手ぬぐい・風呂敷 ニュース&Wiki etc.

風呂敷(ふろしき)は、物を包み持ち運んだり収納したりするための正方形に近い形の布。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「風呂敷」のつながり調べ

  • 芸能人格付けチェック

    芸能人格付けチェックから見た風呂敷

    茶道、風呂敷、小鼓、尺八といった、日本古来の作法を正しく出来るかを見る。茶道のチェックでは、3人1チームの団体戦となったこともある。小鼓、尺八は一発勝負となっており、一発で音を出せなければ『常識なし』となる。(芸能人格付けチェック フレッシュアイペディアより)

  • 会津田島祇園祭

    会津田島祇園祭から見た風呂敷

    当番お党屋組が祇園祭行事として、最初に行うのが「お党屋お千度」である。当番お党屋組の各戸から男子1人ずつが参加する。服装は黒の紋付羽織に白の股引を履き、白足袋・草履がけになる。午後3時30分頃に全員お党屋本の縁側に揃い、それから2列に並んで、先頭に田出宇賀神社・熊野神社のお党屋本が熨斗のついた神酒の酒瓶を両手で抱え、次の者が両社への供物を詰めた重箱を風呂敷に包んで掲げ、町中を粛然と歩きながら神社を目指す。神社に到着すると組員は入口の手水舎で湧き水を杓子に汲んで、口を漱ぎ手を濯ぐ潔斎を行う。手を拭くと社頭に参って鈴を鳴らし2拝2拍手1拝の礼をする。これを各自繰り返す。宮司が姿を現したのを合図に終了する。続いて田出宇賀神社、熊野神社の順で、供物を神に供え、撤下の後に飲食する直会を行うが、これは、神霊に触れたものを飲食することで神霊を体内に導入するという意味がある。直会では、「オーンサンヤレカケロ」の掛け声とともに8合入りの朱塗りの大盃で神酒を飲み干す。各組員が順に大盃を飲み干す様子は大変盛り上がる。その後、両社に挨拶を済ませ、迎えに来た人達と党屋本まで同じ道を帰って行く。こうして、会津田島祇園祭が始まる。(会津田島祇園祭 フレッシュアイペディアより)

「風呂敷」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「手ぬぐい・風呂敷」のニューストピックワード