前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示
  • セイヨウアブラナ

    セイヨウアブラナから見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    ナタネが農業者戸別所得補償制度の戦略作物に指定されたことにより、2010年より全国の生産量が報告されるようになった。セイヨウアブラナ フレッシュアイペディアより)

  • 横山信一

    横山信一から見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    農業者戸別所得補償制度について「全国一律では道内の農・漁業者は不利益を受ける」と指摘し、「地域の視点に立った政策が必要。地域の現場を知る強みを生かしていきたい」と語っている 。横山信一 フレッシュアイペディアより)

  • 戸別所得補償制度

    戸別所得補償制度から見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    戸別所得補償制度 フレッシュアイペディアより)

  • 浅川芳裕

    浅川芳裕から見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    そして、民主党政権の進める戸別所得補償制度を農家の思考力を徹底的に奪うものとして厳しく批判し、実際には日本農業は十分に強いことを示し、さらに強化するための策として「黒字化優遇制度」や「日本農業成長八策」を提言している。浅川芳裕 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤淳

    斉藤淳から見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    候補者として高速道路無料化や農業者戸別所得補償制度の導入を主張。当選後、衆議院農林水産委員会に所属。斉藤淳 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松広隆

    赤松広隆から見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    2009年12月8日の閣議後の記者会見で、農家に対する農業者戸別所得補償制度について「今までの仕組みと180度違うということが地方では理解されていない」として、佐竹敬久秋田県知事や自民党所属の秋田県議会議員を名指しで批判したうえで、農水省の減反政策に協力せずに米を生産している農家が多い秋田県南秋田郡大潟村については「秋田県などが2010年産米の生産割り当てで大潟村にペナルティーを科した場合、秋田県全体を戸別所得補償制度の対象から外す」と発言し、物議を醸した。秋田県や佐竹知事、自民党県議はペナルティーについて「事実無根である」として、発言撤回を求め反発したほか、県議会のおいても自民会派が上記発言の取り消しを求め意見書を提出し賛成多数で可決。秋田県内の農家や農協幹部からも批判の声が上がった。また野党だけでなく、民主党内にも大きな波紋を広げる形となり、山田正彦副大臣が「秋田県の除外はあり得ない」と発言したり、民主党秋田県連の松浦大悟代表が「農相発言は誤解に基づいたもので、県が制度から外れることはない」と釈明したものの、当の赤松本人は同年12月11日の記者会見で、撤回の意思が全く無いことを強調。結局佐竹知事ら秋田県側は「県の大きな不利益を避けるための苦渋の決断。地域事情を踏まえて制度設計されてきたこれまでと違い、国とのやりとりが難しくなった」、「不本意な決断だが、これが政治主導の結果だ」と折れる形となり、2010年度からのペナルティー全廃が決定した。赤松広隆 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿野道彦

    鹿野道彦から見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    農林水産行政に精通しており、海部・菅・野田の三内閣で農林水産大臣を務めた。また、党内では自民党で総合農政調査会長、民主党では農業再生本部長等を歴任している。農業政策の方針として、アジア地域での食糧輸出・技術連携を重視した「攻めの農業」を掲げ、農業者戸別所得補償制度を基本として農業の持続可能な発展を目指している。一方、アメリカが議論を主導するTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)には懐疑的な立場をとることが多い。なお、農水相通算在任期間は828日に及び、農林省から農林水産省に名称が変更した後では歴代1位の記録である(ただし連続在任1位は田名部匡省で、鹿野より12日多い)。鹿野道彦 フレッシュアイペディアより)

  • 第168回国会

    第168回国会から見た農業者戸別所得補償法案農業者戸別所得補償制度

    9日 - 衆議院本会議で会期を12月15日まで35日間延長することを議決。被災者生活再建支援法一部改正法が成立。農業者戸別所得補償法案が民主・共産・社民の賛成多数で参議院を通過。第168回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸弘幸

    瀬戸弘幸から見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    中曽根康弘を「昭和維新の志士・戦後初の右翼宰相」とたたえる著作を出し、ブログでもしばしばその発言を引用している。自民党も含めて既成政党とは「買弁的な要素を持つ」として距離を置いていた。安倍内閣については、一定の距離を保ちつつも「正しい歴史認識」「正しい歴史教育」の立て直しに期待したが、安倍晋三の訪中・訪韓などに落胆したことが、維新政党・新風からの参院選出馬につながった。2007年参院選で自民党の敗北が確実視されたころから民主党への批判を強め、2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では、民主党政権成立を亡国の危機と見なす論を展開した。民主党政権成立後は、民主党を批判し、小沢一郎を「亡国政治家」と非難するブログ記事を精力的に執筆した。ただし、農本主義者を自認し農村再生を標榜するにもかかわらず、民主党による農業者戸別所得補償制度については、瀬戸自身が農家としてこの制度を利用するかどうかも含めてコメントをしていない。2010年夏の第22回参議院議員通常選挙では、たちあがれ日本を応援した。その他、幸福の科学・幸福実現党を好意的に取り上げたことがある。瀬戸弘幸 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    基本的に自由貿易推進の立場でありFTA(自由貿易協定)推進。わが国の安全保障を確保するためには現在39%に低下している食料自給率を他の先進国並みに高める。農家、農村の活力を再生するために、穀物などの主要農産物について戸別所得補償制度を導入する。トレーサビリティ制度の拡充と加工食品の原材料も含めた原産地表示の義務づけを行い、食の安全を確保する。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示

「戸別所得補償制度」のニューストピックワード