - 2011年10月16日「加藤和彦」爆笑問題の日曜サンデー フレッシュアイペディアより)

  • ものまね王座決定戦

    ものまね王座決定戦から見た我が家我が家

    ひとネタ四天王(☆松村邦洋・☆NON STYLE・☆我が家ものまね王座決定戦 フレッシュアイペディアより)

  • 相棒

    相棒から見た我が家我が家

    『爆笑レッドシアター』杉下ウッ京の事件簿 - 4人の容疑者の中で誰が面白くないかを決める内容で、内村光良が右京ならぬ杉下ウッ京に、坪倉由幸(我が家)が薫に、福徳秀介(ジャルジャル)が尊にそれぞれ扮している。被害者役は柳原可奈子が演じている。相棒 フレッシュアイペディアより)

  • 下ネタ

    下ネタから見た我が家我が家

    演芸文化における下ネタに対する許容度で関東と関西を比較すると、かつては、芸に様式や粋を追求する傾向が強い関東では下ネタは避けられ、一方で「どんな手段を使ってでもお客様を笑わせてこそ芸人はナンボ」という風潮が根強い関西の者が、お笑い芸人・客いずれも下ネタに対する許容度が高いと言われていた。だが、吉本興業の全国展開で関西系、吉本系のお笑いタレントがお笑い市場において大きく幅を利かせている近年では関東では下ネタの許容も徐々に多くなり、最近ではさまぁ?ずや我が家の様に下ネタを芸風の一部とする関東系タレントも登場している。それでも、関東では下ネタに対する反発は関西の芸能人が想像しているよりも根強いものがあり、番組出演者の間でちょっとしたトラブルになってしまうケースや、TPOや視聴者層を考慮しないタレントの下ネタの連発から、関東の視聴者を中心に放送局へと抗議が集中するケースも見られる。もっとも、きわどい下ネタを頻発してもラジオスターとして聴取率の高さで関東でも生き残った笑福亭鶴光、谷村新司という例もあるものの、関東では一般聴衆からの好き嫌いの差は極端に激しく、決して関西ほどに万人受けしているというわけではない。下ネタ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県立浦和東高等学校

    埼玉県立浦和東高等学校から見た我が家我が家

    谷田部俊 - (お笑いトリオ・我が家:ワタナベエンターテインメント所属)埼玉県立浦和東高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 響 (お笑い)

    響 (お笑い)から見た我が家我が家

    コラボカーペットでキングオブコメディ今野浩喜、ハイキングウォーキング&オテンキのり(長友のみ、小ボケ組名義)、ニッチェ(長友のみ)、X-GUN&我が家谷田部俊&キングオブコメディ高橋健一(小林のみ)と共演響 (お笑い) フレッシュアイペディアより)

  • くるくるドカン〜新しい波を探して〜

    くるくるドカン〜新しい波を探して〜から見た我が家我が家

    我が家(ワタナベエンターテインメント)くるくるドカン〜新しい波を探して〜 フレッシュアイペディアより)

  • どぶろっく

    どぶろっくから見た我が家我が家

    2008年は『あらびき団』に出演、主に身近にいる女性をテーマに、非常に細かな観察眼を活かした生々しく下品でありながら聴くものの共感を集める歌を披露。MC・東野幸治の評価は「我が家の下ネタが軽く見える。坪倉君なんて爽やか」というものであった。最初のネタ見せの反応が芳しくなく「他にネタはないのか」というスタッフの要求に対して歌を披露したのが始まりだが、以来歌ネタ以外させてもらえなくなった。『M-1グランプリ2008』では2回戦進出。どぶろっく フレッシュアイペディアより)

  • ホンジャマカ

    ホンジャマカから見た我が家我が家

    しかしながら、その後もコンビを解消することなく活動を続けており、TBSの『関口宏の東京フレンドパークII』には長年ホンジャマカとして出演していた。また、2010年初頭にはコンビ結成から20年が経過したのを記念し、2人揃って日本テレビの『嵐の宿題くん』や『99プラス』、フジテレビの『ウチくる!?』などにゲスト出演して回った。そして、同年3月13日から14日まで新宿紀伊國屋サザンシアターで「ホンジャマカ ライブ “成人” 〜20周年すぎてました〜」を開催し、久々にホンジャマカを名乗ってのコントを披露した。このライブを開催するにあたり、期間限定でにしおかすみこ、山本高広、我が家、フォーリンラブをメンバーに迎えた。脚本は妹尾匡夫が、演出は中野俊成が担当した。2016年4月2日に放送されたTBSの演芸番組『ネプ&ローラの爆笑まとめ!2016春』にも2人揃って参加し、同局では22年ぶりとなるコントの披露を行った。ホンジャマカ フレッシュアイペディアより)

  • 18KIN

    18KINから見た我が家我が家

    コラボカーペットでハイキングウォーキング鈴木Q太郎、キングオブコメディ今野浩喜(第1回のみ)、我が家谷田部俊(第1回のみ)、ロッチ中岡創一(第2回のみ)、狩野英孝(第3回のみ)と言ってみ隊名義で共演(Q太郎を含む2人は全て参加)。18KIN フレッシュアイペディアより)

120件中 91 - 100件表示