435件中 51 - 60件表示
  • 商業会議所

    商業会議所から見た所得税所得税

    商業会議所(しょうぎょうかいぎしょ)は、商工業者の意思表示及び利益擁護を目的として、一定の所得税を納める商工業者を対象として市域を単位として組織された資本家団体。商業会議所 フレッシュアイペディアより)

  • 歳計現金

    歳計現金から見た所得税所得税

    歳計現金に対して、地方自治体の所有に属さず、支払資金にあてることのできない現金である歳入歳出外現金(さいにゅうさいしゅつがいげんきん)がある(地方自治法第二百三十五条の四第二項)。具体的には、入札保証金、契約保証金、職員の給与にかかる所得税及び住民税、公営住宅敷金などがあげられる。歳入歳出外現金については利子を付さないこととされ,これは,保証金等を相手方に返還するときに,地方公共団体が利息を付して返還しなくてよいという意味である。なお,歳入歳出外現金を歳計外現金ということもある。歳入歳出外現金は、企業会計(複式簿記)における「預り金」(あずかりきん)に相当するものである。歳計現金 フレッシュアイペディアより)

  • 勤労者財産形成貯蓄制度

    勤労者財産形成貯蓄制度から見た所得税所得税

    但し、以下に該当する場合は預貯金の利子や投資信託などの配当金に対して、同種の店頭販売商品と同じく所得税と住民税が課税(基本的に源泉徴収)されることになる。勤労者財産形成貯蓄制度 フレッシュアイペディアより)

  • 担税力

    担税力から見た所得税所得税

    担税力は、応能税における税負担を全体に配分する際の基本的な要素となる。担税力の具体的な基準としては、所得、財産(資産)、消費(消費支出)が挙げられる。消費を基準に用いる場合は、累進税率の採用が難しくなるため、公平の点において、所得と財産を基準に用いる場合に比べて劣ると考えられている。多くの税制においては、所得に依存する税収の割合が高いが(所得税)、所得はその性質や発生原因に応じて担税力が異なってくるため、それに応じた税制の構築が必要となってくる。担税力 フレッシュアイペディアより)

  • 高田久右衛門

    高田久右衛門から見た所得税所得税

    『明治人名辞典? 上巻』(底本・『日本現今人名辞典(明治三三年)』)たノ二十九によると、「たかた、きうゑもん 高田久右衛門 君は大阪の唐紅花商にして三島紡績株式会社監査役、大阪毛絲株式会社取締役なり(二九四圓餘)」高田久右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • バフェットルール

    バフェットルールから見た所得税所得税

    バフェットルール(英語:Buffett Rule)、またはバフェット税は、アメリカ投資家ウォーレン・バフェットが提出した税率改革であった。連続の赤字を減らすために、自身を含む年収100万アメリカドル以上の富裕層に対して、所得税率を30%に引き上げることを提出した。アメリカ大統領バラク・オバマが2011年9月19日に提案したが、2012年4月17日に上院の採決は賛成51、反対45票で審議入りに必要な60票に達せず、共和党の反対で否決した。バフェットルール フレッシュアイペディアより)

  • 高田繁太郎

    高田繁太郎から見た所得税所得税

    国税営業税納入者名と対照して検討すべき資料として『郡勢一斑』から見積り所得額(所得税から各税率によって換算した額)三千円以上の人々の名を掲げておく。大正4年(1915年)である。高田繁太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 第四政党制 (アメリカ合衆国)

    第四政党制 (アメリカ合衆国)から見た所得税所得税

    アメリカ合衆国は第一次世界大戦の終盤で世界の舞台にも現れた。ウッドロウ・ウィルソン大統領はヨーロッパでの平和を交渉で得ることに努めていたが、1917年前半にドイツがアメリカの船舶に対しても無差別潜水艦攻撃を始めると、議会に宣戦布告を要求した。ウィルソンは軍事は無視して外交と財務に注力した。国内では1917年に実質的な徴兵制を始め、自由借款で巨額の資金を上げ、富裕層には所得税を課し、軍需産業委員会を立ち上げ、労働組合の成長を奨励し、食料燃料制御法によって農業と食料生産を監督し、鉄道の統制を肩代わりし、左翼の反戦運動を抑圧した。アメリカ合衆国はヨーロッパ諸国と同様な戦争経済を実験した。1918年、ウィルソンは十四か条の平和原則を提案した。その中には公共外交、航行の自由、「貿易条件の平等」と経済障壁の撤去、植民地問題の公正解決、ロシア領全ての回復(新しいボルシェヴィキ体制がロシア内戦の間にその体制を固めようと努め、対抗する白軍は西側諸国に支援されていた)、フランスとベルギーの回復、ポーランドの独立などがあった。また特に国際平和機構創設がうたわれていた。これが国際連盟になった。第四政党制 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤英明

    佐藤英明から見た所得税所得税

    佐藤 英明(さとう ひであき、1962年9月19日 - )は、日本の法学者。慶應義塾大学教授。神戸大学名誉教授。専門は租税法。金子宏門下。研究分野は所得税など。福岡県福岡市出身。佐藤英明 フレッシュアイペディアより)

  • 西村博之

    西村博之から見た所得税所得税

    2007年1月29日、元2ちゃんねる副管理人の「切込隊長」こと山本一郎が起こした、西村に対する名誉毀損裁判に出廷した。西村は「基本的には出ない(注:「出廷しない」の意)のですが、今回は知り合いなので、面白いかなと思ったんです。原告がどんな顔をしてくるのか知りたかったんです」と言っている。ちなみに口頭弁論は2007年9月までに5回行われ、そのなかで山本が西村に対し「ハゲ」と投稿したことについて西村が言及した。2008年2月、西村の敗訴に終わる。過去ログ削除と80万円の支払い命令(請求200万円)。2007年2月、西村自身と西村が経営する会社に課された税金(所得税と法人税)の一部が滞納され続けていることを受け、東京国税局査察部が調査を開始したと夕刊フジが報じる。翌3月には読売新聞で“債務4億円、50件以上民事で提訴され43件で敗訴確定”と報じられた。また、3月20日には賠償金の債務が約5億円に上ると報道され、質問を受けた報道陣に対し「支払わなければ死刑になるのなら支払うが、支払わなくてもどうということはないので支払わない」、「踏み倒そうとしたら支払わなくても済む。そんな国の変なルールに基づいて支払うのは、ばかばかしい」と、支払いの意思がないことを明らかにした。西村博之 フレッシュアイペディアより)

435件中 51 - 60件表示

「所得税」のニューストピックワード