29件中 11 - 20件表示
  • 田中康夫

    田中康夫から見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    2009年に民主党が政権を獲った後は田中が代表を務める新党日本は与党として取り扱われている。ただしその形態は鳩山内閣時には民主党と統一会派を組んでいたのに対して、菅内閣になってからは亀井静香が代表を務める国民新党と統一会派を組んでいる。小沢や鳩山と必ずしも意見が一致しておらず、民主党の2009年マニフェストの結果として成立した農業者戸別所得補償制度や子供手当て法、事業仕分けなどにも批判を加えたり、内閣の状況を「スポットライト症候群(個々の閣僚の意見が拡散していく状況)に陥っている」「お子ちゃま内閣」などと評したりもしている。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 第21回参議院議員通常選挙

    第21回参議院議員通常選挙から見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    政府が大規模農家や共同営農する者にしか価格補償しないことに対して、民主党は戸別価格補償政策を訴え、全戸に価格補償することをマニフェストに掲げた。さらに「生活が第一。」と、国民の生活重視の政策を訴えた。第166回国会で、民主党の長妻昭が指摘した年金記録問題を追い風として、年金通帳の交付や、最低保障年金を全額税方式とし、比例部分を保険料とする年金制度改革案、1人月額2万6000円の「子ども手当」の支給、農業の「戸別所得補償制度」を3つの柱とした運動を展開した。第21回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 第168回国会

    第168回国会から見た農業者戸別所得補償法案農業者戸別所得補償制度

    9日 - 衆議院本会議で会期を12月15日まで35日間延長することを議決。被災者生活再建支援法一部改正法が成立。農業者戸別所得補償法案が民主・共産・社民の賛成多数で参議院を通過。第168回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 経営所得安定対策制度

    経営所得安定対策制度から見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    経営所得安定対策制度(けいえいしょとくあんていたいさくせいど)とは、日本の農業政策制度である。旧農業者戸別所得補償制度経営所得安定対策制度 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年日本における口蹄疫の流行

    2010年日本における口蹄疫の流行から見た戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    4月30日、赤松農相は防疫対策を引き続き強化することで急激な感染範囲の拡大は起こらないと判断し、予定通りの10日間の日程でメキシコ、キューバ、コロンビアを外遊した。5月10日には戸別所得補償制度の周知と加入促進PRのために秋田へ行く予定であったが8日の時点で急遽延期し、宮崎県口蹄疫防疫対策本部への出張決定。外遊から帰国後、「外遊したことに地元から反感が出ているが、どう認識しているか」と問われ「対策へ支障があったことはないし、全く問題はない。万全の態勢でやってきた」と回答。2010年日本における口蹄疫の流行 フレッシュアイペディアより)

  • 筒井信隆

    筒井信隆から見た戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    2008年6月12日、民主党副代表の前原誠司が、代表の小沢一郎らが主導して第21回参議院議員通常選挙のマニフェストに記載された農家への戸別所得補償について否定的な見解を示したことに対し、「前原誠司副代表の妄言を糾弾し、その『退場』を勧告する」と題したメールを、ネクスト農林水産大臣経験者の山田正彦、篠原孝、筒井の連名で民主党所属議員に配信した。筒井信隆 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿野道彦

    鹿野道彦から見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    農林水産行政に精通しており、海部・菅・野田の3内閣で農林水産大臣を務めた。また、党内では自民党で総合農政調査会長、民主党では農業再生本部長等を歴任している。農業政策の方針として、アジア地域での食糧輸出・技術連携を重視した「攻めの農業」を掲げ、農業者戸別所得補償制度を基本として農業の持続可能な発展を目指していた。一方、アメリカが議論を主導する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)には懐疑的な立場をとることが多かった。なお、農水相通算在任期間は828日に及び、農林省から農林水産省に名称が変更した後では歴代1位の記録である(ただし連続在任1位は田名部匡省で、鹿野より12日多い)。鹿野道彦 フレッシュアイペディアより)

  • 大連立構想 (日本 2007)

    大連立構想 (日本 2007)から見た戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    11月20日の記者会見で、小沢は自民・民主両党の大連立構想について、「実際に政権の一端を担うことで、自民党政権では絶対できないこと(農家への戸別所得補償制度や子育て手当、高速道路無料化などの政策)が実現できれば、国民は喜ぶのではないか」と述べ、大連立を組めば国民の支持が得られるとの見解を示し、また自らが大連立に走ったことは今でも正しかったと主張した。しかし、「政策協議ぐらいは、した方がいいと思ったが、みんなが駄目だと言うので今後はない」と述べ、現状での大連立や政策協議は困難になったとの見方を示し、結果的にはその後、小沢は自民党との対決路線をとることになった。大連立構想 (日本 2007) フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    2009年(平成21年)に誕生した民主党政権は、日米同盟を主軸とした外交政策は維持するものの、「対等な日米関係」を重視する外交への転換を標榜したが、普天間基地移設問題をめぐる鳩山由紀夫首相の見解が一貫せず、新しい外交政策の軸足が定まらず混乱、菅内閣では従前の外交路線に回帰した。また新自由主義政策からの転換も図られ、脱官僚や政治主導が再び叫ばれたが、民主党政権は鳩山由紀夫内閣や菅内閣では閣内の見解の不一致をたびたび露呈し、鳩山由紀夫首相や菅直人首相の発言も二転三転する有り様で、官僚に対し改革の主導権を握ることができなかった。民主党は政権公約のマニフェストで農業者戸別所得補償制度や高速道路無料化を掲げ、鳩山内閣や菅内閣で実施することを試みたが失敗して、2011年(平成23年)に野田内閣が発足するまでにマニフェストからの政策転換を余儀なくされた。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (日本 1998-2016)

    民主党 (日本 1998-2016)から見た戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    農業政策では、戸別所得補償制度を掲げ、現在の農業協同組合への支援を中心とした政策を改めることを目指している。民主党 (日本 1998-2016) フレッシュアイペディアより)

29件中 11 - 20件表示