前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • 所得税

    所得税から見た光文社

    安部忠 『所得税廃止論 税制改革の読み方』 光文社、1994年。ISBN 4-334-01292-2所得税 フレッシュアイペディアより)

  • 所得税

    所得税から見た相続税

    ドイツの財政学者シャンツ(Georg von Schanz)が唱えた純資産増価説にはじまり、アメリカのヘイグ(Robert M. Haig)とサイモンズ(Herry C. Simons)によって発展した概念。シャンツ=ヘイグ=サイモンズ概念ともいわれる。課担税力を増加させる経済的な利得はすべて純資産の増加であり、所得であるとする考え方。いわゆる取得型所得概念の一つである。一時的・偶発的な利得も所得となり、相続も所得としてみなす(相続税参照)。日本はこの立場を採用している。所得税 フレッシュアイペディアより)

  • 所得税

    所得税から見たノーベル賞

    文化功労者年金・学術奨励金・ノーベル賞の賞金(経済学賞は課税予定とされているが、日本人の受賞実績はない。ノーベル経済学賞は厳密にはノーベル賞ではない。ノーベルの遺志による物ではなく、スウェーデン銀行がノーベルの名称を付与した物である。ノーベルの遺族は経済学賞にノーベルの名称を付与する事に対して抗議している)所得税 フレッシュアイペディアより)

  • 所得税

    所得税から見たアーヴィング・フィッシャー

    ジョン・スチュアート・ミルやアーヴィング・フィッシャーの理論によるもので、課税所得は、所得の内、消費により効用の得られた部分とする考え方。この考え方に基づけば、所得は人の一定期間の消費の総額によって測定される。理論的には一定の有用性が認められているものの、実際にこの概念に基づく課税制度を採用している国はない。所得税 フレッシュアイペディアより)

  • 所得税

    所得税から見たジョン・スチュアート・ミル

    ジョン・スチュアート・ミルやアーヴィング・フィッシャーの理論によるもので、課税所得は、所得の内、消費により効用の得られた部分とする考え方。この考え方に基づけば、所得は人の一定期間の消費の総額によって測定される。理論的には一定の有用性が認められているものの、実際にこの概念に基づく課税制度を採用している国はない。所得税 フレッシュアイペディアより)

  • 所得税

    所得税から見たスポーツ振興くじ

    当籤金付証票(宝くじ)やスポーツ振興くじ(サッカーくじ)の当選金品所得税 フレッシュアイペディアより)

  • 所得税

    所得税から見た酒造税

    この新税導入の動機としては、清に対抗して海軍の増強・整備が急がれたこと、地租や酒造税などにかたよった租税負担のあり方が自由民権運動によって反政府側から批判されたこと、大日本帝国憲法によって設置が予定されていた帝国議会の衆議院に納税額による制限選挙が導入されたために大規模土地所有者(地租の納税義務者)以外の資本家に対しても選挙権を保障して政治参加を認めるための環境整備のためなどが挙げられている。3年後の1890年(明治23年)に行われた日本最初の国政選挙である第1回衆議院議員総選挙においては満25歳以上の男性で直接国税15円以上を納めている者に選挙権が付与された。所得税 フレッシュアイペディアより)

  • 所得税

    所得税から見た消費

    所得税(しょとくぜい)とは、担税力の源泉を、所得、消費及び資産と区分した場合に、所得に対して課される税金のこと。所得税 フレッシュアイペディアより)

  • 所得税

    所得税から見た宝くじ

    当籤金付証票(宝くじ)やスポーツ振興くじ(サッカーくじ)の当選金品所得税 フレッシュアイペディアより)

  • 所得税

    所得税から見た日本オリンピック委員会

    オリンピックのメダリストが日本オリンピック委員会から受け取る報奨金所得税 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示

「所得税」のニューストピックワード