435件中 71 - 80件表示
  • 自由同盟 (デンマーク)

    自由同盟 (デンマーク)から見た所得税所得税

    これまでは左派寄りの戦略を採るラディケーリにも、閣内で影響力を及ぼしつつある右派政党デンマーク国民党にも一定の距離を置いてきたものの、2008年には政策を若干右派寄りに変更した。税制面では所得税を40%に引き下げ均等税とするなど新自由主義的な色彩が濃い一方で、義務教育延長や移民制度改革、海外援助額を国内総生産の1%に引き上げる方針などを掲げている。自由同盟 (デンマーク) フレッシュアイペディアより)

  • 定率減税

    定率減税から見た所得税所得税

    1999年(平成11年)、アジア通貨危機や大手金融機関の破綻を背景として景気対策のために恒久的減税として導入された。所得税については税額の20%相当(25万円を限度)が、個人住民税では税額の15%相当(4万円を限度)が控除された。減税額に上限が存在したため、部分的には定額減税の側面があった。定率減税 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁2011年9月22日第一小法廷判決

    最高裁2011年9月22日第一小法廷判決から見た所得税所得税

    改正前の措置法においては、個人がその有する土地等又は建物等でその年1月1日において所有期間が5年を超えるものの譲渡(これを、税法上「長期譲渡」という)をした場合には、これによる譲渡所得については他の所得と区分し、その年中の長期譲渡所得の金額から同条4項に定める特別控除額を控除した金額に対して所得税を課する分離課税を行うこととされていた。長期譲渡が1998年1月1日から2003年12月31日までの間にされた場合の長期譲渡所得に係る所得税の税率は20%とされていた(同条2項)。他方、長期譲渡所得の金額の計算上生じた損失の金額がある場合には,当該金額を他の各種所得の金額から控除する損益通算が認められていた(同条5項2号、所得税法69条1項。以下、これを「長期譲渡所得に係る損益通算」という)。最高裁2011年9月22日第一小法廷判決 フレッシュアイペディアより)

  • マキラドーラ

    マキラドーラから見た所得税所得税

    ツイン・プラント方式をとる企業は、メキシコ側の工場、建物、機械・設備をすべてアメリカ子会社側の所有にして、メキシコの工場にはそれらを無償貸与し、表面的にはアメリカ子会社にメキシコ側での所得が生じないような操業形態を採っている。これに対しメキシコ財務省は移転価格税制の概念を適用し、マキラドーラ企業に対し1995年から一部法人所得税のみなし課税を行っている。2004年現在マキラドーラ企業(サービスマキラを除く)には、マキラドーラ工場で使われる資産の6.9%か、操業コストの6.5%のどちらか高い方を課税利益とみなして、32%の法人税を課税している。このほか、APA(Advance Price Agreement)という方法で、財務省と企業が個別に交渉して課税ベースを決定し(例えば操業コストの5%など)、税金を支払うことも可能。特に設備集約型の企業や機械の減価償却が進んでいない進出暦の浅い企業は、資産の6.9%が適用されると大きな税負担となるため、APAを使う方が良い。マキラドーラ フレッシュアイペディアより)

  • 新しい精神

    新しい精神から見た所得税所得税

    ドナルドはさっそく納税の準備を始めるが、ラジオはその方法を一から丁寧に教えた。まず、収入が3000ドル以下かを聞き、次に書き込む為の納税証明書とペン、インク、判子を用意させる。そして、証明書に名前、住所、職業、扶養家族がいるかを書き、総所得税から累進課税で割り出した必要な税額を記入させる。新しい精神 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本ドライバーズクラブ

    全日本ドライバーズクラブから見た所得税所得税

    第16回参院選では、代表の岡田をはじめ10人が比例区から立候補した。公約には、(1) 車検制度撤廃、(2) マイカーの重量税廃止、(3) 自賠責保険を運転免許証にかけること、(4) 行政改革で自動車税・自動車取得税を全廃、首都高速道路を無料とすること、(5) ネズミ捕り式交通取締りの禁止、の5項目を掲げた。他には政見放送で「消費税導入の代わりとして所得税の廃止」「都道府県を廃止し、地方自治を市区町村に一元化」などを訴えた。前年の都知事選の時と同様、霍見の応援メッセージも掲載されている。ちなみにこの選挙では、全日本ドライバーズクラブと同様に自動車分野に公約を絞ったミニ政党として、モーター新党も候補者を立てていた。全日本ドライバーズクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 非常特別税

    非常特別税から見た所得税所得税

    1904年4月1日(第1次)と1905年1月1日(第2次)の2度にわたって行われ、地租・営業税・所得税・酒造税・各種消費税を引き上げた他、新設の税として、第1次で毛織物消費税・石油消費税と煙草の専売を、第2次で相続税・通行税・織物消費税・塩の専売を開始した。非常特別税 フレッシュアイペディアより)

  • 北支事件特別税

    北支事件特別税から見た所得税所得税

    所得特別税 - 所得税納税者から徴収し、臨時租税増徴法(昭和12年3月30日法律第3号)による増徴額が加えられた納税額に対し、第一種所得税は10/100、第二種所得税(国債利子を除く)は5/100、第三種所得税は 7.5/100を徴収する。北支事件特別税 フレッシュアイペディアより)

  • 名島嘉吉郎

    名島嘉吉郎から見た所得税所得税

    明治35年(1902年)2月の『鳥取県伯耆国一円地価所得税詳覧』によって、米子町を含む西伯郡の地価一万円以上の大地主をみると以下のとおりである。彼等は当時の経済的実力者で、その多くは、質屋を営み銀行に投資し商業に従事し、あるいは各種会社の役員を兼ねるなど多面的な経済活動をしていた。名島嘉吉郎 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤快五郎

    後藤快五郎から見た所得税所得税

    国税営業税納入者名と対照して検討すべき資料として『郡勢一斑』から見積り所得額(所得税から各税率によって換算した額)三千円以上の人々の名を掲げておく。大正4年(1915年)である。後藤快五郎 フレッシュアイペディアより)

435件中 71 - 80件表示

「所得税」のニューストピックワード