96件中 51 - 60件表示
  • 尾上部屋

    尾上部屋から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2004年5月場所限りで引退し、年寄・尾上を襲名して三保ヶ関部屋の部屋付き親方として後進の指導に当たっていた尾上親方(元小結・濱ノ嶋)は、2006年8月1日付で幕内・把瑠都ら6人の内弟子を連れて三保ヶ関部屋から分家独立して尾上部屋を創設した。尾上親方の出身校である日本大学の相撲部出身者を多数入門させており、独立の際には三保ヶ関部屋に在籍していた日本大学出身力士は、1名を除く全員が尾上部屋へ移籍した。尾上部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂相撲

    大坂相撲から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    大関初代増位山(のち三保ヶ関)の師匠が大坂相撲出身の滝ノ海調太郎で、初代増位山の弟子に二代目増位山(現三保ヶ関)、北天佑の2大関、そしてのちに日本相撲協会理事長となる横綱北の湖がいる。現役では幕内の北太樹明義・把瑠都凱斗などが、師匠の系譜をたどれば大坂相撲にさかのぼることができる。大阪由来の部屋として現存している相撲部屋は三保ヶ関部屋・北の湖部屋・尾上部屋・木瀬部屋と朝日山部屋で、朝日山は先代の若二瀬唯之までが直系の弟子で相続されていて、先代の時代に入門した幕内大真鶴健司が大阪の流れを継いでいた。なお、時津風部屋は名跡は大坂相撲に由来するが東京相撲系の双葉山が興した部屋で系譜上のつながりはない。双葉山が名跡を取得した際に「それは大坂相撲の評判の悪い親方の名跡だから」と諫める者があったが「年寄名跡は皆同じ」と答えたという逸話がある。大坂相撲 フレッシュアイペディアより)

  • うっちゃり

    うっちゃりから見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    3日目に豪栄道が把瑠都に対して決めた。うっちゃり フレッシュアイペディアより)

  • これより三役

    これより三役から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    大抵の場合は関脇以上の力士で行われるが、上位陣の休場などにより横綱・大関・三役同士の対戦が千秋楽に組めなくなった際には平幕が参加することがある。また、まれに平幕下位であっても好成績を残していれば参加することもあり、2006年1月場所では時津海が西前頭14枚目という史上最も低い地位での三役揃い踏みを経験した。また同年5月場所では、新入幕で西前頭11枚目だった把瑠都が初土俵から所要13場所目でこれより三役に登場し、年6場所制における史上最速記録を作った。新入幕での三役揃い踏み参加は1973年9月場所にて大錦が記録して以来である。これより三役 フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアントキリング (テレビ番組)

    ジャイアントキリング (テレビ番組)から見た把瑠都把瑠都凱斗

    ジャイアント:把瑠都、琴奨菊、臥牙丸、若の里、雅山、富士東、碧山ジャイアントキリング (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 北の富士賞

    北の富士賞から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2005年(平成17年)9月場所で豊ノ島が初日から土つかずの13連勝を達成した際、テレビ解説を務めていた北の富士が「全勝優勝したら僕からも何かやるよ」「金一封」と言ったことがきっかけである。しかし、この場所豊ノ島は14日目に把瑠都に敗れて惜しくも14勝1敗に終わってしまう。北の富士賞 フレッシュアイペディアより)

  • 栃光正之

    栃光正之から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    非力で不器用ながらも春日野親方(元横綱栃木山)から押し相撲の基本を叩きこまれた。脇を固めハズ押しで攻めるために両脇に藁を挟んでの押しの稽古をも課せられたが、無類の稽古熱心で師匠の指導を身につけていった。1954年5月場所に新十両となり、1955年3月場所には十両を15戦全勝優勝して翌5月場所に入幕した。ここまで初土俵から五分の場所が1場所あるものの、負け越しがなかった。なお、15日制になってから十両で全勝優勝した力士は、ほかに内田(後の大関豊山)、北の冨士(後の横綱北の富士)、把瑠都の3人がいる。栃光正之 フレッシュアイペディアより)

  • 北桜英敏

    北桜英敏から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    そして何よりも闘志を前面にむき出した年齢を感じさせない相撲で、観客を沸かせていた(インタビューでは、自称「永遠の24歳」として若々しさをアピールすることが恒例だった)。2006年5月場所4日目の対把瑠都戦では、剛力で鳴らす把瑠都に上手を取られたもののひるまず攻める相撲で白熱した戦いを制し、また平幕同士の対戦にも関わらず取組後インタビュールームに呼ばれ、熱い言葉を語る様子は夜の全国ニュース番組でも報じられた。北桜英敏 フレッシュアイペディアより)

  • 千代大海龍二

    千代大海龍二から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2009年の5月場所では12日目で5勝7敗、更に左足太もも肉離れという絶望的な状況に追い込まれたが、その後大関琴光喜と魁皇、関脇把瑠都に対し3連勝をし、8勝7敗で13度目の角番を脱出した。しかし、角番を脱出した取組となった千秋楽の把瑠都戦が、故意によるものでは無いが「無気力相撲」に相当すると判断され、両者に対して師匠を通じ注意処分を受けた。翌7月場所は序盤から勝ち負けを繰り返し、14日目には魁皇に負け7勝7敗になるも、千秋楽に関脇鶴竜に勝って勝ち越したが、これが最後に勝ち越した場所となった。千代大海龍二 フレッシュアイペディアより)

  • 式守伊之助 (39代)

    式守伊之助 (39代)から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2012年1月場所4日目、把瑠都に送り倒された若荒雄とぶつかり土俵から転落、頭部を強打した(脳震盪)。救急車で病院へ搬送されたが翌日には土俵に復帰した。式守伊之助 (39代) フレッシュアイペディアより)

96件中 51 - 60件表示

「把瑠都凱斗」のニューストピックワード