435件中 31 - 40件表示
  • 個人事業主

    個人事業主から見た所得税所得税

    日本の税法上、個人事業主の場合、12月31日を決算日として収支決算をまとめ、原則、翌年3月15日までに所得税の確定申告を行う(15日が休日の場合は次の営業日)。一般に個人事業主には所得税の他、個人住民税、個人事業税及び消費税が課される。個人事業主 フレッシュアイペディアより)

  • e-Tax

    e-Taxから見た所得税所得税

    e-Taxを利用して所得税の確定申告を行った場合、2007年分から2012年分までの申告に限り、電子証明書等特別控除という税額控除(最高5,000円〜3,000円)があった。また、年末調整で過不足精算が完了した給与所得者も適用可能。ただし、いずれにせよ公的個人認証サービスを受けた住民基本台帳カードによる個人認証(電子署名)が必要で、会計事務所や税理士などに委託し、本人以外の電子署名した代理送信による申告では、税額控除を受ける事ができない(租税特別措置法第41条の19の5)。e-Tax フレッシュアイペディアより)

  • 確定拠出年金

    確定拠出年金から見た所得税所得税

    個人型の場合、掛金全額が所得控除(小規模企業共済等掛金控除)の対象とされ、所得税、住民税が軽減される。確定拠出年金 フレッシュアイペディアより)

  • フラット・タックス

    フラット・タックスから見た所得税所得税

    1981年に考案されたフラットタックスの議論の背景には、1970年代の経済停滞期のアメリカにおいて、包括的所得概念に基づく所得税の限界や問題点が指摘されていたことがあった。包括的所得税では現実の課税対象の確定に不明瞭な点も多く、未実現の利得や帰属所得の捕捉ないし評価が困難であった。たとえば地価経済における所得や、未実現の利得の一つであるキャピタル・ゲインは、実現されなければ課税されない。また、当時の米国では節税コンサルタント・ビジネスやタックス・シェルター(課税逃れ商品)が拡大しており、内国歳入庁 は、商品開発者に報告義務を課して封じ込めようとしたが、業者は次々に新しい商品を開発し当局からの封じ込めを逃れていき、その結果、税制も租税回避商品も複雑化が進んだ。このような所得税の持つ複雑さと曖昧さは、改善すべき課題として認識された。フラット・タックス フレッシュアイペディアより)

  • ニューハンプシャー州

    ニューハンプシャー州から見た所得税所得税

    アメリカ合衆国大統領の予備選挙が最初に行われる州として知られている。州都はコンコード市、人口最大の都市はマンチェスター市である。州のレベルでも地方のレベルでも消費税や所得税が課されていないという特徴がある。ニューハンプシャー州 フレッシュアイペディアより)

  • 消費税

    消費税から見た所得税所得税

    総合消費税(general expenditure tax)は、イギリスの経済学者ニコラス・カルドアが提唱した方法で、spendings tax(支出税)とも呼ばれる。個々の消費者がその年度内に発生した財貨・サービス支出を税務署に自己申告をおこない、累進課税にもとづく税額の算定にもとづいて納付する。元は所得税を補完する税法として考案され、キャピタル・ゲインなどの所得からも支出に対する課税の形で税を徴収でき、かつ預貯金とその金利は支出に相当せずに課税されないために節約と貯蓄奨励にもなるとされ、インドなどで一時導入が検討された。消費税 フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た所得税所得税

    法人税と個人所得税の両方は、ほかの多くの国と同様に累進課税方式を採っている。住民税や事業税のような地方税は存在せず、すべて国税となる。シンガポールは政策的に低い税率と大胆な税制優遇を打ち出していることで知られ、同国への外資企業への誘致に重要な役目を果たしている。2014年度の個人への税率で日本と比較すると、例えば年収1億円の場合、日本では所得税以外も含めた概算で納税額の合計は約5,500万円だが、シンガポールでは1,500万円で済むため約4,000万円節税できる計算になる。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • 子ども手当

    子ども手当から見た所得税所得税

    民主党は財源として、子ども手当が満額支給される2011年度以降に所得税の扶養控除と配偶者控除を廃止する方針としている。子ども手当 フレッシュアイペディアより)

  • 日本共産党

    日本共産党から見た所得税所得税

    下げすぎた所得税の最高税率を元に戻すとしている。日本共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口平兵衛 (初代)

    坂口平兵衛 (初代)から見た所得税所得税

    明治35年(1902年)2月の『鳥取県伯耆国一円地価所得税詳覧』によって、米子町を含む西伯郡の地価一万円以上の大地主をみると以下のとおりである。彼等は当時の経済的実力者で、その多くは、質屋を営み、銀行に投資し、商業に従事し、あるいは各種会社の役員を兼ねるなど多面的な経済活動をしていた。坂口平兵衛 (初代) フレッシュアイペディアより)

435件中 31 - 40件表示

「所得税」のニューストピックワード