127件中 31 - 40件表示
  • 大相撲平成22年9月場所

    大相撲平成22年9月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    大関陣では、琴欧洲が中日8日目まで全勝で白鵬に併走、把瑠都も1敗で追いすがったが、それぞれ後半戦に連敗を喫して脱落。日馬富士は中盤に崩れて脱落した。大相撲平成22年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年11月場所

    大相撲平成22年11月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    白鵬が黒星を喫した後は大関の把瑠都らが全勝を守っていたが、把瑠都は5日目に豊真将に敗れて土が着き、ただ一人残った全勝力士である翔天狼も翌6日目に敗れたため、1敗の8人が優勝戦線に並び立った。6日目時点で全勝力士が消えるのは平成12年5月場所以来のことであった。大相撲平成22年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年7月場所

    大相撲平成22年7月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    白鵬は千秋楽に把瑠都を下して15日制では初となる3場所連続の全勝優勝を成し遂げた。優勝次点は11勝4敗の鶴竜、豊真将と、序盤に4敗するも6日目から全勝した阿覧の3人で、豊真将と阿覧は敢闘賞、鶴竜は技能賞をそれぞれ受賞した。次点力士に4勝差をつけての優勝は15日制定着以降12例目。大相撲平成22年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年5月場所

    大相撲平成22年5月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    番付発表は4月26日。前場所14勝敗の好成績を上げた把瑠都が場所後の3月31日に大関に昇進し、平成21年11月場所の千代大海の陥落以来の5大関となった。大相撲平成22年5月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年3月場所

    大相撲平成22年3月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    また、大関昇進を狙う関脇・把瑠都は前場所を12勝3敗で終え、三役の地位で3場所合計33勝を挙げていたにもかかわらず昇進が見送られていた。その後審判部は「3月場所で13勝すれば昇進」という更に厳しい条件を提示。改めてこの場所に大関昇進を懸けることとなった。大相撲平成22年3月場所 フレッシュアイペディアより)

  • ホーヴェルソン・カイド

    ホーヴェルソン・カイドから見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    ホーヴェルソン・カイド フレッシュアイペディアより)

  • 春日王克昌

    春日王克昌から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2006年(平成18年)8月4日放送の『元祖!でぶや』(テレビ東京系)のにおいて、「富士山麓穴場スポットツアー」に旭天鵬・把瑠都とともにゲスト出演し、共演ゲストふかわりょうと絶妙なカラミを見せ「まいう?」を連発して、その気さくな人柄を見せつけた。春日王克昌 フレッシュアイペディアより)

  • つばさ・きよし

    つばさ・きよしから見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2007年頃から大相撲の尾上部屋のタニマチをしており、把瑠都凱斗と交流がある。つばさ・きよし フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    朝青龍の全盛期であり、7場所連続優勝、年間全場所優勝、年間最多勝84勝などの記録を更新した。1990年代に主流だったハワイ出身の大型力士が引退して皆無となったが、代わりに東アジア諸国出身力士の日馬富士と、把瑠都・琴欧洲などのヨーロッパ諸国の出身力士が次々と入幕を果たして幕内力士の3割が外国人力士になる。白青(白鵬・朝青龍)時代のモンゴル力士時代で、横綱(白鵬)は2009年(平成21年)に年間最多勝記録を更新して86勝をした。大相撲が国際化した時代である。また日本人力士の高学歴化として学生相撲出身者が増加して中卒のたたき上げの力士が減少する。時津風部屋力士暴行死事件・大相撲力士大麻問題・朝青龍の不祥事による横綱の品格問題など日本相撲協会の不祥事が頻発した。北の湖理事長の方針で2003年(平成15年)11月場所を最後に、公傷制度が廃止された。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 大逆手

    大逆手から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    決まり手制定以降、幕内では2度この決まり手が記録されており、2005年11月場所中日で安美錦が高見盛に、2010年1月場所14日目で把瑠都が垣添にそれぞれ決めている。また、十両でも1度使用されており、2005年3月場所9日目で千代白鵬が朝乃若に決めている。大逆手 フレッシュアイペディアより)

127件中 31 - 40件表示