戸別所得補償制度 ニュース&Wiki etc.

農業者戸別所得補償制度(のうぎょうしゃこべつしょとくほしょうせいど)とは、日本の民主党が提案した農業政策である。2007年10月に参議院に法案を提出し11月に可決、2008年5月に衆議院で廃案となった後、2009年8月30日に行われた第45回衆議院議員総選挙のマニフェストに盛り込まれた。民主党への政権交代により、2011… (出典:Wikipedia)

「戸別所得補償制度」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「農業者戸別所得補償制度」のつながり調べ

  • 川内博史

    川内博史から見た農業者戸別所得補償制度

    2009年8月15日、2009年衆議院総選挙において、「奄美版マニフェスト」を発表した。内容は改正奄美群島振興開発特別措置法について、「絶対に減らさない」と事業規模を維持したまま交付金制度を新設。また離島のガソリン料金54円引き下げや、離島航空運賃の大幅値下げ、若者流出を防ぐための国立大学・研究所設置、ブロードバンド100%の島づくりなどを盛り込んだ。さらに民主党が唱える農業者戸別所得補償制度の対象にサトウキビを入れることなど、7項目を掲げた。群島内の消費税減免についても今後県連として要望するというものであった。その発表の席には赤松広隆(後農林水産大臣に就任)も同席していた。一方、本マニフェストに対して北澤俊美防衛大臣は、2010年4月20日の参議院外交防衛委員会にて「誰がそんなこといって、誰がそんなウソを言ったのか、私にはまったく解らない」と述べた。(川内博史 フレッシュアイペディアより)

  • セイヨウアブラナ

    セイヨウアブラナから見た農業者戸別所得補償制度

    ナタネが農業者戸別所得補償制度の戦略作物に指定されたことにより、2010年より全国の生産量が報告されるようになった。(セイヨウアブラナ フレッシュアイペディアより)

「農業者戸別所得補償制度」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ