前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示
  • 打ち水

    打ち水から見たカロリー

    打ち水には、道路などの埃を抑える効果があり、また夏場には、気化熱を利用し涼気をとるためにも行われる(水1gの蒸発につき約0.58kcalの熱が奪われる)。近年の日本の夏は湿度が低いので、打水によって湿度を高くして、体感温度を下げる効果もある。また、打ち水には場を清める神道的な意味合いがあり、玄関先などへの打ち水は「来客への心遣い」の一つであった。打ち水 フレッシュアイペディアより)

  • 打ち水

    打ち水から見た

    打ち水(うちみず)とは、庭や道路など屋外にを撒く、昔からの日本の風習である。また、その撒く水のことを指す。打水とも書かれる。打ち水 フレッシュアイペディアより)

  • 打ち水

    打ち水から見た地球温暖化

    近年では東京都などの全国の市町村が都市部のヒートアイランド対策として、一斉に打ち水を行うという計画を進めている。また、政府も地球温暖化対策キャンペーンの一環として打ち水を奨励している。打ち水 フレッシュアイペディアより)

  • 打ち水

    打ち水から見たヒートアイランド

    近年では東京都などの全国の市町村が都市部のヒートアイランド対策として、一斉に打ち水を行うという計画を進めている。また、政府も地球温暖化対策キャンペーンの一環として打ち水を奨励している。打ち水 フレッシュアイペディアより)

  • 打ち水

    打ち水から見たボウフラ

    江戸時代の生類憐れみの令の下では「水中のボウフラが死ぬ」として、打ち水が禁止されていた。打ち水 フレッシュアイペディアより)

  • 打ち水

    打ち水から見た京都

    1970年代頃まで、京都の町中(まちなか、ここでは、市内の住宅と商家が密集している地区で、かつ伝統的なコミュニティーが残存しているところを指す)では、打ち水はかどはき(自家の前を掃ききよめること)とともに、毎朝の大切な仕事であった。京都では一般的に水まきと呼ばれた。一家の主人や主婦、隠居、子供、奉公人などその家の担当する者が早朝に家や店の前を清掃し、その仕上げとして水をまく。その結果、町内の道路が清められ、しっとりと水を含むという状態になった。道路が凍るおそれのある真冬は行わなかったが、夏場は涼を取る目的で夕方も水まきが行われた。打ち水 フレッシュアイペディアより)

  • 打ち水

    打ち水から見た生類憐れみの令

    江戸時代の生類憐れみの令の下では「水中のボウフラが死ぬ」として、打ち水が禁止されていた。打ち水 フレッシュアイペディアより)

  • 打ち水

    打ち水から見た

    打ち水(うちみず)とは、や道路など屋外に水を撒く、昔からの日本の風習である。また、その撒く水のことを指す。打水とも書かれる。打ち水 フレッシュアイペディアより)

  • 打ち水

    打ち水から見た気化熱

    打ち水には、道路などの埃を抑える効果があり、また夏場には、気化熱を利用し涼気をとるためにも行われる(水1gの蒸発につき約0.58kcalの熱が奪われる)。近年の日本の夏は湿度が低いので、打水によって湿度を高くして、体感温度を下げる効果もある。また、打ち水には場を清める神道的な意味合いがあり、玄関先などへの打ち水は「来客への心遣い」の一つであった。打ち水 フレッシュアイペディアより)

  • 打ち水

    打ち水から見た老舗

    1960年代中頃まではバケツに水をくみ、ひしゃくで水をまくことが普通であったが、1970年代頃になると、水道からホースをひいてまく家も増えた。しかしその後、伝統的なコミュニティーが失われていくにつれ、次第に町内の道路すべてが水をふくんでしっとりとぬれているという状態はなくなっていった。現在(2005年)ではごく少数の伝統をまもる家、老舗などが朝夕の打ち水を行っている。打ち水 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示

「打ち水」のニューストピックワード