127件中 11 - 20件表示
  • 2006年の相撲

    2006年の相撲から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗(三保ヶ関部屋 エストニア・ラクヴェレ出身) - 6勝1敗 ※7人による優勝決定戦の末優勝2006年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年1月場所

    大相撲平成22年1月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    大関陣や、大関昇進を狙う関脇把瑠都らは序盤戦に土が着き、横綱朝青龍も5日目に豪栄道の引き落としに不覚を取り1敗。前場所全勝の横綱白鵬がこの場所も優勝争いの先頭を走り続けるかと思われたが、7日目に把瑠都の掬い投げに破れ、前年9月場所から続いていた連勝は30でストップ。白鵬が1敗に後退したことで、7日目時点で両横綱をはじめ琴欧洲、日馬富士ら9人が1敗で並ぶ混戦となったが、9日目には白鵬、朝青龍、把瑠都の3人にまで絞られた。大相撲平成22年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 高見盛精彦

    高見盛精彦から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    朝青龍には1勝10敗、白鵬には1勝5敗とそれぞれ1回ずつ勝っているが、琴欧洲、把瑠都、豪栄道にはまるで歯が立たず、琴欧洲には6戦全敗、把瑠都には5戦全敗、豪栄道には8戦全敗だった。高見盛精彦 フレッシュアイペディアより)

  • 北の富士勝昭

    北の富士勝昭から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    3月場所12日目、把瑠都凱斗が栃煌山雄一郎を吊り出しで破った相撲の後に、「栃煌山は吊られっ放しじゃなくてもっと抵抗しないと!『シャケ』じゃないんだから…」「お歳暮の鮭でも、もうちょっと恰好よく釣られてるよ」と発言した。さらに同日、高見盛精彦が安美錦竜児に勝利した際に安美錦が膝を痛めたことに、高見盛がいつも通りに意気揚々と引き上げず、安美錦を心配そうにしながら引き上げたことに「相手に気遣うこともできて、見ていて清清しいね」と絶賛した。毒舌だけではなく、素直に褒めることもあるところが解説者として人気の要因として考えられる。北の富士勝昭 フレッシュアイペディアより)

  • 増健亘志

    増健亘志から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2011年1月場所をもって引退。取組後「幕内に上がれなかったのは残念だけど、やり切った感はある」とコメントを残した。同年2月12日、両国国技館内で断髪式が行われた。大関把瑠都や部屋の後援会関係者ら60名がはさみを入れ、三保ケ関親方が止めばさみを入れた。おりからの大相撲八百長問題の影響で角界が各種行事を自粛している最中の開催のため、師匠の歌の披露などのイベントは行われなかった。3月1日から東京都内の会社に勤務した。元十両・玉光国の証言によると、その後2012年1月一杯で東京を去り、故郷の高知県へ帰郷したとのことである。同年9月16日、南海少年相撲クラブ出身者が主催した相撲大会「武田杯」が若宮八幡宮参道脇の土俵で開催された際に消息が明らかとなっており、OBとして柳川自身も取組に参加した。増健亘志 フレッシュアイペディアより)

  • 四股名

    四股名から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    近年の傾向として、かつてほど「山」や「海」が用いられなくなっている。日本人の郷土意識の希薄化と、自然破壊の進行でかつての名勝地でも荒廃が進み、避けられるようになったことが、要因として挙げられる。「川」は、山や海よりも前に若瀬川あたりからあまり使われなくなった(2009年に入りモンゴル出身の?瀬川が十両昇進するも2011年に大相撲八百長問題により引退)。現在「川」のつく四股名は、本名を除くと現役力士では北勝川・泉川・隅田川の3人のみである。川は流れるので星も流れる、足が流れるというので好まれなくなったという。「○ヶ嶽」の形の四股名も昭和戦前までは多かったが、戦後の関取では、琴ヶ嶽と階ヶ嶽の2人しかいない。駒ヶ嶽が横綱昇進を期待されながら現役で亡くなったり出羽ヶ嶽が悲劇的な土俵人生を過ごしたことから避けられるようになったという。一方、琴欧洲、把瑠都のように郷土を遠く離れた外国出身力士に郷土ゆかりの四股名が目立つが、欧州、東欧などの漠然とした地名 や「把瑠都」など強引とも取れる当て字の使用に関しては批判もある。現に横綱審議委員を務めていた頃の内館牧子は、安直な名付けであるとして名付け親である親方の責任を問う論調のコラムを寄せていた。また、南ノ島勇(南乃島勇の父)はトンガ王国出身ということで「南ノ島」と四股名を付けられたが、勝ち名乗りの際に行司が四股名を忘れてしまい「トンガ〜」と呼ばれたことがある。貴乃花が一時代を築いた頃には「ノ」や「の」よりも「乃」の使用が多くなったり、大鵬の影響で大鵬部屋以外でも「鵬」の付く四股名が増えるなど、大横綱の四股名にあやかった流れが起きた。日本のシンボルである富士山にあやかって「富士」の字を付ける力士も多く、2017年9月場所終了時点で戦後の横綱だけでも5人が「富士」の字をつけている。四股名 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2009年頃からは満足な稽古もままならない状態からぶっつけ本番での本場所の連続となり、千代大海と共に角番を繰り返す状況を見かねた横審が「累積5回の角番で降格や引退勧告」なる具体案まで出すほどの風当たりの厳しさとなってきた。 1月場所は千代大海と並んで1位タイとなる、12度目の大関角番となった。進退を賭けて場所入りし、12日目に前頭3枚目豪風を破って角番脱出、同時に引退危機も乗り越えた。その後3連敗したため場所を8勝7敗で終えた。その場所直後に虫垂炎で緊急入院、手術はせず薬で治療したが協会の公式行事は休場した。2009年11月場所で幕内在位が98場所となり、元関脇高見山の97場所を超える大相撲史上第1位の記録を達成した。同場所3日目に関脇把瑠都を破って史上3人目の通算800勝を果たし、九重親方(58代横綱・千代の富士)は「私の幕内807勝(史上1位)を超えて欲しい」とエールを送った。さらに同場所10日目、大関琴欧洲を押し倒しての勝利で幕内805勝を達成、55代横綱北の湖)の804勝を超えて幕内勝利数が単独第2位の記録となった。この年は2005年以降では最多となる年間48勝を記録した(2005年が39勝、2006年が40勝、2007年が44勝、2008年が43勝)。なお、この年は全6場所の成績がすべて8勝7敗という珍記録(ハチナナグランドスラム)を成し遂げ、「ハチナナ大関」を流行語とした。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 十両

    十両から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    3回:妙義龍泰成・豊響隆太・栃ノ心剛・把瑠都凱斗・金開山龍・大善尊太・久島海啓太・鷲羽山佳和・若瀬川剛充・嗣子鵬慶昌・大潮憲司・若ノ國豪夫十両 フレッシュアイペディアより)

  • 豪栄道豪太郎

    豪栄道豪太郎から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    晴れて新入幕となった2007年9月場所は西の14枚目の番付で、2日目に栃煌山戦で負けた以外は白星を連日積み重ね、11日目の時点で10勝1敗の好成績を挙げ新入幕力士ながらも優勝争いに加わり日を追うごとに存在感を見せつけた。11日目に新横綱・白鵬が2敗目を喫したために俄然、単独で優勝争いのトップに躍り出る。そのため12日目からは上位の役力士らとの対戦が3日連続で組まれ、12日目には安馬(のちの横綱・日馬富士)、13日目には大関・千代大海、14日目には横綱の白鵬と対戦するがいずれも勝てなかった。新入幕の力士が最高位の横綱と対戦するのは戦後4人目に数えられる記録とされ、1995年7月場所2日目の新入幕土佐ノ海と横綱・貴乃花以来12年振りの極めて珍しい事態となった。優勝争いからは外れるも、最終的には新入幕で11勝4敗の好成績を挙げ、初の敢闘賞を受賞し次代を担う若手有望株と目される場所となった。続く11月場所では番付上位へ躍進し2日目から6連勝、後半に負けが込んだものの8勝7敗と勝ち越しを決めた。東前頭3枚目の位置まで番付を上げた翌2008年1月場所では、3日目に大関・琴光喜を破り大関戦初勝利を挙げたものの、結果的には5勝10敗と、自身の入幕後において初めての負け越しを喫した。西前頭5枚目の位置で迎えた同年9月場所では10日目の時点で9勝1敗と好調ぶりを示し、横綱・大関ら上位陣には不戦勝の朝青龍を除いて1勝もできなかったものの、10勝5敗という好成績を挙げて2回目の敢闘賞を受賞し、翌11月場所において新三役となる東小結へと昇進した。その11月場所では5勝10敗と大敗したものの、平幕へ陥落した翌2009年1月場所で10勝5敗の好成績を挙げて初の技能賞を受賞し、翌3月場所で小結へ復帰した。その3月場所では白鵬と朝青龍の両横綱には敗れたものの、千代大海・琴光喜・琴欧洲の3大関と把瑠都・稀勢の里の両関脇を破り9勝6敗と勝ち越しを決め、翌5月場所に西関脇に昇進した。2010年1月場所5日目に対横綱戦の初勝利となる金星を朝青龍から挙げ座布団の雨を降らせたが、この場所後に朝青龍は自身の問題行動による引退を表明したため、結果的に豪栄道が朝青龍にとって最後の金星配給の相手となった。豪栄道豪太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大関

    大関から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2010年(平成22年)1月場所を終えた把瑠都は直前3場所を12勝-9勝-12勝の計33勝としたが、2場所前が1桁勝ち星だった事や、上述の琴光喜や雅山のように、合計34勝を挙げながら昇進出来なかった例もあって見送られる。翌3月場所は14勝(優勝次点)で異論無しの大関昇進を果たした。大関 フレッシュアイペディアより)

127件中 11 - 20件表示

「把瑠都凱斗」のニューストピックワード