292件中 11 - 20件表示
  • 発明の年表

    発明の年表から見た扇風機扇風機

    180年: 唐箕(扇風機): 丁緩(中国)発明の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 京急1000形電車 (初代)

    京急1000形電車 (初代)から見た扇風機扇風機

    内装色は、当時製造中だった日本国有鉄道(国鉄)101系電車などと同様に壁がオリーブグリーン、天井が白、座席が青、床色が薄緑。座席はロングシート。非冷房車は丸屋根で換気装置はファンデリア(1966年以前製造)、首振り扇風機(1968年製造)、1961年・1962年製造車の更新後はラインデリア。冷房車は平天井。各グループ更新前はアルミサッシ室内のRなど製造者による細かい相違が見られた。京急1000形電車 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 日本電機工業会

    日本電機工業会から見た扇風機扇風機

    歴史的に日本の電機メーカーは、戦後、国内の電力網、鉄道網などのインフラ整備や重工業、製造業の復興などの社会的要請を背景に、重電機器の開発・生産を主要事業に発展するとともに、その技術力を応用して電気洗濯機、電気冷蔵庫、電気炊飯器、扇風機などの家庭用の電化製品の開発・生産を手掛け、高度経済成長を背景にこれら白物家電製品が普及・拡大し、発展してきた。このような経緯から、日本電機工業会では重電機器と白物家電を取扱い製品としている。日本電機工業会 フレッシュアイペディアより)

  • 第2実験室 改訂版

    第2実験室 改訂版から見た扇風機扇風機

    ジャケットのイメージイラストは扇風機第2実験室 改訂版 フレッシュアイペディアより)

  • 東芝

    東芝から見た扇風機扇風機

    家庭用扇風機の翅数は、主に工作をしやすいという理由で、長く3翅が主流だった。三角対称な形状は、四角角対称な形状に比べて、歪みを取りやすく、中心点を取りやすいメリットがあった。東芝 フレッシュアイペディアより)

  • 営団7000系電車

    営団7000系電車から見た扇風機扇風機

    車内天井の冷風の送風は、1・2次車は冷房化時に後付けで冷房用ダクトが取り付けられ、当初からある扇風機を併用するスポット方式としている。3次車以降は平天井構造で当初より冷房ダクト・吹き出し口と補助送風機としてラインデリアが設置された。営団7000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • カ

    から見た扇風機扇風機

    成虫はハエと同様、2枚の翅を持ち、後翅は退化して平均棍になっている。細長い体型で、頭は丸く、足は長い。大きさはさまざまだが、ほとんどは15mm以下である。飛行能力は低く、エアコン、扇風機といったわずかな風によって飛行障害を起こしてしまう。 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄113系電車

    国鉄113系電車から見た扇風機扇風機

    冷房装置はクハ111-360とモハ112-15が東芝製AU73X形、モハ112-55とクハ111-369が日立製作所製AU74X形、クハ111-52とモハ113-15・55が三菱電機製AU75X形と集中式3種類が車体・台枠を補強のうえで搭載され、車内の意匠も冷房風道や吹き出し口の配置、扇風機の有無も数種類が存在した。冷房用電源装置は、製作期間の関係から急行用の110kVAのMGを流用しクハ111形に搭載した。国鉄113系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 集札

    集札から見た扇風機扇風機

    なお運賃箱によって運賃収受を行う方式の鉄道・バス会社の場合、紙幣による運賃支払いがほとんどないため(あるとしても千円札だが、高額運賃の場合は事前に乗車券を購入している場合がほとんど)、車両基地などに専用の機械が設けられており、ここに運転士が金庫の中身を投入すると、扇風機に似たファンが風を起こして、乗車券・整理券と現金を分別する。分別された乗車券・整理券の処理方式は前述2つのうちのいずれかの方法で処分される。集札 フレッシュアイペディアより)

  • 隈取磁極型誘導電動機

    隈取磁極型誘導電動機から見た扇風機扇風機

    角型タイプのモータは「スケルトンモータ」と呼ばれており、特に安価な交流モータとして扇風機等に使用されている。隈取磁極型誘導電動機 フレッシュアイペディアより)

292件中 11 - 20件表示

「扇風機」のニューストピックワード