96件中 11 - 20件表示
  • 大相撲平成24年7月場所

    大相撲平成24年7月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    優勝争いは前半7日間が終わって、全勝が横綱白鵬、大関把瑠都、日馬富士と平幕大道の4人で、それを1敗4人が追う展開だった。全勝のうち把瑠都と大道は中日から3連敗で優勝争いから脱落、1敗力士も次々脱落し、中盤戦10日間が終わると、全勝2人を1敗の魁聖が追う展開となっていた。大相撲平成24年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 四股名

    四股名から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    近年の傾向として、かつてほど「山」や「海」が用いられなくなっている。日本人の郷土意識の希薄化と、自然破壊の進行でかつての名勝地でも荒廃が進み、避けられるようになったことが、要因として挙げられる。「川」は、山や海よりも前に若瀬川あたりからあまり使われなくなった(2009年に入りモンゴル出身の?瀬川が十両昇進するも2011年に大相撲八百長問題により引退)。本名及び旧桐山部屋の力士(○瀬川)を除くと現役力士では3人しかいない。川は流れるので星も流れるというので好まれなくなったという。「?ヶ嶽」の形の名前も昭和戦前までは多かったが、戦後の関取では琴ヶ嶽綱一と、階ヶ嶽松太郎(十文字友和が一時名乗っていた名前)の2人しかいない。一方、琴欧洲、把瑠都のように郷土を遠く離れた外国出身力士に郷土ゆかりの四股名が目立つが、欧州、東欧などの漠然とした地名や「把瑠都」など強引とも取れる当て字の使用に関しては批判もある。また、トンガ王国出身ということで「南ノ島」と安直?な四股名を付けられた挙句、勝ち名乗りの際に行司が四股名を忘れて「トンガ?」と勝ち名乗りを受けた南ノ島勇(南乃島勇の父)のような力士もいた。貴乃花が一時代を築いた頃から「ノ」や「の」よりも「乃」の使用が多くなったり、大鵬の影響で大鵬部屋以外でも「鵬」の付く四股名が増えるなど、大横綱の四股名に影響されて四股名の流行が動くこともある。四股名 フレッシュアイペディアより)

  • 十両

    十両から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    3回:把瑠都凱斗・金開山龍・大善尊太・久島海啓太・鷲羽山佳和・若瀬川剛充・嗣子鵬慶昌・大潮憲司・若ノ國豪夫十両 フレッシュアイペディアより)

  • 稀勢の里寛

    稀勢の里寛から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    新大関として注目された2012年1月場所は、4日目豊ノ島に押し出されて初黒星を喫したが、9日目に豊真将を寄り切って勝ち越し。10日目は天敵の琴奨菊を突き落とし9勝1敗と好調だったが、11日目白鵬と12日目把瑠都に連敗し優勝争いから脱落。14日目日馬富士にも敗れたものの、千秋楽は琴欧洲を下して結果11勝4敗とまずまずの成績で終えた。稀勢の里寛 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2009年1月場所は千代大海と並んで1位タイとなる、12度目の大関角番となった。進退を賭けて場所入りし、12日目に前頭3枚目豪風を破って角番脱出、同時に引退危機も乗り越えた。その後3連敗したため場所を8勝7敗で終えた。その場所直後に虫垂炎で緊急入院、手術はせず薬で治療したが協会の公式行事は休場した。2009年11月場所で幕内在位が98場所となり、元関脇高見山の97場所を超える大相撲史上第1位の記録を達成した。同場所3日目に関脇把瑠都を破って史上3人目の通算800勝を果たし、九重親方(58代横綱・千代の富士)は「私の幕内807勝(史上1位)を超えて欲しい」とエールを送った。さらに同場所10日目、大関琴欧洲を押し倒しての勝利で幕内805勝を達成、55代横綱北の湖)の804勝を超えて幕内勝利数が単独第2位の記録となった。この年は2005年以降では最多となる年間48勝を記録した(2005年が39勝、2006年が40勝、2007年が44勝、2008年が43勝)。なお、この年は全6場所の成績がすべて8勝7敗という珍記録も発生した。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 高見盛精彦

    高見盛精彦から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    琴欧洲、把瑠都、豪栄道にもまるで歯が立たず、いずれも全戦全敗だった。高見盛精彦 フレッシュアイペディアより)

  • 琴奨菊和弘

    琴奨菊和弘から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    再び大関獲りへの挑戦となった翌9月場所では、初日から7連勝した。途中で2敗したものの、13日目にはその時点で1敗だった白鵬を2場所連続で破る活躍を見せ、千秋楽まで白鵬と共に優勝を争っていた。千秋楽では把瑠都に上手投げで敗れて12勝3敗の成績となり優勝は逃したものの、3回目の殊勲賞と4回目の技能賞を受賞した。また、この場所を終えた時点で大関昇進の目安とみなされている直近3場所合計33勝に達したため、場所後に行われた理事会で満場一致による大関昇進が決定した。日本出身の大関誕生は、2007年9月場所に新大関昇進を果たしたかつての兄弟子である琴光喜(2010年5月場所後に解雇処分)以来4年ぶりのこととなった。昇進伝達式では「大関の地位を汚さぬよう『万理一空』の境地を求めて、日々努力精進致します」と口上した。琴奨菊和弘 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都

    把瑠都から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    把瑠都 フレッシュアイペディアより)

  • カイド・ホーヴェルソン

    カイド・ホーヴェルソンから見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    カイド・ホーヴェルソン フレッシュアイペディアより)

  • 鶴田卓彦

    鶴田卓彦から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2010年6月12日、大関・把瑠都の昇進祝賀会において、力士の野球賭博スキャンダルが直近で起きたにもかかわらず「把瑠都と琴欧洲のどちらが先に横綱になるかは賭けの対象」と発言した。その後すかさず「賭けごとは禁じ手。野球賭博はいけません」と自分でバツの悪そうなフォローをした。鶴田卓彦 フレッシュアイペディアより)

96件中 11 - 20件表示

「把瑠都凱斗」のニューストピックワード