243件中 11 - 20件表示
  • うちわ

    うちわから見た扇風機扇風機

    明治時代には、その美しい図柄の団扇は外国人に高い評価を得て盛んに外国に輸出された。商家の配布用としての需要も急増し、裏面に名入れ、表面には商品や様々なメッセージが織り込まれ、広告媒体としての意義を備えていった。昭和40年代以降、扇風機やクーラー、ガスや電気のコンロの普及など、生活環境の著しい変化により実用面は縮小するものの、夏場を中心に涼をとる生活の道具、花火大会など日本の風情を楽しむおしゃれの小道具、炊事の道具、広告の媒体としての利用は今も盛んである。うちわ フレッシュアイペディアより)

  • 日本電機工業会

    日本電機工業会から見た扇風機扇風機

    歴史的に日本の電機メーカーは、戦後、国内の電力網、鉄道網などのインフラ整備や重工業、製造業の復興などの社会的要請を背景に、重電機器の開発・生産を主要事業に発展するとともに、その技術力を応用して電気洗濯機、電気冷蔵庫、電気炊飯器、扇風機などの家庭用の電化製品の開発・生産を手掛け、高度経済成長を背景にこれら白物家電製品が普及・拡大し、発展してきた。このような経緯から、日本電機工業会では重電機器と白物家電を取扱い製品としている。日本電機工業会 フレッシュアイペディアより)

  • 東芝

    東芝から見た扇風機扇風機

    家庭用扇風機の翅数は、主に工作をしやすいという理由で、長く3翅が主流だった。三角対称な形状は、四角角対称な形状に比べて、歪みを取りやすく、中心点を取りやすいメリットがあった。東芝 フレッシュアイペディアより)

  • 営団7000系電車

    営団7000系電車から見た扇風機扇風機

    車内天井の冷風の送風は、1・2次車は冷房化時に後付けで冷房用ダクトが取り付けられ、当初からある扇風機を併用するスポット方式としている。3次車以降は平天井構造で当初より冷房ダクト・吹き出し口と補助送風機としてラインデリアが設置された。営団7000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • ネネツ・ハーディング・ライカ

    ネネツ・ハーディング・ライカから見た扇風機扇風機

    サモエドに外見が似ているが、ネネツは目が大きな丸めのキツネ目である。立ち耳・ふさふさした巻き尾で長いコートは密度が高く、厚い。首周りのタテガミは特に厚く、刈り取ってコートに使っていたこともある。毛色はホワイトの単色の他にタン、ブラウン、グレー、ブラックの単色若しくはそれらの組み合わせのもの。サイズははっきりしないが、サモエドと同じくらいの大きさの大型犬だといわれている。性格は温厚で忠実、我慢強い。寒さにはかなり強いが、暑さにはとても弱いため、日本で飼育するなら室内に扇風機かクーラーを取り付ける必要がある。ネネツ・ハーディング・ライカ フレッシュアイペディアより)

  • サーバクーラー

    サーバクーラーから見た扇風機扇風機

    サーバ内蔵の冷却ファンだけでは放熱効果が薄く、ホコリを吸込んで故障の原因となり、大型扇風機や小型クーラーでは温度制御ができなかったり、ドレン水の処理問題もあってサーバの冷却には適していない。また、全体空調だけでは均一な冷却ができず、冷却ムラがあるなどの問題もあり、ピンポイントに冷気を送ることができ、温度制御も可能なサーバクーラーに対する需要が高まっている。サーバクーラー フレッシュアイペディアより)

  • 半田市立成岩中学校

    半田市立成岩中学校から見た扇風機扇風機

    本館・北館・西館・木工金工棟に分けられる。このうち、本館・北館・西館は、別々の時期に増設工事を行ったため、それぞれの校舎内で、構造上、かなりの違いが見て取ることができる。ちなみに、これらは木工金工棟(2階建て)を除き、すべて3階建てである。校舎での学年配置は、北館の2・3階が1年生、本館・西館の2階が2年生、同館3階が3年生となっている。なお、2010年現在、1・2年生の教室には扇風機が設置されている。また、同校の柔剣道場は木工金工棟の2階にある。半田市立成岩中学校 フレッシュアイペディアより)

  • エアサーキュレーター

    エアサーキュレーターから見た扇風機扇風機

    エアサーキュレーター(英語:Air Circulator)は、直進性の高い風を発生させ空気を循環する性能に特化した電気扇風機である。単にサーキュレーターとも呼ぶ。エアサーキュレーター フレッシュアイペディアより)

  • 燦坤実業

    燦坤実業から見た扇風機扇風機

    ホットプレートや扇風機、ミキサーといった小型家電のラインナップが豊富。アイロン、コーヒーメーカー、オーブントースター、トースター(ポップアップ式)、電気グリル、ミキサーの六品目は生産数が世界一である(2002年)。特にグリル類は世界市場の占有率が47%を占めている。燦坤実業 フレッシュアイペディアより)

  • ゲーリー・トマソン

    ゲーリー・トマソンから見た扇風機扇風機

    1981年、読売ジャイアンツに入団。引退した王貞治の穴を埋める存在として期待された。しかしこの年、打率.261、本塁打20本を記録したものの、同時に三振132(当時の球団新記録)を喫し、大幅に期待を裏切り、「舶来扇風機」「トマ損」「害人」(外人のもじり)などと呼ばれた。また、守備でも、同年の日本シリーズでは、失点にからむ失策を記録した。ゲーリー・トマソン フレッシュアイペディアより)

243件中 11 - 20件表示

「扇風機」のニューストピックワード