435件中 91 - 100件表示
  • 大田黒元雄

    大田黒元雄から見た所得税所得税

    1921年(大正10年)11月から二度目の外遊に出発するまでに、少なくとも18冊の著書と2冊の訳書を上梓している。1923年(大正12年)3月に日本へ帰国。潤沢な資産を背景に、長谷川巳之吉の第一書房を資金援助し、同社の『近代劇全集』が大赤字となった際には、当時の金で7万円という大金を出資したこともある。1940年(昭和15年)版の『日本紳士録』によると、当時大田黒が収めた所得税は1万4,086円であり、これは1996年(平成8年)の貨幣価値で約3,000万円に相当する。大田黒元雄 フレッシュアイペディアより)

  • 交際費

    交際費から見た所得税所得税

    時限措置として租税特別措置法により法人税における交際費等の損金不算入を規定している(→有税処理となる)。同法の趣旨からして本来は時限立法のはずであるが、現在では恒久化が常態している。なお、個人企業には所得税の必要経費の上限規定はない。交際費 フレッシュアイペディアより)

  • ラスベガス・バレー

    ラスベガス・バレーから見た所得税所得税

    住宅費は2004年に40%を上昇したが、事業や個人の所得税が無いことは多くの会社を惹き付け、移転や現存事業の拡大を目指させることになっている。真の24時間都市であることで、コールセンターはどの時間帯でも働くことに慣れた労働者を雇用する場所として常に絶好の場所という見方をされてきている。ラスベガス・バレー フレッシュアイペディアより)

  • 三位一体の改革

    三位一体の改革から見た所得税所得税

    2006年度税制改正で所得税から個人住民税への税源移譲を実施。(2007年分所得税、2007年度分個人住民税から、個人住民税所得割を一律10%に(都道府県4%、市区町村6%)三位一体の改革 フレッシュアイペディアより)

  • 国会議員関係政治団体

    国会議員関係政治団体から見た所得税所得税

    所得税の寄附金控除が受けられる団体のうち、特定の衆議院議員又は参議院議員に係る公職の候補者を推薦し、又は支持することを本来の目的とする政治団体(いわゆる後援会)国会議員関係政治団体 フレッシュアイペディアより)

  • 税金党

    税金党から見た総合課税所得税

    新自由クラブに所属していた野末陳平が、1983年の第13回参議院議員通常選挙の直前に離党して結成。サラリーマンなど中産階級向けの税制改革を主要政策に、「クロヨン」に代表される不公平税制の解消と、グリーンカード(総合課税制度)の導入を訴えていた。税金党 フレッシュアイペディアより)

  • 国庫短期証券

    国庫短期証券から見た所得税所得税

    税率18パーセントの源泉分離課税(法人所得税15パーセント+法人住民税5パーセント)。購入時に償還差益に対して課税される。償還差益は購入額と償還額の差益である。国庫短期証券 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た所得税所得税

    その後の、1995年(平成7年)から1996年(平成8年)の期間内にいったんは経済成長率が回復した。しかし、1998年(平成10年)から1999年(平成11年)の期間内には橋本内閣による財政構造改革で、財政支出の削減、所得税、住民税の特別減税の打ち切り、健康保険料の負担増加、消費税を3%から5%に引き上げたことが最大の要因となり、それに加えて、日本で発生した金融危機とアジア通貨危機の影響でGDPがマイナス成長となり日本経済は停滞期に入った。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 制限選挙

    制限選挙から見た所得税所得税

    一方、軍部(戦前)や官庁(戦後)が台頭したのは普通選挙導入後であって、制限選挙が行われていた明治・大正時代のほうが国が安定しており、また政治家の質も今よりよかったなどの理由で、制限選挙を求める声もある。現在の制限選挙導入論者としては、舛添要一(『THE WEEK』などのTV番組で、所得税を納税していない者や学生などの選挙権剥奪を訴えている)などがいる。制限選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 板東英二のおばあちゃんと話そう

    板東英二のおばあちゃんと話そうから見た所得税所得税

    2012年12月中旬には、板東の個人事務所による所得税の申告漏れや板東の主導による所得隠しが判明。しかし、MBS・FBCとも、当番組を同月30日まで放送していた。板東英二のおばあちゃんと話そう フレッシュアイペディアより)

435件中 91 - 100件表示