243件中 61 - 70件表示
  • ザナドゥ・ハウス

    ザナドゥ・ハウスから見た扇風機扇風機

    フロリダ州キッシミーのザナドゥ・ハウスの施工は、土間スラブのコンクリート打設と、「グレート・ルーム」となる直径12メートルのドームを支えるリングの作成で始まった。予め作られたビニール製の風船をそのリングに取り付け、巨大な扇風機の空気圧で膨らませる。十分に膨らんだところで、高速硬化性のポリウレタンフォームを吹き付ける。吹付けは内側から行うので、雨や風の日でも施工可能である。ポリウレタンフォームは2種類の化学物質を急速に混合して発泡させることで、元の液体の30倍の体積に膨張し、瞬時に硬化する。繰り返し吹き付けることで12?16センチメートルほどの厚さのしっかりとしたシェル構造が2、3時間のうちに完成する。フォームが固まったら、風船は取り除かれ、繰り返して使われる。二つ目のドームが完成して風船を取り除いたら、二つの部屋をワイヤーメッシュでつなぎ、それにもまた、ポリウレタンフォームを吹き付けて接続ギャラリーもしくはホールとする。この工程を、ハウスが完成するまで繰り返すのである。窓や天窓、扉などの開口部は、フォームをくり抜いて枠を設置する。仕上げとして、構造体の内側に厚さ2センチメートルほどの耐火材料を吹付け、壁および天井を滑らかで清掃しやすい表面とする。外側は、白色のエラストマー系塗料で塗装する。ザナドゥ・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄6431系電車

    近鉄6431系電車から見た扇風機扇風機

    格下げ直後は特急仕様のままで運行されたが、直ちに3扉化改造、座席の全ロングシート化、トイレ・洗面所の撤去、冷房装置撤去と扇風機取付、台車枕ばねの空気ばね → 金属ばね化、ベンチレーター取付工事が実施され、塗色は当時の一般車標準色であったマルーンレッド一色に変更された。その後、1969年に前照灯がシールドビーム2灯に改められている。ロングシートは、通常の通勤用車両よりも座面奥行きの深いものが設置された。格下げ当初は名古屋線の急行に充当されていたが、やがて準急・普通へと充当されるようになった。近鉄6431系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 久喜市立青葉小学校

    久喜市立青葉小学校から見た扇風機扇風機

    2003年(平成15年) - 6月20日、各教室に扇風機計102台を設置。久喜市立青葉小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 江ノ島電鉄1000形電車

    江ノ島電鉄1000形電車から見た扇風機扇風機

    1001・1002編成とはほとんど同型であるが、前照灯の取り付け位置の切り込みの角に丸みが付いているのが外観上の違いである。車内は冷房準備工事の関係上首振り式扇風機を装備し、冷房装置搭載後もそのまま残された。しかし、1200形以降は補助送風機としてラインデリアが標準装備となり、1001・1002編成や300形303・304・305編成も冷房装置設置改造時に首振り式扇風機を撤去してラインデリアを装備されたため、最後まで非冷房で残った初代500形引退後は江ノ電で唯一客室に首振り式扇風機を装備する編成になった。江ノ島電鉄1000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 四季

    四季から見た扇風機扇風機

    梅雨の季節が終わると盛夏 つまり真夏となる。気温は東北地方以南の地域では35℃以上の猛暑日が多く涼を求めて海水浴を楽しむ人も多くなる。また暑さにより熱中症で倒れる人も少なくない。それ故に日本の夏の暑さを防ぐには古来から様々な知恵が用いられてきた。古い木造家屋に見られる茅葺屋根や土壁、畳、高床式の構造などは夏の暑さを和らげる為に考え出されたものであるとされる。他にはうちわや扇子、風鈴、すだれなども夏の暑さを和らげるために用いられてきた。昨今では冷房のために扇風機をはじめ、クーラーやエアコンなどが活躍している。四季 フレッシュアイペディアより)

  • パナソニックショップ

    パナソニックショップから見た扇風機扇風機

    扇風機 - 生産体制を縮小、のちに2010年3月を以て生産終了したが2012年3月から再び発売(一部三洋電機からの移管)。パナソニックショップ フレッシュアイペディアより)

  • 電源車

    電源車から見た扇風機扇風機

    それ以前から、車内の照明や放送、扇風機に使用するため、車軸の回転を用いて発電する車軸発電機と蓄電池はあったが、「個々の車両で用いる電力を賄う」という観点から車軸発電機は発電能力が低く、また、技術的な問題から蓄電池も小型で大容量な物が積載出来なかった事情もあった。そのため、明治時代には蓄電池を積載し、個々の客車に電力供給を行った蓄電池車という車両も存在した。電源車 フレッシュアイペディアより)

  • 東武7800系電車

    東武7800系電車から見た扇風機扇風機

    前照灯のシールドビーム2灯化、保安装置取り付け(以上先頭車のみ)、客室扇風機新設、室内色及び座席モケット色の変更、蛍光灯のアクリルカバー撤去、室内スタンションポール(ドア前のセンターポール)撤去等が全車を対象に施工されている。東武7800系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東急デハ80形電車

    東急デハ80形電車から見た扇風機扇風機

    87 - 90号は連結2人のり改造を施工しなかったため、あまり使用しないまま1970年に江ノ島鎌倉観光(現・江ノ島電鉄)に譲渡し、同社の600形として使用した。残りの6両は1978年から段階的に車体更新を受け、外板の全面張替え、窓・扉の交換、中扉の拡張、標識灯の撤去等を実施した。その後も運転台への椅子設置、電源装置のSIV(静止形インバータ)化、室内への扇風機取り付けなどを行なっている。1989年に鉄道線初代3000系列の廃車発生品を流用して前照灯を前面下部に移動してシールドビーム2灯化、ジャンパ連結器の42芯化を実施した。1994年に台車を東急車輛製TS332に交換、駆動装置をカルダン駆動方式に変更した。木造ニス塗り壁、板張り床の車内は最後まで維持し、とりわけ80形は座席袖仕切りも木造のままであった。冷房装置は最後まで搭載することは無かった。東急デハ80形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 相鉄6000系電車

    相鉄6000系電車から見た扇風機扇風機

    すべての座席がロングシートを採用、生地の色は緑色(登場時は紺色)である。車内は薄い青緑の寒色系でまとめられている。天井には扇風機が備え付けられている。客用ドアは相鉄では初の両開き扉を採用し輸送力の増大に備えた。1車両につき片側4つの扉を備える。相鉄6000系電車 フレッシュアイペディアより)

243件中 61 - 70件表示

「扇風機」のニューストピックワード