60件中 11 - 20件表示
  • ケビン・クロスリー=ホランド

    ケビン・クロスリー=ホランドから見た戸田奈津子戸田奈津子

    『グリーングリーンの国から ― ふしぎな子どもたちの伝説』、戸田奈津子訳、アラン・マークス絵、太平社、1995年ケビン・クロスリー=ホランド フレッシュアイペディアより)

  • 菊地浩司

    菊地浩司から見た戸田奈津子戸田奈津子

    菊地 浩司(きくち こうじ、1947年 - )は、字幕翻訳家、日本語翻訳・音響製作会社ACクリエイト代表取締役、映画翻訳家協会会員。東京都出身。学習院大学法学部卒業。現在活躍中の字幕翻訳家の中では、戸田奈津子に次ぐキャリアの持ち主。アクション、ホラーものを中心に幅広く手がける。代表作は『ロボコップ』シリーズ、『スタンド・バイ・ミー』、『セブン』、『スパイダーマン』シリーズなど。『13日の金曜日』シリーズも多く担当しているが、。戸田とは友人。弟子に石田泰子、林完治、栗原とみ子、税田春介などがいる。菊地浩司 フレッシュアイペディアより)

  • クイズ日本の顔

    クイズ日本の顔から見た戸田奈津子戸田奈津子

    10月24日:戸田奈津子(映画字幕翻訳者)クイズ日本の顔 フレッシュアイペディアより)

  • 日向あき子

    日向あき子から見た戸田奈津子戸田奈津子

    ジャーメン・グリア『去勢された女』(戸田奈津子共訳、ダイヤモンド社、1976年)日向あき子 フレッシュアイペディアより)

  • 女の子宣言! アゲぽよTV

    女の子宣言! アゲぽよTVから見た戸田奈津子戸田奈津子

    『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』のプロモーションで来日したトム・クルーズへのインタビュー権をかけて、アゲぽよガールズがさまざまなミッションに挑戦する企画で、鈴木が進行担当。1st MISSION「ミッション:インだるまさんがころんだ」(澤井・寺西・徳山が脱落)、2nd MISSION「ミッション:イン洗濯バサミ」(蒼井・中村が脱落)、3rd MISSION「ミッション:イン激辛カレー」(小塚・藤村が脱落)、Final MISSION「トムのそばに行けるのは誰だ? ロングロングそば対決」を制した浅本が選ばれた。しかし脱落したアゲぽよガールズからの訴えを受け、鈴木と末永プロデューサーが協議した結果、もう1名追加されることとなり、敗者復活ミッション「スパイなりきりコンテスト」を制したうつだが選ばれた。その後、トムのそっくりさんにインタビューするドッキリ企画を経て、ようやく六本木ヒルズで行われたファンミーティングのレッドカーペットでの取材が許された。浅本とうつだは、ジェーン・カーター役のポーラ・パットンをはじめ、叶姉妹、石田純一、魔裟斗と一緒にタイトルコールを行った。しかしトムとのハグに成功するも、タイトルコールはトムと同行していた戸田奈津子からのNGで出来なかった。最後にトムから大阪のファンへのメッセージが伝えられた。女の子宣言! アゲぽよTV フレッシュアイペディアより)

  • ワン・フロム・ザ・ハート

    ワン・フロム・ザ・ハートから見た戸田奈津子戸田奈津子

    日本公開は1982年8月、字幕は戸田奈津子が担当。ワン・フロム・ザ・ハート フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ハンサム

    ジョニー・ハンサムから見た戸田奈津子戸田奈津子

    『ジョニー・ハンサム』(Johnny Handsome)は、1989年に製作されたアメリカ合衆国の映画。ウォルター・ヒル監督作品。全米週末興行収入成績(1989年9月29日 - 1989年10月1日)は初登場第5位を記録した。日本語字幕は戸田奈津子ジョニー・ハンサム フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ショウ

    ロバート・ショウから見た戸田奈津子戸田奈津子

    『キネマ旬報』に隔週で連載されていた『“アバランチエクスプレス”撮影ルポ』はショウの急死を受け、1978年11月下旬号で追悼記事として撮影現場でのショウへのインタビューを中心に構成、掲載した。その中でショウはインタビュアーの黒井和男と戸田奈津子に対し、今後しばらくは俳優活動を休止して執筆活動に専念するつもりだと意欲的に語り、構想中の小説についても触れていたが、その死によって遂にその作品が書かれる機会は失われてしまった。ロバート・ショウ フレッシュアイペディアより)

  • ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔

    ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔から見た戸田奈津子戸田奈津子

    日本語字幕版翻訳:戸田奈津子ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 フレッシュアイペディアより)

  • カレン・ブリクセン

    カレン・ブリクセンから見た戸田奈津子戸田奈津子

    Isak Dienesenは本来はイサク・ディーネセンと読むが、映画『愛と哀しみの果て』の日本での公開の際に「アイザック・ディネーセン」という誤った表記が広まり、定着してしまった(アイザック=英語読み、ディーネセン→ディネーセン=デンマーク読みの誤表記)と書いている人もいるが、映画は1985年で、それ以前に横山貞子が『ディネーセン・コレクション』という表記で著作集を出しているので、こちらが定着したもの。戸田奈津子の映画字幕では「ダインセン」となっていた。カレン・ブリクセン フレッシュアイペディアより)

60件中 11 - 20件表示

「戸田奈津子」のニューストピックワード