127件中 61 - 70件表示
  • 2013年の相撲

    2013年の相撲から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    9月11日 - 【大相撲】元大関の把瑠都が「5月場所で痛めた左ひざの回復のめどが立たない」として現役引退を発表。夏場所を全休し、秋場所では十両に陥落していた。2013年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の相撲

    2008年の相撲から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗(尾上部屋 エストニア・ラクヴェレ県出身)(3回目) - 12勝3敗2008年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の相撲

    2007年の相撲から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗(尾上部屋 エストニア・ラクヴェレ出身) - 14勝1敗2007年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の相撲

    2011年の相撲から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    1月22日 - 【大相撲】初場所14日目1敗の白鵬翔が把瑠都凱斗に勝ち2敗で追っていた隠岐の海歩が稀勢の里寛に敗れた為白鵬の6場所連続18回目の優勝が決定。年6場所制後6連覇は1962年名古屋?1963年夏場所、1966年春場所?1967年初場所の大鵬幸喜、2004年九州?2005年九州場所(7連覇)の朝青龍明徳に次いで史上3人目。2011年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • トイヴォ・タサ

    トイヴォ・タサから見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    日本駐箚エストニア特命全権大使在任時には、エストニア出身の大相撲力士である把瑠都凱斗を応援した。2012年1月場所で把瑠都が幕内最高優勝を果たした際には、在日本エストニア大使館にて祝賀会を開催すとともに、記念のカップを贈ってその栄誉を讃えた。また、日本・エストニア親善協会のメンバーらが「把瑠都関を励ます会」を設立すると、把瑠都にとって初めての支援組織が発足したことを喜び、メンバーに謝意を示した。把瑠都の断髪式にも駆けつけている。トイヴォ・タサ フレッシュアイペディアより)

  • 千代大海龍二

    千代大海龍二から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2009年の5月場所では12日目で5勝7敗、更に左足太もも肉離れという絶望的な状況に追い込まれたが、その後大関琴光喜と魁皇、関脇把瑠都に対し3連勝をし、8勝7敗で13度目の角番を脱出した。しかし、角番を脱出した取組となった千秋楽の把瑠都戦が、故意によるものでは無いが「無気力相撲」に相当すると判断され、両者に対して師匠を通じ注意処分を受けた。翌7月場所は序盤から勝ち負けを繰り返し、14日目には魁皇に負け7勝7敗になるも、千秋楽に関脇鶴竜に勝って勝ち越したが、これが最後の皆勤場所、また最後に勝ち越した場所となった。千代大海龍二 フレッシュアイペディアより)

  • 琴風豪規

    琴風豪規から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    その後、2013年9月場所で引退した元大関把瑠都が在位は15場所と短いながら、133勝69敗23休で勝率.658と琴風に並ぶ大関勝率を残した(厳密には琴風は.65839、把瑠都は.65842)。皮肉にも両者はケガが原因で大関から陥落した点、それからまもなくケガで大きく番付を下げて若くしての引退を余儀なくされた点(琴風は28歳7か月、把瑠都は28歳10か月)で共通している。琴風豪規 フレッシュアイペディアより)

  • オールナイトニッポンGOLD app10.jp

    オールナイトニッポンGOLD app10.jpから見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    さらに、尾上部屋からの写真提供を受け把瑠都の力士の写真を含む「尾上部屋カレンダー」のアプリが作成され、「ニッポン放送・女性アナウンサーカレンダー2012」の同じ機能が搭載され、無料で配信された。オールナイトニッポンGOLD app10.jp フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・アーツ

    ピーター・アーツから見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    12月31日、さいたまスーパーアリーナで行われるRIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYSにおいて、把瑠都と対戦し0-3の判定負け。ジェロム・レ・バンナが出場辞退したことに伴う代役であった。本人曰く「クリスマスに六本木で泥酔していたら、急に試合のオファーが来た」とのこと。ピーター・アーツ フレッシュアイペディアより)

  • 境澤賢一

    境澤賢一から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    しかし、翌5月場所では東幕下筆頭で勝ち越し、小錦、把瑠都に並ぶ史上3位タイの所要8場所での十両昇進を果たした。翌7月場所はケガで途中休場するもガッツで再出場し、負け越しを1点でとどめた。そのケガの影響が残り9月場所も7勝8敗と負け越したが、11月場所は13勝2敗で日大の後輩である市原との優勝決定戦を制し十両優勝を果たした。境澤賢一 フレッシュアイペディアより)

127件中 61 - 70件表示