96件中 71 - 80件表示
  • 里山浩作

    里山浩作から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    序ノ口となった翌5月場所では、同場所において初土俵を踏んだ同部屋の把瑠都との稽古で負傷し、最初の二番相撲を休場するが、その後から出場して全て勝利し、5勝2休の成績を挙げて勝ち越しを果たした。同年9月場所では序二段で7戦全勝の成績を挙げて優勝決定戦へ進出したものの、優勝決定戦では把瑠都に破れて優勝は逃した。幕下へ昇進した2005年1月場所には初めて負け越しを経験したが、翌3月場所から4場所連続で勝ち越し、東幕下4枚目の位置まで番付を上げた同年11月場所でも5勝2敗と勝ち越しを決め、翌2006年1月場所には新十両へ昇進した。同年8月には尾上親方が新設した尾上部屋へと移籍した。約1年にわたって十両を務めた後、2007年3月場所に東十両4枚目の位置で12勝3敗の成績を挙げて初の十両優勝を果たし、翌5月場所に新入幕を果たした。新入幕となった2007年5月場所では7勝8敗と負け越し、続く7月場所でも2勝13敗と大敗して、翌9月場所において十両へ陥落した。里山浩作 フレッシュアイペディアより)

  • 出羽鳳太一

    出羽鳳太一から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    高知県の明徳義塾高校相撲部出身で、2003年には高校横綱になった実績がある。2004年3月場所初土俵を踏んだ。初土俵から負け越し知らずで幕下まで昇進した。1度は跳ね返されたものの2005年後半から幕下上位に定着し、西8枚目まで番付を上げた2006年1月場所では幕下唯一の6連勝として、幕下優勝と待望の新十両を懸けた一番を、同じく十両昇進(復帰)の懸かる筆頭(東)で3勝3敗の元十両北勝岩に挑んだが、立ち合いで遅れたところを一気に押し出されて完敗、幕下優勝と十両昇進の夢は潰えた。幕下の優勝争いは、全勝の出羽鳳が敗れたことで1敗力士7人による優勝決定戦に縺れ込み、出羽鳳は1回戦で把瑠都に敗れて十両昇進ばかりか優勝も逃した(優勝は把瑠都)。出羽鳳太一 フレッシュアイペディアより)

  • 臥牙丸勝

    臥牙丸勝から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2011年9月場所は初日に敗れたものの2日目から10連勝して一時は優勝争いに加わった。その後は3連敗して優勝は逃したが、11日目には初対戦で大関の把瑠都を破り、最終的には11勝4敗の好成績を挙げて、初の三賞となる敢闘賞を受賞した。翌11月場所では自身初の幕内上位となる西前頭3枚目の位置まで番付を上げるも2勝13敗と大敗したが、翌2012年1月場所では西前頭10枚目の位置で12勝3敗の好成績を挙げて2回目の敢闘賞を受賞した。翌3月場所で新三役となる自己最高位の東小結へ昇進したが、199kgに留めていた体重が210kgにまで増加し、ばったりと前に倒れる相撲が多くなり、結果的には6勝9敗の負け越しに終わった。この3月場所後に木瀬部屋が再興されたため、それに伴い本人は北の湖部屋から木瀬部屋へと再び転籍したが、本人は北の湖部屋で過ごした間に兄弟子らに親切にしてもらったために複雑な心境であったと語っている。木瀬部屋へ戻って初の場所となった同年5月場所では、西前頭2枚目の位置で5勝10敗と大きく負け越したものの、続く5月場所では10勝5敗という好成績を挙げた。翌9月場所における場所前体重測定では自己最高体重を更新する212kgを記録し、「この目方は人としてどうかと思う。日本食がおいしいのがいけないんです」と語った。その9月場所では出足の勢いに精彩を欠いて、西前頭2枚目の位置で4勝11敗と大敗した。臥牙丸勝 フレッシュアイペディアより)

  • 芳東洋

    芳東洋から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    角界きっての長身力士として知られ(現役の日本人力士としては最も長身)、その体格から、一部ではデビューの前後が遙かに逆転してはいるが「和製把瑠都」と呼ばれている。芳東洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武誠山一成

    武誠山一成から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    笠間小学校3年生で相撲を始め、笠間中学校3年生の時には全国中学校相撲選手権大会で準優勝した。金沢市立工高を経て東洋大学へ進学し、大学時代は個人タイトル7個を獲得した。2003年には相撲部主将を務め、国体成年Aでは決勝で大学の先輩である横山英希(のち十両・高見藤)を敗って優勝し、幕下付出資格を得た。全日本相撲選手権で左手首を亀裂骨折したためデビューが遅れ、2004年5月場所に幕下15枚目格付出で武蔵川部屋から初土俵を踏んだ。同期生には把瑠都がいる。武誠山一成 フレッシュアイペディアより)

  • 鰤の里強志

    鰤の里強志から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    現在は、同門の把瑠都の付き人も務めている。鰤の里強志 フレッシュアイペディアより)

  • 栃煌山雄一郎

    栃煌山雄一郎から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2009年3月場所12日目に把瑠都と対戦した際、栃煌山は把瑠都に豪快に吊り上げられたものの、全く抵抗せずに静止したまま土俵外に出されてしまう。当日、NHK大相撲中継で解説を務めていた北の富士勝昭は、その姿を見て「シャケ(鮭)じゃないんだから」と評し、抵抗しないことに対して冗談交じりに苦言を呈した。栃煌山雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 栃ノ心剛

    栃ノ心剛から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2010年5月場所は西前頭2枚目で迎えた。初日は把瑠都に敗れたものの翌日以降4大関(日馬富士・琴欧洲・琴光喜・魁皇)を次々になぎ倒し、順調な滑り出しをしたが、その後は失速し千秋楽に8勝7敗とぎりぎり勝ち越した。それでも4大関撃破の星が認められて2回目の敢闘賞を受賞した。翌7月場所は新三役となり西小結に昇進したものの、琴欧洲を除く横綱・大関陣に全て敗れるなど上位の壁に阻まれ6勝9敗で負け越した。栃ノ心剛 フレッシュアイペディアより)

  • 若ノ鵬寿則

    若ノ鵬寿則から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2005年9月場所は7戦全勝で序二段優勝、翌2006年(平成18年)1月場所では幕下で6勝1敗、7人による優勝決定戦に進出し、決勝で把瑠都に敗れたものの、その高い能力の一端を示した。その後も勝ち越しを続け、同年11月場所では東幕下筆頭で4勝3敗と勝ち越し、初土俵から負け越しなし、所要11場所での十両昇進を果たした。18歳5カ月での十両昇進は史上8位タイの年少記録で、外国出身力士では白鵬の18歳9カ月を更新し最年少である。しかし本人は、「17歳で上がりたかった」と悔しがった。若ノ鵬寿則 フレッシュアイペディアより)

  • 力士

    力士から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    力士になるための条件に日本国籍は含まれないため、外国籍を持つ者が力士になることもできる。以前はハワイ出身のアメリカ人力士が多かったが、2010年現在、白鵬をはじめとするモンゴル出身力士が多勢を占めており、琴欧州(ブルガリア)や把瑠都(エストニア)などのヨーロッパ出身の力士も少数ながら在籍する。力士 フレッシュアイペディアより)

96件中 71 - 80件表示

「把瑠都凱斗」のニューストピックワード