前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
127件中 1 - 10件表示
  • スポーツ 最近の出来事 2010年11月

    スポーツ 最近の出来事 2010年11月から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    (大相撲)大相撲九州場所13日目の26日は、福岡国際センターで行われ、横綱白鵬は魁皇との1敗同士対決となり、寄り切って1敗をまもり、大関陣では魁皇は2敗目となり、把瑠都は琴欧洲との大関同士の対戦となり、上手投げで勝った。1敗は、白鵬、豊ノ島の2人、2敗は魁皇、把瑠都の2人となった。時事ドットコムスポーツ 最近の出来事 2010年11月 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年3月場所

    大相撲平成24年3月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    前場所で初めて優勝した大関把瑠都の横綱昇進がかかっており、その結果が期待された。大相撲平成24年3月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年1月場所

    大相撲平成24年1月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    幕内最高優勝は、大関・把瑠都凱斗(14勝1敗・初)大相撲平成24年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の相撲

    2010年の相撲から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    3月28日 - 【大相撲】大相撲春場所は横綱白鵬翔が15戦全勝で、2場所ぶり13度目の優勝。また関脇の把瑠都が14勝1敗で、場所後の大関昇進が内定した。2010年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 琴奨菊和弘

    琴奨菊和弘から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    再び大関獲りへの挑戦となった翌9月場所では、初日から7連勝した。途中で2敗したものの、13日目にはその時点で1敗だった白鵬を2場所連続で破る活躍を見せ、千秋楽まで白鵬と共に優勝を争っていた。千秋楽では把瑠都に上手投げで敗れて12勝3敗の成績となり優勝は逃したものの、3回目の殊勲賞と4回目の技能賞を受賞した。また、この場所を終えた時点で大関昇進の目安とみなされている直近3場所合計33勝に達したため、場所後に行われた理事会で満場一致による大関昇進が決定した。日本出身の大関誕生は、2007年9月場所に新大関昇進を果たしたかつての兄弟子である琴光喜(2010年5月場所後に解雇処分)以来4年ぶりのこととなった。昇進伝達式では「大関の地位を汚さぬよう『万理一空』の境地を求めて、日々努力精進致します」と口上した。琴奨菊和弘 フレッシュアイペディアより)

  • 琴欧洲勝紀

    琴欧洲勝紀から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2012年9月場所で大関在位数が40場所を迎え、小錦(現タレント・大関在位39場所)を超える歴代単独5位の記録となった(外国出身力士としての大関在位数は琴欧洲が史上最多)。しかし5日目、苦手の豊ノ島戦で掬い投げで敗れた際右肩を痛め、翌6日目より途中休場(他大関陣は把瑠都と琴奨菊も4日目から途中休場、6大関の内3人が不在に)。次の同年11月場所は、自身5度目の角番となったが、11日目に横綱白鵬を下し勝ち越しを決め角番を脱出した。琴欧洲勝紀 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年7月場所

    大相撲平成24年7月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    優勝争いは前半7日間が終わって、全勝が横綱白鵬、大関把瑠都、日馬富士と平幕大道の4人で、それを1敗4人が追う展開だった。全勝のうち把瑠都と大道は中日から3連敗で優勝争いから脱落、1敗力士も次々脱落し、中盤戦10日間が終わると、全勝2人を1敗の魁聖が追う展開となっていた。大相撲平成24年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成21年9月場所

    大相撲平成21年9月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    琴欧洲、琴光喜はその後も1敗で白鵬とともに朝青龍を追うも、終盤の上位戦で揃って崩れ優勝争いから脱落。入れ替わるように浮上してきたのが小結の把瑠都で、両横綱には退けられるも、途中休場した千代大海を含む5大関全てを連破するなど快進撃を続けた。13日目の時点で優勝争いは全勝朝青龍、1敗白鵬、2敗把瑠都の3人に絞られたが、把瑠都は翌14日目に鶴竜の外掛けに痛恨の3敗目を喫し、優勝争いから脱落。朝青龍は全勝、白鵬は1敗をそれぞれ守り、いよいよ千秋楽の横綱決戦に優勝が懸かることとなった。大相撲平成21年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成25年1月場所

    大相撲平成25年1月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    把瑠都が大関から陥落し、大関復帰なるかどうかが注目された。また、先場所11勝4敗の好成績を挙げた豪栄道の大関獲りの足固めがなるかどうかが注目された。大相撲平成25年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 三保ヶ関部屋

    三保ヶ関部屋から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    1984年11月に9代三保ヶ関が定年退職を迎えたため、それと同時に1981年3月場所で引退して三保ヶ関部屋の部屋付き親方となっていた18代小野川(元大関・増位山)が10代三保ヶ関を襲名して部屋を継承した。10代三保ヶ関は日本大学相撲部にて学生相撲で活躍した濱ノ嶋や肥後ノ海・増健、エストニア出身の把瑠都やロシア出身の阿覧らをスカウトして関取まで育て上げた。三保ヶ関部屋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
127件中 1 - 10件表示

「把瑠都凱斗」のニューストピックワード