109件中 41 - 50件表示
  • 扇風機

    扇風機から見たゼネラル・エレクトリック

    日本ではゼネラル・エレクトリック(GE)の技術で芝浦製作所(東芝の前身)が1894年(明治27年)に発売したものが最初である。本体に電球を備え付け、スイッチを入れるとプロペラが回るとともに電球が点灯する直流モーターの扇風機であった。電球はプロペラを回す直流モータの回転を安定させるための抵抗であったとされる。1913年(大正2年)には、川北電気企業社から12インチの交流電気扇風機が発売された。大正時代には三菱電機、富士電機、日立製作所などのメーカーも参入し、本格的に国産扇風機が量産され始めた。また、昭和初期には川崎造船所(川崎重工業の前身)が、左右だけで無く上下の首振りも同時にする、2軸リンクの扇風機を発売した。当時は「電気扇」「電扇」などと呼ばれていた。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見た

    扇風機(せんぷうき)とは、回転する羽根によってを発生させる機器。通常、扇風機という場合には、小型電動機の軸に羽根をつけ、その回転によってを起こす装置をいい、電気扇風機のことをいう。なお、サーキュレーターとは目的や構造が異なる(エアサーキュレーター参照)。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見た誘導電動機

    2017年現在、従来の誘導電動機よりも効率が良く、消費電力が小さいブラシレス直流モーターを採用した扇風機が多数登場している。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見た隈取磁極型誘導電動機

    商用電源(単相100V)用のモーターとして大正時代から使用されたのが、不平衡三相により三相巻線を駆動する誘導電動機(モノサイクリック始動形単相誘導電動機)であった。1955年(昭和30年)にコンデンサモーターの扇風機が発売されると、始動トルクが大きく、回転も滑らかになり扇風機用モーターの主流になった。小型の扇風機には、くま取りコイルモーターが使用される。構造が簡単で安価であるが、効率が悪いため大型の扇風機に使用することはできない。2011年以降の節電ブームで、効率の高いDCブラシレスモーターを使用した扇風機も人気となった。DCブラシレスモーターは広い速度範囲での変速運転が可能で、低速度でも安定して回転する。ただし、直流を作るための回路やモーターの駆動回路が必要となるため、コンデンサモーターを使用した扇風機に比べると高価になる。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見た無整流子電動機

    2017年現在、従来の誘導電動機よりも効率が良く、消費電力が小さいブラシレス直流モーターを採用した扇風機が多数登場している。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見た超音波

    ワイヤレスリモコン付きのものもある。以前は超音波式リモコンや有線リモコンが使用されたことがあるが、現在は赤外線リモコンが主流。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見たエアサーキュレーター

    扇風機(せんぷうき)とは、回転する羽根によって風を発生させる機器。通常、扇風機という場合には、小型電動機の軸に羽根をつけ、その回転によって風を起こす装置をいい、電気扇風機のことをいう。なお、サーキュレーターとは目的や構造が異なる(エアサーキュレーター参照)。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見たリモコン

    ワイヤレスリモコン付きのものもある。以前は超音波式リモコンや有線リモコンが使用されたことがあるが、現在は赤外線リモコンが主流。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見たユニバーサル・シリアル・バス

    (数十年前からだが)電池駆動の携帯型もある。「マニキュア/ネイルの乾燥に最適」などと謳っている商品も存在する。USB方式で5Vの電源を用いるタイプも増えている。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見た羽根

    扇風機(せんぷうき)とは、回転する羽根によって風を発生させる機器。通常、扇風機という場合には、小型電動機の軸に羽根をつけ、その回転によって風を起こす装置をいい、電気扇風機のことをいう。なお、サーキュレーターとは目的や構造が異なる(エアサーキュレーター参照)。扇風機 フレッシュアイペディアより)

109件中 41 - 50件表示

「扇風機」のニューストピックワード