1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示
  • ソバ

    ソバから見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    休耕田などを利用した栽培が増えており、生産量は増加傾向にある。農林水産省の統計によると、ソバの作付面積は、1986年の19,600haから2008年では47,300haへ増加し、2008年の主産道県の収穫量は23,200トンである。2010年の作付面積は前年より2,300ha増加した。2011年、農業者戸別所得補償制度の本格実施により作付面積は急増した。過去8年間の道府県別作付面積上位10位は以下のとおりである。ソバ フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    2009年に民主党が政権を獲った後は田中が代表を務める新党日本は与党として取り扱われている。ただしその形態は鳩山内閣時には民主党と統一会派を組んでいたのに対して、菅内閣になってからは亀井静香が代表を務める国民新党と統一会派を組んでいる。小沢や鳩山と必ずしも意見が一致しておらず、民主党の2009年マニフェストの結果として成立した農業者戸別所得補償制度や子供手当て法、事業仕分けなどにも批判を加えたり、内閣の状況を「スポットライト症候群(個々の閣僚の意見が拡散していく状況)に陥っている」「お子ちゃま内閣」などと評したりもしている。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (日本 1998-)

    民主党 (日本 1998-)から見た戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    農業政策では、戸別所得補償制度を掲げ、現在の農業協同組合への支援を中心とした政策を改めることを目指している。民主党 (日本 1998-) フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    2009年(平成21年)に誕生した民主党政権は、日米同盟を主軸とした外交政策は維持するものの、「対等な日米関係」を重視する外交への転換を標榜したが、普天間基地移設問題をめぐる鳩山由紀夫首相の見解が一貫せず、新しい外交政策の軸足が定まらず混乱、菅内閣では従前の外交路線に回帰した。また新自由主義政策からの転換も図られ、脱官僚や政治主導が再び叫ばれたが、民主党政権は鳩山由紀夫内閣や菅内閣では閣内の見解の不一致をたびたび露呈し、鳩山由紀夫首相や菅直人首相の発言も二転三転する有り様で、官僚に対し改革の主導権を握ることができなかった。民主党は政権公約のマニフェストで農業者戸別所得補償制度や高速道路無料化を掲げ、鳩山内閣や菅内閣で実施する事を試みたが失敗して、2011年(平成23年)に野田内閣が発足するまでにマニフェストからの政策転換を余儀なくされた。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 戸別所得補償法案

    戸別所得補償法案から見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    戸別所得補償法案 フレッシュアイペディアより)

  • 農業者戸別所得補償法案

    農業者戸別所得補償法案から見た農業者戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度

    農業者戸別所得補償法案 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示

「戸別所得補償制度」のニューストピックワード