96件中 61 - 70件表示
  • 年間最多勝

    年間最多勝から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    逆に最も差をつけられた2位力士は、2005年の琴欧州勝紀の59勝で、当時年間最多勝記録の朝青龍(84勝)に25勝の大差である(その次は2010年の把瑠都凱斗の64勝、年間最多勝タイ記録の白鵬(86勝)に22勝の差。それ以前には1985年の大乃国康・北天佑勝彦の二人が63勝、同年最多勝だった千代の富士(80勝)に17勝の差)。年間最多勝 フレッシュアイペディアより)

  • 豪栄道豪太郎

    豪栄道豪太郎から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    新入幕となった2007年9月場所では、2日目に栃煌山に敗れる以外は白星を重ね、11日目の時点で10勝1敗の成績を挙げて、新入幕ながら優勝争いに加わり、11日目に横綱・白鵬が2敗目を喫したために優勝争いの単独トップに躍り出た。そのため12日目から上位との対戦が組まれたが、12日目に安馬、13日目に大関・千代大海、14日目には白鵬に敗れた。新入幕力士と横綱との対戦は、1995年7月場所2日目の土佐ノ海と横綱・貴乃花との対戦以来のこととなった。優勝争いからは脱落したものの、最終的にこの9月場所では11勝4敗の好成績を挙げて初の敢闘賞を受賞した。続く11月場所でも2日目から6連勝し、後半に負けが込んだものの8勝7敗と勝ち越しを決めた。東前頭3枚目まで番付を上げた翌2008年1月場所では、3日目に大関・琴光喜を破って大関戦初勝利を挙げたものの、結果的には5勝10敗と、自身の入幕後において初めての負け越しを経験した。西前頭5枚目の位置で迎えた同年9月場所では10日目の時点で9勝1敗と好調ぶりを示し、横綱・大関陣には不戦勝の朝青龍を除いて1勝もできなかったものの、10勝5敗という好成績を挙げて2回目の敢闘賞を受賞し、翌11月場所において新三役となる東小結へと昇進した。その11月場所では5勝10敗と大敗したものの、平幕へ陥落した翌2009年1月場所で10勝5敗の好成績を挙げて初の技能賞を受賞し、翌3月場所で小結へ復帰した。その3月場所では白鵬と朝青龍の両横綱には敗れたものの、千代大海・琴光喜・琴欧洲の3大関と把瑠都・稀勢の里の両関脇を破り9勝6敗と勝ち越しを決め、翌5月場所に西関脇に昇進した。2010年1月場所では対横綱戦初勝利となる金星を朝青龍から挙げたが、この場所後に朝青龍は自身の問題行動によって突如引退を表明したため、結果的に豪栄道は朝青龍にとって最後の金星配給の相手となった。豪栄道豪太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    22日 - 【相撲】初場所14日目1敗の白鵬翔が把瑠都凱斗に勝ち2敗で追っていた隠岐の海歩が稀勢の里寛に敗れた為白鵬の6場所連続18回目の優勝が決定。年6場所制後6連覇は1962年名古屋?1963年夏場所、1966年春場所?1967年初場所の大鵬幸喜、2004年九州?2005年九州場所(7連覇)の朝青龍明徳に次いで史上3人目。2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 吊り出し

    吊り出しから見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    しかし、平成に入ってからは、力士の大型化・重量化が進み、それに伴い足腰に負担のかかるこの技が見られることは次第に減った。特に琴龍が引退した後はしばらくの間あまり見られなかったが、エストニア出身の把瑠都が幕内に上がってから身長と怪力を活かした吊りをよく繰り出している。さらにモンゴル出身の両横綱・朝青龍と白鵬も、稀にこの技を使って勝利する事があった。吊り出し フレッシュアイペディアより)

  • とったり

    とったりから見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2008年5月場所の12日目に、前頭3枚目雅山が同筆頭把瑠都に決めたときには、解説者が「勝ちをとったり」と洒落ていた。とったり フレッシュアイペディアより)

  • 大逆手

    大逆手から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    決まり手制定以降、幕内では2度この決まり手が記録されており、2005年11月場所中日で安美錦が高見盛に、2010年1月場所14日目で把瑠都が垣添にそれぞれ決めている。また、十両でも1度使用されており、2005年3月場所9日目で千代白鵬が朝乃若に決めている。大逆手 フレッシュアイペディアより)

  • 極め出し

    極め出しから見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    極め出し(きめだし)とは、相撲の決まり手のひとつである。相手の差手や首、肩の関節を腕で挟み込み(極めるという)、相手を土俵の外へ出す技。大型で懐の深い力士が多用する。この技をかけられた場合、肘の関節等を故障する可能性がある。明治の大関鳳凰馬五郎や、昭和では大関清國勝雄、関脇若見山幸平、関脇高見山大五郎、平成では大関貴ノ浪貞博、大関魁皇博之。現役力士では把瑠都凱斗などが得意とした。極め出し フレッシュアイペディアより)

  • 濱ノ嶋啓志

    濱ノ嶋啓志から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    引退後2年間は部屋付き親方として後進の指導に当たった。里山のように濱ノ嶋を慕って入門する力士もおり、三保ヶ関も「部屋の後継者は他にいない」と語るなど、部屋を継承するのは確実と思われていた。しかし三保ヶ関承継の自信がないことを理由に2005年11月に独立の意思を三保ヶ関に告げ、2006年8月1日付けで内弟子の把瑠都・里山・白石(白乃波)・境澤ら6人を連れて分家独立し、大田区初の相撲部屋となる尾上部屋を池上に興した。濱ノ嶋啓志 フレッシュアイペディアより)

  • 井上文太

    井上文太から見た把瑠都把瑠都凱斗

    「大関・把瑠都(尾上部屋):ジャスティン デイビス」化粧廻しをデザイン(2012年1月場所・初の幕内最高優勝)井上文太 フレッシュアイペディアより)

  • 在日ロシア人

    在日ロシア人から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    大相撲でも、南樺太出身でウクライナ人の父(ボリシコ)を持つ元横綱、大鵬の下に弟子入りした露鵬(ロシア人幕内力士第一号)とその弟の白露山など北オセチア共和国の首都ウラジカフカス出身のロシア人力士の台頭が目立ったが、同兄弟と若ノ鵬の3人の関取は大相撲ロシア人力士大麻問題により解雇され、この際に白露山の師匠であった北の湖が日本相撲協会理事長を辞任する大事件となった。しかし、2010年9月場所では若ノ鵬の従弟である阿覧が関脇に昇進し、唯一のロシア国籍幕内力士として土俵に登っている。旧ソ連地域出身者としてはグルジアから2006年に小結に昇進した黒海や、その後輩の栃ノ心と臥牙丸が活躍している。また、エストニアから来日した把瑠都は2010年5月場所で大関に昇進した。在日ロシア人 フレッシュアイペディアより)

96件中 61 - 70件表示

「把瑠都凱斗」のニューストピックワード