96件中 21 - 30件表示
  • 白乃波寿洋

    白乃波寿洋から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    首に怪我を抱えているため頭から当たることができず、膝にも古傷を抱えているが、立ち合いの速さを利して一気に前に出る相撲に鋭さがあり、序ノ口から三段目までそれぞれ1場所で通過し、幕下に昇進した2004年11月場所でも優勝を果たし(この間本割21連勝を記録。三段目では7戦全勝ながら優勝決定戦で大西(現・嘉風)に敗れ優勝を逃している)、一気に幕下上位まで番付を上げた。初土俵からの負け越しは2005年3月場所のみでそれ以外の場所では勝ち越しを続け、同年5月場所では西幕下6枚目で5勝2敗とし、東十両12枚目で5勝10敗と大きく負け越した須磨ノ富士との比較で十両昇進がなるかと思われたが、翌7月場所では須磨ノ富士が十両に残留し、自身は東幕下筆頭に留められた。その7月場所では4勝3敗と勝ち越し、翌9月場所に同じ尾上部屋の把瑠都と同時に新十両に昇進した。前相撲からの所要9場所での十両昇進は史上5位タイのスピードであったものの、把瑠都が同時に所要8場所での十両昇進を果たしたためあまり話題とはならなかった。白乃波寿洋 フレッシュアイペディアより)

  • 春日王克昌

    春日王克昌から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2006年(平成18年)8月4日放送の『元祖!でぶや』(テレビ東京系)のにおいて、「富士山麓穴場スポットツアー」に旭天鵬・把瑠都とともにゲスト出演し、共演ゲストふかわりょうと絶妙なカラミを見せ「まいう?」を連発して、その気さくな人柄を見せつけた。春日王克昌 フレッシュアイペディアより)

  • 波離間投げ

    波離間投げから見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    豪快な決まり手のため記録されると話題になることが多く、1977年9月場所初日、鷲羽山に土俵際いっぱいに押し込まれた若三杉が、上体を土俵の外に反らし、さらに足を取られた状態という信じられない体勢から左手1本で決めた波離間投げは、今なお語り草となっている。近年では、198?の長身と怪力を持つ把瑠都がこの波離間投げを得意としており、2006年5月場所12日目(対岩木山)、2010年11月場所2日目(対阿覧)、2012年7月場所6日目(対若荒雄)の3度記録している。波離間投げ フレッシュアイペディアより)

  • 境澤賢一

    境澤賢一から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    しかし、翌5月場所では東幕下筆頭で勝ち越し、小錦、把瑠都に並ぶ史上3位タイの所要8場所での十両昇進を果たした。翌7月場所はケガで途中休場するもガッツで再出場し、負け越しを1点でとどめた。そのケガの影響が残り9月場所も7勝8敗と負け越したが、11月場所は13勝2敗で日大の後輩である市原との優勝決定戦を制し十両優勝を果たした。境澤賢一 フレッシュアイペディアより)

  • 光龍忠晴

    光龍忠晴から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    モンゴルで開催された花籠部屋の選考会に合格し、2000年の11月場所に初土俵を踏む。2006年11月場所に東幕下3枚目で4勝3敗の成績をあげ、翌2007年1月場所に十両に昇進した。これにより、花籠親方(元関脇・太寿山)が花籠部屋を再興してから初の関取誕生となった。その後2007年1、3月場所と勝ち越すが、5月場所は全勝であった把瑠都に唯一土をつけるなど健闘したが、終盤失速し十両で初めて負け越した。翌7月場所は十両12枚目で迎えたものの、序盤4連敗するなど先場所からの連敗が続き、幕下陥落も考えられるような成績であったが、中盤から終盤にかけて挽回し結局9勝6敗と好成績を残し、翌9月場所では自己最高位に昇進したが、7勝8敗と負け越した。光龍忠晴 フレッシュアイペディアより)

  • 三保ヶ関部屋

    三保ヶ関部屋から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    1984年11月に9代三保ヶ関が定年退職を迎えたため、それと同時に1981年(昭和56年)3月場所で引退して三保ヶ関部屋の部屋付き親方となっていた18代小野川(元大関・増位山)が三保ヶ関に名跡変更して10代三保ヶ関を襲名して部屋を継承した。10代三保ヶ関は日本大学相撲部にて学生相撲で活躍した濱ノ嶋や肥後ノ海、増健、エストニア出身の把瑠都らをスカウトして関取まで育て上げた。現在はロシア出身の阿覧が部屋唯一の関取となっている。三保ヶ関部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年9月場所

    大相撲平成22年9月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    大関陣では、琴欧洲が中日8日目まで全勝で白鵬に併走、把瑠都も1敗で追いすがったが、それぞれ後半戦に連敗を喫して脱落。日馬富士は中日までに3敗、魁皇は4敗だった。大相撲平成22年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年11月場所

    大相撲平成22年11月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    白鵬の1敗後は大関の把瑠都らが全勝を守っていたが、把瑠都は5日目に豊真将に敗れて土が着き、ただ一人残った全勝力士である翔天狼も翌6日目に敗れたため、1敗の8人が優勝戦線に並び立った。6日目時点で全勝力士が消えるのは平成12年5月場所以来のこと。大相撲平成22年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年7月場所

    大相撲平成22年7月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    白鵬は千秋楽に把瑠都を下して15日制では初となる3場所連続の全勝優勝を成し遂げた。優勝次点は11勝4敗の鶴竜、豊真将と、序盤に4敗するも6日目から全勝した阿覧の3人で、豊真将と阿覧は敢闘賞、鶴竜は技能賞をそれぞれ受賞した。次点力士に4勝差をつけての優勝は15日制定着以降12例目。大相撲平成22年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年5月場所

    大相撲平成22年5月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    番付発表は4月26日。前場所14勝を上げた把瑠都が前場所後の3月31日に大関に昇進し、平成21年11月場所の千代大海の陥落以来の5大関となった。大相撲平成22年5月場所 フレッシュアイペディアより)

96件中 21 - 30件表示

「把瑠都凱斗」のニューストピックワード