127件中 41 - 50件表示
  • 光龍忠晴

    光龍忠晴から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    モンゴルで開催された花籠部屋の選考会に合格し、2000年の11月場所に初土俵を踏む。2006年11月場所に東幕下3枚目で4勝3敗の成績をあげ、翌2007年1月場所に十両に昇進した。これにより、花籠親方(元関脇・太寿山)が花籠部屋を再興してから初の関取誕生となった。その後2007年1、3月場所と勝ち越すが、5月場所は全勝であった把瑠都に唯一土をつけるなど健闘したが、終盤失速し十両で初めて負け越した。翌7月場所は十両12枚目で迎えたものの、序盤4連敗するなど先場所からの連敗が続き、幕下陥落も考えられるような成績であったが、中盤から終盤にかけて挽回し結局9勝6敗と好成績を残し、翌9月場所では自己最高位に昇進したが、7勝8敗と負け越した。光龍忠晴 フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアントキリング (テレビ番組)

    ジャイアントキリング (テレビ番組)から見た把瑠都把瑠都凱斗

    ジャイアント:把瑠都、琴奨菊、臥牙丸、若の里、雅山、富士東、碧山ジャイアントキリング (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 白露山佑太

    白露山佑太から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2006年3月25日より、人気力士の高見盛、把瑠都と共に全日空の国際線割引運賃サービス「エコ割」のCMに出演した。白露山佑太 フレッシュアイペディアより)

  • 大銀杏

    大銀杏から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    髷そのものが日本人の髪質にあったものであるため、外国人力士は結うのに苦労することがある。床山の証言によると、把瑠都は髪が弱くて切れやすいので櫛を通す時に気を遣ったと言い、また小錦の場合は強い縮れがあったためストレートパーマをかけたとされる。特にトンガ出身力士はチリチリの剛毛であるため櫛も通らないほどの絡み方であったという。大銀杏 フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・ナビ

    ヘイキ・ナビから見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    1985年6月6日、ヒーウマー島出身。高等学校時代にはカイド・ホォーヴェルソン(日本の大相撲力士:把瑠都凱斗)と同級生であったという。ヘイキ・ナビ フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年11月場所

    大相撲平成23年11月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    10日目に全勝で白鵬と並ぶ琴奨菊が把瑠都に敗れ初黒星を喫した。琴奨菊は10日目から4連敗し優勝争いから脱落した。大相撲平成23年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年7月場所

    大相撲平成23年7月場所から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    横綱・白鵬はいつものように初日から連勝し、大関・日馬富士も同じく初日から連勝した。大関昇進を目指す関脇・琴奨菊は初日に豊ノ島に敗れたものの中日までに1敗を守った。中日の時点で白鵬と日馬富士の2人が全勝で把瑠都と琴奨菊と豊真将と新入幕の高安と同じく新入幕の富士東が1敗で追いかける展開となった。大相撲平成23年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 栃光正之

    栃光正之から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    なお、15日制になってから十両で全勝優勝した力士は、栃光のほかに内田(後の大関・豊山)、北の冨士(後の横綱・北の富士)、把瑠都、栃ノ心の4人がいる。栃光正之 フレッシュアイペディアより)

  • とったり

    とったりから見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2008年5月場所の12日目に、前頭3枚目雅山が同筆頭把瑠都に決めたときには、解説者が「勝ちをとったり」と洒落ていた。とったり フレッシュアイペディアより)

  • これより三役

    これより三役から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    初土俵からの最短初登場(幕下付出を除く):把瑠都凱斗(2006年5月場所、13場所)これより三役 フレッシュアイペディアより)

127件中 41 - 50件表示

「把瑠都凱斗」のニューストピックワード