前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
243件中 1 - 10件表示
  • 営団6000系電車

    営団6000系電車から見た扇風機扇風機

    天井部には大形の扇風機と併用する「振りかけ冷房」と呼ばれる簡易冷房装置の準備もなされていた。営団6000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 第2実験室 改訂版

    第2実験室 改訂版から見た扇風機扇風機

    ジャケットのイメージイラストは扇風機第2実験室 改訂版 フレッシュアイペディアより)

  • 京成2100形・210形・2000形電車

    京成2100形・210形・2000形電車から見た扇風機扇風機

    室内は、デコラは貼らず壁面はベージュ、天井面は白に塗装、網棚より上は天井同様に白に塗装された。座席の袖仕切は3200形同様にU字タイプのパイプ式になった。送風機は、三菱電機製の首振扇風機を設置し、背面に通気孔を設けたほか、車端部に円形の通気孔を設けた。京成2100形・210形・2000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 営団3000系電車

    営団3000系電車から見た扇風機扇風機

    車内の通風には外気循環形の有圧式軸流送風機(ファンデリア)が採用されている。ただし、8次車以降は将来の冷房化も視野に入れた扇風機に変更されている。営団3000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 営団5000系電車

    営団5000系電車から見た扇風機扇風機

    側扉は前述した小形窓のもので、扉の客室側は化粧板仕上げとしている。天井の送風機・扇風機については次車分類の項で記載する。車両間貫通路は片開き扉(窓は側面のように小さくはない)の付いた狭幅のもので妻窓を設置している。営団5000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 西武クハ1411形電車

    西武クハ1411形電車から見た扇風機扇風機

    車内送風機の扇風機西武クハ1411形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 発明の年表

    発明の年表から見た扇風機扇風機

    180年: 唐箕(扇風機): 丁緩(中国)発明の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 京急1000形電車 (初代)

    京急1000形電車 (初代)から見た扇風機扇風機

    内装色は、当時製造中だった日本国有鉄道(国鉄)101系電車などと同様に壁がオリーブグリーン、天井が白、座席が青、床色が薄緑。座席はロングシート。非冷房車は丸屋根で換気装置はファンデリア(1966年以前製造)、首振り扇風機(1968年製造)、1966年、1967年製造車の更新後はラインデリア。冷房車は平天井。各グループ更新前はアルミサッシ室内のRなど製造者による細かい相違が見られた。京急1000形電車 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄113系電車

    国鉄113系電車から見た扇風機扇風機

    冷房装置はクハ111-360とモハ112-15が東芝製AU73X形、モハ112-55とクハ111-369が日立製作所製AU74X形、クハ111-52とモハ113-15・55が三菱電機製AU75X形と集中式3種類が車体・台枠を補強のうえで搭載され、車内の意匠も冷房風道や吹き出し口の配置、扇風機の有無も数種類が存在した。冷房用電源装置は、製作期間の関係から急行用の110kVAのMGを流用しクハ111形に搭載した。国鉄113系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄115系電車

    国鉄115系電車から見た扇風機扇風機

    低屋根部の室内天井には扇風機の代わりに換気扇(ファンデリア)を設置し、低屋根肩部に外気取り入れ用の風道を設置している。他の仕様は同時期に製造された基本番台と同一だが車重が基本番台車に比較すると0.3t軽い36.4tとなったほか、本区分とMM'ユニットを組成するクモハ115形・モハ115形は基本番台の続番で製造された。国鉄115系電車 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
243件中 1 - 10件表示

「扇風機」のニューストピックワード