前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • 清水俊二

    清水俊二から見た戸田奈津子戸田奈津子

    戸田奈津子、細川直子は弟子である。戸田が担当したフランシス・フォード・コッポラ監督『地獄の黙示録』(1979年)の字幕を立花隆が批判した時や、同じく戸田によるスタンリー・キューブリック監督『フルメタル・ジャケット』(1987年)の字幕に対し「卑猥語、罵倒語が忠実に訳されていない」と監督からクレームがつき、字幕担当者が映画監督原田眞人に変更された時、清水は『日本ペンクラブ会報』、『翻訳の世界』それぞれの記事で字幕の本質・限界と、正しい字幕翻訳の姿勢を説き、戸田を擁護した。1984年、映画翻訳者協会(現: 映画翻訳家協会)を設立する。清水俊二 フレッシュアイペディアより)

  • 淀川長治

    淀川長治から見た戸田奈津子戸田奈津子

    1992年(平成4年)から雑誌「ROADSHOW」(集英社)主催で、映画文化の発展に功績のあった人・団体に贈られる賞「淀川長治賞」が創設される。第1回は字幕翻訳家の戸田奈津子が受賞。賞は淀川の死後も続いている。淀川長治 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐元恭一TOKYO ff

    宇佐元恭一TOKYO ffから見た戸田奈津子戸田奈津子

    戸田奈津子 映画の中の英語(金曜日)・・・映画字幕翻訳家の戸田奈津子が英会話に使えるセリフを映画の中から紹介。このコーナーは2007年3月までポッドキャスティングでも聞くことができた。宇佐元恭一TOKYO ff フレッシュアイペディアより)

  • ABCアシッド映画館

    ABCアシッド映画館から見た戸田奈津子戸田奈津子

    インタビュー インタビューには主に監督や製作に関わった人物が多く、出演している役者へのインタビューは少な目。代表的なものに西冬彦や鈴木敏夫、ジョージ・ルーカス(通訳・戸田奈津子)にインタビュー。不定期企画。ABCアシッド映画館 フレッシュアイペディアより)

  • 野性の少年

    野性の少年から見た戸田奈津子戸田奈津子

    戸田奈津子が最初に映画字幕の翻訳を担当した映画だった。野性の少年 フレッシュアイペディアより)

  • クロスロード (映画)

    クロスロード (映画)から見た戸田奈津子戸田奈津子

    日本公開は1987年4月。字幕は戸田奈津子が担当。キャッチ・コピーは『「伝説の曲」を求めて、青春の新しい旅が始まる』。クロスロード (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 岡枝慎二

    岡枝慎二から見た戸田奈津子戸田奈津子

    「字幕は翻訳ではない」と主張する清水俊二や戸田奈津子と異なり、「字幕はあくまでも翻訳」だと考えていた。そのため、多くの翻訳者がクレジットを「字幕」「日本語版字幕」などとするのに対し、「翻訳 岡枝慎二」と書き続けた。岡枝慎二 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田壯平

    岡田壯平から見た戸田奈津子戸田奈津子

    親から「お前は顔が悪いから俳優は無理だ」と言われていたという。また、コンピュータに強く、かつて戸田奈津子が使っていたワープロが古くなり、画面表示が薄く字が読みにくかったときに、技術を駆使して修理し戸田を助けたという。岡田壯平 フレッシュアイペディアより)

  • 映画翻訳家協会

    映画翻訳家協会から見た戸田奈津子戸田奈津子

    顔ぶれは山崎剛太郎、戸田奈津子、菊地浩司、松浦美奈、岡田壯平、石田泰子、古田由紀子、林完治、太田直子、関美冬、稲田嵯裕里、松岡葉子、寺尾次郎など。映画翻訳家協会 フレッシュアイペディアより)

  • ヤング@ハート (映画)

    ヤング@ハート (映画)から見た戸田奈津子戸田奈津子

    日本公開は2008年11月8日。日本語字幕は戸田奈津子が担当した。2010年3月、ヤング@ハートの日本公演を記念して、一部劇場で再上映されている。フランスでは、タイトルを『I Feel Good!』に変更して、2008年12月24日に公開された。ヤング@ハート (映画) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示