67件中 51 - 60件表示
  • ほぼ日刊イトイ新聞

    ほぼ日刊イトイ新聞から見た綴じ手帳手帳

    グッズとして、多くの企画商品を開発と販売を、大手のメーカーと協力して行っており、Tシャツ、カレンダー、綴じ手帳、土鍋など多岐に渡る商品制作が行われている。特に「ほぼ日手帳」と呼ばれる綴じ手帳は、サイト黎明期からユーザーの様々な意見を取り入れ完成された人気グッズとなり、「進化する手帳」として現在でも毎年改良を重ねながら販売され続けている。また、コンテンツから誕生した書籍が、数多く発行されているほか、DCカードと提携した「ほぼ日クレジットカード」まで発行された(現在新規発行は終了)。また、日清食品とセブンイレブンと共同で、ほぼ日公式のカップラーメン「サルのおせっかい」を制作、販売した事もある。ほぼ日刊イトイ新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 陰陽師

    陰陽師から見た手帳手帳

    第二次世界大戦後、旧明治法令・通達の廃止にともない陰陽道を禁止する法令が公式に廃止されて以降、かつて陰陽師が用いていた暦注のひとつである六曜(本来は「六輝」と言う、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口のこと)が、十二直よりも好まれカレンダーや手帳などのスケジュール表示の一部として広く一般に用いられているようになっているが、これはあくまで補助的な暦注としてのみ使用されるにとどまっている。占術や暦については九星占術を基本とする神宮館(東京都上野区)による高島易断・高島暦が比較的よく使用されているが、この術式は陰陽道とは言い難い。陰陽師 フレッシュアイペディアより)

  • ウシ

    ウシから見た手帳手帳

    その皮は、その良く馴染むしなやかさから、「カーフ・スキン」としてカバン・手帳・財布・靴など多様な皮製品に好んで用いられる。ウシ フレッシュアイペディアより)

  • 三越前駅

    三越前駅から見た手帳手帳

    一私企業の名を付した『三越前』の駅名は、鉄道時刻表や旅行ガイドブック、市販手帳の地下鉄路線図、ウェブ上の経路検索サービス、経路案内ソフトの他、都営の地下鉄路線図にも一切改変されることなく掲載されており、三越はそれら全て現在に至るまで広告料を払わずに宣伝していることになる。三越前駅 フレッシュアイペディアより)

  • CLIE

    CLIEから見た手帳手帳

    同社ではCLIEを「パーソナル・デジタル・アシスタンツ」ではなく、「パーソナル・エンターテインメント・オーガナイザー」としており、ビジネス用途としてよりもむしろエンターテインメントツールとして、これまでPDAと縁の無かった層の人々によって使われることを想定している機種が多かった。CLIE フレッシュアイペディアより)

  • ホーチミン市

    ホーチミン市から見た手帳手帳

    また、日本人を得意客としているセオムの運転手の多くは、過去に乗せた日本人客に「感謝の言葉」を書かせた手帳を持ち歩き、それを新客に見せることで安心感を誘い、勧誘する。この手帳には「○○さんは絶対安心です! ボッタクリはありません」「○○さんには、お世話になりお陰で楽しい思い出になりました」などと書かれ、中には本人の名刺が添付されている場合もある。一年中持ち歩いているため、手帳は擦り切れ、セロテープで補強され、営業の苦労のあとが偲ばれる。しかし、その多くは料金ではボッタクリはなくとも、前述のように料金以外の収入を期待している場合がほとんどである。以上のような理由から観光客には向いていない。こうした事情をよく知る旅なれたものだけが渋滞知らずのセオムを使いこなすことができるが、交通事故のリスクは負わねばならない。ホーチミン市 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道ファン (雑誌)

    鉄道ファン (雑誌)から見た手帳手帳

    芦山公佐の「国鉄車両イラスト名艦」がほぼ毎月巻末に掲載され(本人の都合により、2011年2月号から5月号まで掲載は休止)、毎年1月・7月号の巻頭には直前半年分の索引が付属する。1980年代以降毎年1月・2月号にはカレンダーが付録、1986年以降は毎年9月号に1年間の新型・改造車両をまとめた「新車カタログ」、2002年以降は毎年秋ごろに大手私鉄の車両の動きをまとめた一覧表、2003年以降、毎年12月号には手帳が付録するようになった。創刊40年に当たる2001年7月号から2007年10月号まで「車両カード(車両コレクション)」を付録していた。鉄道ファン (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 紅 (小説)

    紅 (小説)から見た手帳手帳

    仕事に必要な情報は全て記憶しているという驚異的記憶力の持ち主だが、白紙の手帳を捲らないと記憶を上手く引き出せない。彼女曰く、頭の中が一番安全らしい。非常に狡猾で、話術にも長ける。紅 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 少年探偵団

    少年探偵団から見た手帳手帳

    少年探偵団の団員は七つ道具を持っているが七つ道具として何を持っているのかは作品によって異なる。『怪人二十面相』によれば少年探偵団の団員は、万年筆型懐中電灯、「のこぎり、はさみ、きりなどさまざまな刃物類がおりたたみになっている」小型の万能ナイフ、「じょうぶな絹ひもでつくった」縄梯子、万年筆型望遠鏡、時計、磁石、小型の手帳と鉛筆、小型ピストル(レミントン・デリンジャー若しくはコルト・ベスト・ポケット)の七つを携帯している。少年探偵団 フレッシュアイペディアより)

  • ノートブック

    ノートブックから見たビジネス手帳手帳

    携帯を目的としたノート。ページごとに週間予定・月刊予定・連絡先など特殊なレイアウトがされている。ペンホルダーが付いていることが多い。高機能な手帳は電卓、収納ポケット、物差し、地下鉄路線図などさまざまなものが付く。B6サイズとA6サイズの二者が主流である。システム手帳とはルーズリーフを採用した手帳である。ビジネス手帳は仕事で便利な項目を持った手帳である。ノートブック フレッシュアイペディアより)

67件中 51 - 60件表示

「手帳」のニューストピックワード