1 2 次へ
13件中 11 - 13件表示
  • 打ち水

    打ち水から見た除湿機

    1つ目は、朝夕の日が高くない時間に庭や舗装されていない道路に撒くのが好ましいと言う考え方。気温が高くなおかつ日差しが強い日中に打ち水をしても水はすぐに蒸発してしまい、気化熱による気温上昇の抑制効果が得にくいためである。舗装された道路など水があまり染込まない場所も同様である。朝夕の比較的気温が低い時間に土に撒くことにより、その効果を持続させることができる。日本の湿度の高い気候を利用し、除湿機で溜めた水を撒くという方法もある。打ち水 フレッシュアイペディアより)

  • 打ち水

    打ち水から見た水道局

    これらキャンペーンでは環境に配慮して、出したばかりの水道水を使わず、風呂などの残り水を使用するものもある。また近年は水道局もこうした打ち水イベントに取り組みつつある。その一例が下水再生水の無償提供である。。打ち水 フレッシュアイペディアより)

  • 打ち水

    打ち水から見た東京都

    近年では東京都などの全国の市町村が都市部のヒートアイランド対策として、一斉に打ち水を行うという計画を進めている。また、政府も地球温暖化対策キャンペーンの一環として打ち水を奨励している。打ち水 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
13件中 11 - 13件表示

「打ち水」のニューストピックワード