309件中 61 - 70件表示
  • シャウプ勧告

    シャウプ勧告から見た所得税所得税

    例えば、所得税については家単位(同居親族)単位での合算申告制であるため、給与所得者が不当に有利になっているという。勧告では、これらの不公平な点を取り除くことに重点を置いた。シャウプ勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 歳計現金

    歳計現金から見た所得税所得税

    歳計現金に対して、地方自治体の所有に属さず、支払資金にあてることのできない現金である歳入歳出外現金(さいにゅうさいしゅつがいげんきん)がある(地方自治法第二百三十五条の四第二項)。具体的には、入札保証金、契約保証金、職員の給与にかかる所得税及び住民税、公営住宅敷金などがあげられる。歳入歳出外現金については利子を付さないこととされ,これは,保証金等を相手方に返還するときに,地方公共団体が利息を付して返還しなくてよいという意味である。なお,歳入歳出外現金を歳計外現金ということもある。歳入歳出外現金は、企業会計(複式簿記)における「預り金」(あずかりきん)に相当するものである。歳計現金 フレッシュアイペディアより)

  • 特別徴収

    特別徴収から見た所得税所得税

    個人住民税の特別徴収は、納税義務者である個々の給与所得者(従業員等)が納めるべき税額を毎月の給与の支払時に給与支払者(事務所・事業所等)が徴収し、一括して区市町村に翌月10日までに納入する制度である。給与所得者については、特別徴収の方法により納税するのが原則となる。所得税の源泉徴収制度と制度は似ているが、基本的に還付されることはない。2009年から公的年金等からも特別徴収が行われる。対象者は介護保険の特別徴収と同じ。特別徴収 フレッシュアイペディアより)

  • ラスベガス・バレー

    ラスベガス・バレーから見た所得税所得税

    住宅費は2004年に40%を上昇したが、事業や個人の所得税が無いことは多くの会社を惹き付け、移転や現存事業の拡大を目指させることになっている。真の24時間都市であることで、コールセンターはどの時間帯でも働くことに慣れた労働者を雇用する場所として常に絶好の場所という見方をされてきている。ラスベガス・バレー フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤英明

    佐藤英明から見た所得税所得税

    佐藤 英明(さとう ひであき、1962年9月19日 - )は、日本の法学者。慶應義塾大学教授。神戸大学名誉教授。専門は租税法。金子宏門下。研究分野は所得税など。福岡県福岡市出身。佐藤英明 フレッシュアイペディアより)

  • 財政学

    財政学から見た所得税所得税

    日本において、消費税や所得税の議論が活発になるとしばしば引用される。財政学 フレッシュアイペディアより)

  • アバンギャルド (芸能プロダクション)

    アバンギャルド (芸能プロダクション)から見た所得税所得税

    2009年1月12日、東京国税局は2008年までの3年間で、11億円の所得を隠し所得税3億円を脱税した法人税法違反罪の疑いで同社と牧野社長を東京地検に告発。前年2月、国税局の査察が入ったが、この直後に、商号変更・事務所閉鎖と全タレントのアヴィラへの移籍を行ったものとみられる。アバンギャルド (芸能プロダクション) フレッシュアイペディアより)

  • 酒税

    酒税から見た所得税所得税

    こうした事態に酒の醸造業者は強く反発して酒屋会議などを結成して抵抗したが、政府は濁酒を含む全ての自家用酒造を禁止(どぶろくを参照のこと)して醸造業者の保護を約束する事で増税を受け入れさせた。事実、日露戦争が始まった1904年を皮切りに1905年、1908年、1918年、1920年、1925年と増税が続き、日中戦争が始まった1937年以後は毎年増税される事となった。また、酒造税は1899年に地租を抜いて国税収入の第1位を占めると、第一次世界大戦下の大戦景気の数年間を例外として1935年に所得税に抜かされるまで30年以上にわたって税収1位の地位を保持し続けたのである。なお、1902年には酒造税だけで全ての国税収入の実に42%を占めたこともあった。酒税 フレッシュアイペディアより)

  • 配当所得

    配当所得から見た所得税所得税

    配当所得(はいとうしょとく)とは、所得税における課税所得の区分の一つであって、法人から受ける利益の配当、剰余金の分配、基金利息並びに投資信託及び特定目的信託の収益の分配に係る所得をいう(所得税法24条1項より抜粋)。利子所得および不動産所得と同様、資産性所得の一つである。配当所得 フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・ザ・プラマー

    ジョー・ザ・プラマーから見た所得税所得税

    大統領候補による最終討論会を前に、2008年10月11日にオバマはオハイオ州を遊説した。ちょうど自宅の庭で息子とフットボールをしていたワーゼルバッカーは、かねてより共和党支持者であったが、オバマに課税プランについて質問をする機会を得た。質問の内容は、ワーゼルバッカーは年間収入25万ドル?28万ドルの会社を買い取ることを検討しているが、オバマの課税プランによれば現在以上の税負担になるかということ。さらに、その計画はアメリカンドリームに対して後ろ向きの考えであることを指摘した。また、ABCの取材に対し、オバマの年収25万ドル以上の国民税率を3%引き上げる(累進課税)公約を「非常に社会主義的な意見」であると批判した。一方、『ニューヨーク・タイムズ』は、ワーゼルバッカーの事業規模ならオバマの増税対象にはならないと反論した。また、マスコミはワーゼルバッカーが無免許の配管工であること、所得税の滞納をしていることなどを書き立てた。ジョー・ザ・プラマー フレッシュアイペディアより)

309件中 61 - 70件表示

「所得税」のニューストピックワード