51件中 41 - 50件表示
  • ロード・オブ・ザ・リング

    ロード・オブ・ザ・リングから見た戸田奈津子戸田奈津子

    日本で公開された際に戸田奈津子が字幕を担当したが、誤訳が多いとしてファンから抗議が殺到、署名活動まで行われた。それがピーター・ジャクソン監督にまで届き「『二つの塔』では戸田を交代させる」とインタビューで答えるまでに至った(実際は戸田は『二つの塔』においても字幕を担当しており、原作の共同翻訳者である田中明子・出版社である評論社のチェックを入念に行ったのみ)。ロード・オブ・ザ・リング フレッシュアイペディアより)

  • フルメタル・ジャケット

    フルメタル・ジャケットから見た戸田奈津子戸田奈津子

    他のキューブリック作品にも顕著なことだが、キューブリック自身が再翻訳をチェックするプロセスを採っているため、直訳のままでは外国人にわかりづらい言い回しの冗談がたびたび見られる(「あっちはジョン・ウェイン? こっちは僕?(「ジョン・ウェイン気取りか、ふざけんなよ」というニュアンス)」など)。当初本作の字幕翻訳は戸田奈津子が担当したが、台詞を柔らかめの表現で翻訳したため、再英訳を読んだキューブリックは汚さが出ていないとして拒否。急遽、当時ハリウッド在住だった原田眞人がキューブリックと直接連絡を取りつつ翻訳した。例えば「BORN TO KILL」を直訳の「殺すために生まれてきた」ではなく「生来必殺」としたり、海兵隊の掛け声である「ガンホー」を「闘魂」と翻訳している。原田は戦時下のベトナムが舞台でスラングが飛び交う映画『グッドモーニング・ベトナム』でも字幕翻訳を担当した他、『時計じかけのオレンジ』ビデオ用字幕の新訳も手がけることになった。フルメタル・ジャケット フレッシュアイペディアより)

  • シベリア超特急

    シベリア超特急から見た戸田奈津子戸田奈津子

    英文ダイアログ:戸田奈津子シベリア超特急 フレッシュアイペディアより)

  • 1936年

    1936年から見た戸田奈津子戸田奈津子

    7月3日 - 戸田奈津子、映画字幕翻訳者1936年 フレッシュアイペディアより)

  • 愛と追憶の日々

    愛と追憶の日々から見た戸田奈津子戸田奈津子

    日本語字幕翻訳:戸田奈津子愛と追憶の日々 フレッシュアイペディアより)

  • 女の子宣言! アゲぽよTV

    女の子宣言! アゲぽよTVから見た戸田奈津子戸田奈津子

    『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』のプロモーションで来日したトム・クルーズへのインタビュー権をかけて、アゲぽよガールズがさまざまなミッションに挑戦する企画で、鈴木が進行担当。1st MISSION「ミッション:インだるまさんがころんだ」(澤井・寺西・徳山が脱落)、2nd MISSION「ミッション:イン洗濯バサミ」(蒼井・中村が脱落)、3rd MISSION「ミッション:イン激辛カレー」(小塚・藤村が脱落)、Final MISSION「トムのそばに行けるのは誰だ? ロングロングそば対決」を制した浅本が選ばれた。しかし脱落したアゲぽよガールズからの訴えを受け、鈴木と末永プロデューサーが協議した結果、もう1名追加されることとなり、敗者復活ミッション「スパイなりきりコンテスト」を制したうつだが選ばれた。その後、トムのそっくりさんにインタビューするドッキリ企画を経て、ようやく六本木ヒルズで行われたファンミーティングのレッドカーペットでの取材が許された。浅本とうつだは、ジェーン・カーター役のポーラ・パットンをはじめ、叶姉妹、石田純一、魔裟斗と一緒にタイトルコールを行った。しかしトムとのハグに成功するも、タイトルコールはトムと同行していた戸田奈津子からのNGで出来なかった。最後にトムから大阪のファンへのメッセージが伝えられた。女の子宣言! アゲぽよTV フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤーフォックス (映画)

    ファイヤーフォックス (映画)から見た戸田奈津子戸田奈津子

    これまでにリリースされたものとしては、レンタル・販売用VHS版(翻訳:戸田奈津子)、VHS廉価版及びDVD版が約125分で、LD版及びBD版が約137分となっている。ファイヤーフォックス (映画) フレッシュアイペディアより)

  • E.T.

    E.T.から見た戸田奈津子戸田奈津子

    日本語版制作スタッフ:演出:小山悟、翻訳:戸田奈津子、調整:小野敦志、制作:東北新社E.T. フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・ジャクソン

    ピーター・ジャクソンから見た戸田奈津子戸田奈津子

    2001年から2003年に公開されたJ・R・R・トールキンの『指輪物語』を原作とする『ロード・オブ・ザ・リング』三部作はニュージーランドで撮影を行い壮大な映像表現による映像作品を完成させる。同作品は数々の記録を打ち立て歴史的な成功を収めた。特に完結編である『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』はアカデミー賞トップタイの11部門を受賞。彼も『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』でアカデミー監督賞とアカデミー脚色賞を受賞した。これにより一躍世界的なフィルム・メーカーになる。なお、日本語版については日本のファンから戸田奈津子の誤訳の批判が多く寄せられ、テレビのインタビューでは日本語訳を別人に担当させると語った。だが結局、その後も戸田奈津子が翻訳を担当している。ピーター・ジャクソン フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ギア

    リチャード・ギアから見た戸田奈津子戸田奈津子

    2009年7月9日、『HACHI 約束の犬』の宣伝活動での来日中に、『森田一義アワー 笑っていいとも!』のコーナー「テレフォンショッキング」に、字幕翻訳者で通訳の戸田奈津子とともに出演、番組史上初のハリウッドスターのテレフォンゲストとなった(ただし、メインゲストは戸田であり、ギアはあくまで「付き添い」の立場である)。その際100人アンケートで「飼い犬の名前がハチ」というお題で1人を当て、その1人の女性をステージに上げストラップをプレゼントするなどして会場を盛り上げた。リチャード・ギア フレッシュアイペディアより)

51件中 41 - 50件表示