292件中 41 - 50件表示
  • 加茂牛

    加茂牛から見た扇風機扇風機

    牛舎は風通しの良い開放型で、西日が入り込まない地形のところに建ち、冬でも日中は扇風機を回している。牛舎の床には、おがくず・籾殻・木皮を混合したものを敷き詰めている。古くなったおがくずなどは牛糞と共におよそ8か月発酵させ、肥料にする。加茂牛 フレッシュアイペディアより)

  • 東武デハ5形電車

    東武デハ5形電車から見た扇風機扇風機

    その他、本系列のうち54系に属する車両については保安装置(東武型ATS)が新設されたほか、車内照明の蛍光灯化・車内扇風機ならびに放送装置の新設といった接客設備改善工事が実施された。保安装置新設に際しては制動装置に電磁吸排弁および中継弁を新設しARE (AMA-RE) 電磁自動空気ブレーキ化が施工され、また固定編成化に伴って編成中間に位置することとなった車両については保安装置設置対象より除外されたことから、運転台の機器を撤去し事実上中間車化される車両も発生した。なお、本系列に属する旅客用車両の前照灯は全車とも白熱灯仕様のまま存置され、前照灯のシールドビーム2灯化を施工された車両は存在しない。東武デハ5形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 西武551系電車

    西武551系電車から見た扇風機扇風機

    前述のように、501系(2代)の2M4T編成化に際してサハ1551形1563 - 1572(サハ1571は初代)が新製された。仕様はサハ1551 - 1562に概ね準じているが、同10両は当初より501系(2代)との併結を前提に新製されたことから、貫通幌の仕様や補機類を搭載しない純然たる付随車であったことが異なっていた。その他、扉窓がHゴム固定の鋼製扉に戻ったほか、側面サッシが無塗装化され、車内送風機の扇風機化に伴ってベンチレーターは通常形状のグローブ型に統一され、側面戸閉表示灯が横長形状のものとされた点が主な相違点である。西武551系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 微笑 (横光利一の小説)

    微笑 (横光利一の小説)から見た扇風機扇風機

    梶は栖方の美しかった初春のような微笑と思うと、見上げた空から落ちてくる一つの明晰判断にも似た希望を待ち望む心が、自ら定まって来るのが不思議だった。そして栖方が零の観念や排中律について語った言葉を思い出し、今でも彼がパッと笑って、廻転している扇風機を指差しては、こう人々に言いつづけているように思われた。「ほら、羽根から視線を脱した瞬間、廻っていることが分かるでしょう。僕もいま飛び出したばかりですよ、ほら」微笑 (横光利一の小説) フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機の都市伝説

    扇風機の都市伝説から見た扇風機扇風機

    扇風機の都市伝説(せんぷうきのとしでんせつ)とは、密閉された空間で扇風機をつけたまま眠ると窒息や低体温症などで死亡するという都市伝説。韓国では広く信じられており、日本でも古くから「扇風機をつけたまま寝ると死ぬ」という類似した話があるが。いずれにせよ健康体の人間や過労・泥酔などをしない人間には関係のない話である。扇風機の都市伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 東武モハ5320形電車

    東武モハ5320形電車から見た扇風機扇風機

    サービス向上目的で、1958年(昭和33年)に天井の鋼板化および室内灯の蛍光灯化が、1961年(昭和36年)には客室内天井扇風機新設がそれぞれ施工されている。また、車体塗装については優等色が下半分マルーン、上半分クリームに統一されたことから、本形式も順次塗装変更が行われた。東武モハ5320形電車 フレッシュアイペディアより)

  • くつろぎ (鉄道車両)

    くつろぎ (鉄道車両)から見た扇風機扇風機

    客室は固定された畳が18畳、跳ね上げ式の畳が10畳となっている。天井は客車よりも25cm低いことから舟底天井の形状でアルミ化粧板仕上げとした。客室には欄間があり、3分割することもできる。サービス機器は当初はマイク設備のみで、空調装置は作り付けの機器ではなく、家庭用の座敷用扇風機を使用する。物置の設置のため、乗務員室助士席直後の客用扉を閉鎖した。くつろぎ (鉄道車両) フレッシュアイペディアより)

  • ザナドゥ・ハウス

    ザナドゥ・ハウスから見た扇風機扇風機

    フロリダ州キッシミーのザナドゥ・ハウスの施工は、土間スラブのコンクリート打設と、「グレート・ルーム」となる直径12メートルのドームを支えるリングの作成で始まった。予め作られたビニール製の風船をそのリングに取り付け、巨大な扇風機の空気圧で膨らませる。十分に膨らんだところで、高速硬化性のポリウレタンフォームを吹き付ける。吹付けは内側から行うので、雨や風の日でも施工可能である。ポリウレタンフォームは2種類の化学物質を急速に混合して発泡させることで、元の液体の30倍の体積に膨張し、瞬時に硬化する。繰り返し吹き付けることで12-16 cmほどの厚さのしっかりとしたシェル構造が2、3時間のうちに完成する。フォームが固まったら、風船は取り除かれ、繰り返して使われる。二つ目のドームが完成して風船を取り除いたら、二つの部屋をワイヤーメッシュでつなぎ、それにもまた、ポリウレタンフォームを吹き付けて接続ギャラリーもしくはホールとする。この工程を、ハウスが完成するまで繰り返すのである。窓や天窓、扉などの開口部は、フォームをくり抜いて枠を設置する。仕上げとして、構造体の内側に厚さ2センチメートルほどの耐火材料を吹付け、壁および天井を滑らかで清掃しやすい表面とする。外側は、白色のエラストマー系塗料で塗装する。ザナドゥ・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • 東葉高速鉄道1000形電車

    東葉高速鉄道1000形電車から見た扇風機扇風機

    冷房用ダクトは同時期の営団5000系への改造と同様、車内側天井にFRP製のダクトを取り付けた簡易形のスポット式を搭載。扇風機は40cm径のものを新調し各車5台ずつ設置。東葉高速鉄道1000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 冷え性

    冷え性から見た扇風機扇風機

    空気調和設備使用時は扇風機やエアサーキュレーターなどを利用して天井より床の方が高温になるようにする。冷え性 フレッシュアイペディアより)

292件中 41 - 50件表示

「扇風機」のニューストピックワード