127件中 81 - 90件表示
  • 北桜英敏

    北桜英敏から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    そして何よりも闘志を前面にむき出した年齢を感じさせない相撲で、インタビューでは、自称「永遠の24歳」として若々しさをアピールしていた。2006年5月場所4日目の対把瑠都戦では、剛力で鳴らす把瑠都に上手を取られたもののひるまず攻める相撲で白熱した戦いを制し、また平幕同士の対戦にも関わらず取組後インタビュールームに呼ばれ、熱い言葉を語る様子は夜の全国ニュース番組でも報じられた。北桜英敏 フレッシュアイペディアより)

  • 伊橋剛太

    伊橋剛太から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    Amazonプライムで配信中のぶらり路上プロレスにレギュラー参戦しており、過去にはアジャ・コング、前田日明、把瑠都などとも対戦をしている。伊橋剛太 フレッシュアイペディアより)

  • 大砂嵐金崇郎

    大砂嵐金崇郎から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2014年3月場所から初めて大銀杏を結うことになったが、過去に把瑠都がどうしても地毛で大銀杏を結えなかった例と同じように付け毛で間に合わせた。大砂嵐金崇郎 フレッシュアイペディアより)

  • 増位山太志郎

    増位山太志郎から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    1984年(昭和59年)11月に実父である9代三保ヶ関が停年(定年)退職になると、三保ヶ関に名跡変更して部屋を継承した。親方としては、名門・日本大学相撲部で活躍した学生相撲出身者を数多く入門させ、小結・濱ノ嶋、幕内・肥後ノ海、十両・増健などをはじめ、エストニア出身の把瑠都、ロシア出身の阿覧らをスカウトして関取に育てた。一方で先代三保ヶ関と同じく運営方針として所属力士の個人後援会を認めなかったことで吝嗇の傾向を指摘されることもあった。増位山太志郎 フレッシュアイペディアより)

  • 芳東洋

    芳東洋から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    角界きっての長身力士として知られ(現役の日本人力士としては最も長身)、その体格から、一部ではデビューの前後が遙かに逆転してはいるが「和製把瑠都」と呼ばれている。芳東洋 フレッシュアイペディアより)

  • 天鎧鵬貴由輝

    天鎧鵬貴由輝から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2010年5月31日 SMAP×SMAP 里山とともに把瑠都の付け人として出演天鎧鵬貴由輝 フレッシュアイペディアより)

  • 肥後ノ城政和

    肥後ノ城政和から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    エストニア出身の元大相撲力士・把瑠都とは生年月日が同じである。その上把瑠都が所属していた尾上部屋は自身が所属する木瀬部屋と同じ三保ヶ関系統であるため誕生日パーティーは把瑠都と合同であったといい、「まだ取的だったのにパーティーでは大関まで昇進した人と同じように主賓扱いしてもらったので幕下で終わったら申し訳ない」と思い奮起したという。そして念願かなって関取昇進を果たしたが、新十両場所直前であった2013年11月5日は奇しくも同年9月場所前に把瑠都が角界を去ったばかりの時期であり、気まずい誕生日となった。肥後ノ城政和 フレッシュアイペディアより)

  • 三賞

    三賞から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    優勝した力士や横綱から白星を挙げた力士に与えられる。仮に優勝した力士が14勝1敗の成績だった場所では、優勝力士に唯一の土を付けた力士が評価されて受賞対象となることもある。例として、2008年5月場所で大関・琴欧洲が14勝1敗で初優勝を果たしたが、その琴欧洲に唯一の黒星を付けた安美錦が殊勲賞を受賞している。ここ数年は朝青龍・白鵬と強い横綱の活躍が続いていることから金星を獲得できる力士が少ないこと、金星を得ることができても勝ち越しを収められるまでには至らないこと、横綱と大関との力の差が開いて大関に勝った星の価値が下がっていることなどから、該当者なしの場所が多くなっている。2009年は史上初めて年6場所通じて該当者が出なかった。また、関脇以下の力士が優勝した場合にも受賞することがある。興味深い記録として2009年1月場所から2011年5月技量審査場所の丸2年半において中止や該当者なしを含めて2010年1月場所受賞の把瑠都と同年11月場所及び翌2011年1月場所受賞の稀勢の里の2人が独占するというものが確認され、稀勢の里は横綱、把瑠都は大関に昇進している。三賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日馬富士公平

    日馬富士公平から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    2007年1月場所、14日目に朝青龍を星1つの差で追っていた豊ノ島を小褄取りの決まり手で破る「援護射撃」を果たし、朝青龍の20回目の優勝に貢献した。取組後支度部屋に戻り朝青龍に最敬礼。部屋・一門を超えたモンゴル人同士の繋がりの深さを見せた。自身も千秋楽に稀勢の里を破って10勝5敗と二桁勝利を挙げた。翌3月場所に小結復帰を果たし、初日にそれまで4度の対戦で一度も勝てていなかった千代大海を初めて破るなどの活躍で、8勝7敗と三役で初めて勝ち越した。この場所新関脇の琴奨菊が7勝8敗で負け越し関脇のポストが空いたため、翌5月場所は新関脇となった。この場所千秋楽に、12勝を挙げていた朝赤龍を破り8勝7敗と勝ち越しを決めた。これ以降三役に定着することになる。7月場所は7勝8敗と一点の負け越しで小結に下がるが、翌9月場所は初日に横綱白鵬との8度目の対戦で、首投げにより初めて白鵬を破った上に、12日目には新入幕で優勝争いの単独トップに立っていた豪栄道を送り吊り落としで破った(前述)。自らも13日目終了時点で白鵬と1差につけるがその後連敗し10勝5敗に終わった。しかし横綱を破った相撲等が評価されて、初めての殊勲賞を受賞した。ただ、兄弟子の安美錦と同郷の朝赤龍の両関脇が勝ち越したため、関脇復帰は成らなかった。翌11月場所は、8日目に横綱白鵬を下手投げで連勝し、2度目の殊勲賞を受賞した。ただ、14日目に白鵬を星1つの差で追っていた把瑠都を破って、結果的に白鵬の優勝を援護している。この場所も10勝5敗であり、連続の10勝でいよいよ大関獲りの機運が高まった。日馬富士公平 フレッシュアイペディアより)

  • 安美錦竜児

    安美錦竜児から見た把瑠都凱斗把瑠都凱斗

    元大関・把瑠都には7勝16敗。把瑠都の大関在位中は3勝8敗。安美錦竜児 フレッシュアイペディアより)

127件中 81 - 90件表示

「把瑠都凱斗」のニューストピックワード