把瑠都凱斗 ニュース&Wiki etc.

把瑠都 凱斗(ばると かいと、1984年11月5日 - 、本名:カイド・ホォーヴェルソン Kaido Höövelson )は、旧・エストニア・ソビエト社会主義共和国 (現・エストニア共和国) レーネ=ヴィル県 ラクヴェレ(ラエクヴェレ)郡 ロフ村 出身、尾上部屋(入門時は三保ヶ関部屋)所属の現役大相撲力士で、スウェーデ… (出典:Wikipedia)

「把瑠都凱斗」Q&A

  • Q&A

    把瑠都凱斗はいつ「鳴戸親方」を襲名したのでしょうか? 把瑠都関は引退後、故郷で実業…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2015年2月18日 09:12

  • Q&A

    1場所15日制の下で過去15戦全勝で十両優勝した力士は4人しかいません。 栃光正之(…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2014年9月29日 22:11

  • Q&A

    把瑠都の断髪式に行きたいのですが、チケットはどうやって取ればイイんですか? 「把瑠都…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2013年12月17日 08:06

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「把瑠都凱斗」のつながり調べ

  • 杉田喜章

    杉田喜章から見た把瑠都

    身長167cmと小兵のため、第2新弟子検査を経て2004年5月場所で前相撲で初土俵を踏んだ(同期生に把瑠都がいる)。(杉田喜章 フレッシュアイペディアより)

  • 白乃波寿洋

    白乃波寿洋から見た把瑠都凱斗

    首に怪我を抱えているため頭から当たることができず、膝にも古傷を抱えているが、立ち合いの速さを利して一気に前に出る相撲に鋭さがあり、序ノ口から三段目までそれぞれ1場所で通過し、幕下に昇進した2004年11月場所でも優勝を果たし(この間本割21連勝を記録。三段目では7戦全勝ながら優勝決定戦で大西(現・嘉風)に敗れ優勝を逃している)、一気に幕下上位まで番付を上げた。初土俵からの負け越しは2005年3月場所のみでそれ以外の場所では勝ち越しを続け、同年5月場所では西幕下6枚目で5勝2敗とし、東十両12枚目で5勝10敗と大きく負け越した須磨ノ富士との比較で十両昇進がなるかと思われたが、翌7月場所では須磨ノ富士が十両に残留し、自身は東幕下筆頭に留められた。その7月場所では4勝3敗と勝ち越し、翌9月場所に同じ尾上部屋の把瑠都と同時に新十両に昇進した。前相撲からの所要9場所での十両昇進は史上5位タイのスピードであったものの、把瑠都が同時に所要8場所での十両昇進を果たしたためあまり話題とはならなかった。(白乃波寿洋 フレッシュアイペディアより)

「把瑠都凱斗」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「把瑠都凱斗」のニューストピックワード