1 2 3 次へ
25件中 21 - 25件表示
  • 打ち水

    打ち水から見た柄杓

    1960年代中頃まではバケツに水をくみ、ひしゃくで水をまくことが普通であったが、1970年代頃になると、水道からホースをひいてまく家も増えた。しかしその後、伝統的なコミュニティーが失われていくにつれ、次第に町内の道路すべてが水をふくんでしっとりとぬれているという状態はなくなっていった。現在(2005年)ではごく少数の伝統をまもる家、老舗などが朝夕の打ち水を行っている。打ち水 フレッシュアイペディアより)

  • 打ち水

    打ち水から見たホース

    1960年代中頃まではバケツに水をくみ、ひしゃくで水をまくことが普通であったが、1970年代頃になると、水道からホースをひいてまく家も増えた。しかしその後、伝統的なコミュニティーが失われていくにつれ、次第に町内の道路すべてが水をふくんでしっとりとぬれているという状態はなくなっていった。現在(2005年)ではごく少数の伝統をまもる家、老舗などが朝夕の打ち水を行っている。打ち水 フレッシュアイペディアより)

  • 打ち水

    打ち水から見た神道

    打ち水には、道路などの埃を抑える効果があり、また夏場には、気化熱を利用し涼気をとるためにも行われる(水1gの蒸発につき約0.58kcalの熱が奪われる)。近年の日本の夏は湿度が低いので、打水によって湿度を高くして、体感温度を下げる効果もある。また、打ち水には場を清める神道的な意味合いがあり、玄関先などへの打ち水は「来客への心遣い」の一つであった。打ち水 フレッシュアイペディアより)

  • 打ち水

    打ち水から見た雑用水道

    これら最近のキャンペーンでは環境に配慮して、出したばかりの水道水を使わず、風呂などの残り水を二次利用が奨励されていることが多い。また近年は水道局もこうした打ち水イベントに取り組みつつある。その一例が下水再生水の無償提供である。下水再生水はそれ自体が飲用できないため、用途が必然的に限られてくるが、その水を水道局が提供し打ち水に役立ててもらおうというもので、雑用水道により配布する水道局が年々増えつつある。打ち水 フレッシュアイペディアより)

  • 打ち水

    打ち水から見た東京都

    近年では東京都などの全国の市町村が都市部のヒートアイランド対策として、一斉に打ち水を行うという計画を進めている。また、政府も地球温暖化対策キャンペーンの一環として打ち水を奨励している。打ち水 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
25件中 21 - 25件表示

「打ち水」のニューストピックワード