60件中 21 - 30件表示
  • みんな〜やってるか!

    みんな〜やってるか!から見た戸田奈津子戸田奈津子

    「ビーチク(乳首)」や「ポンギー(六本木)」「ルービー(ビール)」、「ナオン(女・女性)」等の業界用語やその他の字幕に映画字幕翻訳者である「戸田奈津子」の名前が登場する。みんな〜やってるか! フレッシュアイペディアより)

  • 午前十時の映画祭

    午前十時の映画祭から見た戸田奈津子戸田奈津子

    特別選定委員 - 小泉今日子 (女優) 、戸田奈津子 (映画字幕翻訳者) 、弘兼憲史 (漫画家) 、三谷幸喜 (脚本家・映画監督)午前十時の映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

    ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還から見た戸田奈津子戸田奈津子

    日本語字幕版翻訳:戸田奈津子ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 フレッシュアイペディアより)

  • 知の回廊

    知の回廊から見た戸田奈津子戸田奈津子

    第4回:人生を変えた映画 / 鈴木康司(文学部)& 戸田奈津子(映画字幕翻訳者)知の回廊 フレッシュアイペディアより)

  • スターマン/愛・宇宙はるかに

    スターマン/愛・宇宙はるかにから見た戸田奈津子戸田奈津子

    2011年10月26日『ミッドナイトアートシアター』での放送では翻訳を戸田奈津子が担当。スターマン/愛・宇宙はるかに フレッシュアイペディアより)

  • ヤング@ハート (映画)

    ヤング@ハート (映画)から見た戸田奈津子戸田奈津子

    日本公開は2008年11月8日。日本語字幕は戸田奈津子が担当した。2010年3月、ヤング@ハートの日本公演を記念して、一部劇場で再上映されている。フランスでは、タイトルを『I Feel Good!』に変更して、2008年12月24日に公開された。ヤング@ハート (映画) フレッシュアイペディアより)

  • バーリン (トールキン)

    バーリン (トールキン)から見た戸田奈津子戸田奈津子

    ちなみに作中、ギムリがバーリンを「cousin(親類)」と紹介していたのを、日本語字幕では「従兄弟(いとこ)」と誤って訳されている。実際はギムリの父グローインの従兄である。字幕訳者は戸田奈津子バーリン (トールキン) フレッシュアイペディアより)

  • ラストミッション

    ラストミッションから見た戸田奈津子戸田奈津子

    日本では2014年6月21日から公開され、日本語字幕翻訳は戸田奈津子が行った。キャッチコピーは「職業、スパイ。弱点、16歳の娘。」ラストミッション フレッシュアイペディアより)

  • クリス松村の音楽処方箋

    クリス松村の音楽処方箋から見た戸田奈津子戸田奈津子

    戸田奈津子(映画翻訳家)クリス松村の音楽処方箋 フレッシュアイペディアより)

  • ネバーセイ・ネバーアゲイン

    ネバーセイ・ネバーアゲインから見た戸田奈津子戸田奈津子

    公開に合わせて来日したコネリーは記者会見の席で、本作の出来を質問され「100点満点中60点」だと発言した。会見に同席した戸田奈津子が通訳した模様も含め「2時のワイドショー」等で放送された。同じ記者会見の席で、コネリーはその点数の理由として「スタッフがボンド映画の製作に不慣れであったこと」を挙げている。オリジナルの『サンダーボール作戦』や同年公開の『オクトパシー』が高評価だったこともあり、世評も低かった。しかし、現在ではコネリーがボンドを演じた最後の作品としてファンに記憶されている。また、一度引退したボンドが現役復帰する、ボンドとサメが格闘するなど、本家シリーズにはない試みも見られる。キャスト面では、ボンドの盟友フェリックス・ライター役に、作品で初めて黒人のバーニー・ケイシーが起用されたほか、間の抜けた英国大使館員役で、後に『Mr.ビーン』などのコメディ作品で有名になるローワン・アトキンソンが出演している。アトキンソンは後年007シリーズのパロディ作『ジョニー・イングリッシュ』で主演を務めている。ネバーセイ・ネバーアゲイン フレッシュアイペディアより)

60件中 21 - 30件表示

「戸田奈津子」のニューストピックワード