292件中 61 - 70件表示
  • ダイレクトドライブ

    ダイレクトドライブから見た扇風機扇風機

    古くからの扇風機や換気扇もファンとモーターが直結されているが、ことさらに「ダイレクトドライブ」と呼ばれることはない。ダイレクトドライブ フレッシュアイペディアより)

  • 富山地方鉄道14710形電車

    富山地方鉄道14710形電車から見た扇風機扇風機

    その後、1975年(昭和50年)から1979年(昭和54年)にかけて、モハ14710形の台車を従来のD18からウィングバネ台車の日本車輌製造NA-35へ順次換装したほか、全車を対象に車内照明の蛍光灯化・車内扇風機新設・つり革の増設・木製客用扉の鋼製扉への交換などが実施された。なおこの際、クロスシート仕様車に設置されていた補助椅子はラッシュ時の運用を考慮して撤去された。富山地方鉄道14710形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸鉄道モハ3770形電車

    北陸鉄道モハ3770形電車から見た扇風機扇風機

    車内は名鉄時代のまま手を加えられず、室内灯は白熱灯仕様で、扇風機等送風・換気設備の類は装備されなかった。北陸鉄道モハ3770形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 小田急5000形電車

    小田急5000形電車から見た扇風機扇風機

    1971年度に導入された編成では、8,500kcal/hの能力を有するCU-12A型集約分散式冷房装置を1両あたり5台搭載、冷風の攪拌には各車両4台の扇風機を設置した。これが小田急の通勤車両では初めての量産冷房車となった。室内の天井は、風道が室内に張り出した船底型である。1971年度の導入車両ではベンチレーターを一部に残しているが、その後の増備車両では換気機能も冷房装置に組み込まれたため、単独のベンチレーターは設置されていない。1976年以降の増備車では、低騒音型のCU-12C型冷房装置に変更されたほか、送風装置も扇風機からラインフローファンに変更されたため、室内の天井は平天井となった。なお、新造時から冷房を搭載した車両では、乗務員室直後の戸袋窓は固定窓となった。小田急5000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 越後交通モハ1400形電車

    越後交通モハ1400形電車から見た扇風機扇風機

    車内はロングシート仕様で、車内送風機として扇風機を備え、車内照明は蛍光灯方式である。なお、小田急電鉄在籍当時に装備していた戸閉装置(ドアエンジン)および車内放送装置については全車とも撤去され、客用扉は手動扉仕様となった。越後交通モハ1400形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ミソフォニア

    ミソフォニアから見た扇風機扇風機

    ミソフォニアの治療を報告する学術論文が少なく、その中で比較試験を含める件はない。最も広く適用される治療方法は患者の周りの環境に雑音を加える療法である。増加した雑音により反応を引き起こす音を聴くのが少なくなり、したがって反応も少なくなる人が多い。雑音を加える方法は音源発生器や、扇風機の使用、補聴器に似た耳掛型音源発生器により直接に耳に音を導入することはある。音源発生器を用いる治療プロトコルは2つある。ミソフォニア フレッシュアイペディアより)

  • サーバクーラー

    サーバクーラーから見た扇風機扇風機

    サーバ内蔵の冷却ファンだけでは放熱効果が薄く、ホコリを吸込んで故障の原因となり、大型扇風機や小型クーラーでは温度制御ができなかったり、ドレン水の処理問題もあってサーバの冷却には適していない。また、全体空調だけでは均一な冷却ができず、冷却ムラがあるなどの問題もあり、ピンポイントに冷気を送ることができ、温度制御も可能なサーバクーラーに対する需要が高まっている。サーバクーラー フレッシュアイペディアより)

  • ペンギンの問題

    ペンギンの問題から見た扇風機扇風機

    ニコルソンを模した巨大ロボット。巨大な扇風機を武器にしており、頭部にはかき氷器のハンドルがついている。ペンギンの問題 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄ED78形電気機関車

    国鉄ED78形電気機関車から見た扇風機扇風機

    1人乗務に対応した運転機器配置に変更し扇風機を設置国鉄ED78形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ボボボーボ・ボーボボ (架空の人物)

    ボボボーボ・ボーボボ (架空の人物)から見た扇風機扇風機

    扇風機にアーッてする大会第2位(準優勝)。ボボボーボ・ボーボボ (架空の人物) フレッシュアイペディアより)

292件中 61 - 70件表示

「扇風機」のニューストピックワード