134件中 21 - 30件表示
  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見たふかわりょうふかわ りょう

    2006年8月4日 -「元祖でぶや」(テレビ東京)に春日王、旭天鵬とともに出演。出演者の石塚英彦、パパイヤ鈴木、青木さやか、ふかわりょうとともに温泉、バーベキューなどを楽しんだ。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た増位山太志郎

    四股名は母国エストニアが面するバルト海から。凱斗の名は本名Kaido(カイド)の音に、日本で素晴らしいものをつかみ母国に凱旋してほしいという願いを込めた漢字をあてて、三保ヶ関親方が名づけた。史上初のエストニア出身力士関取。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た春日王克昌

    2006年8月4日 -「元祖でぶや」(テレビ東京)に春日王、旭天鵬とともに出演。出演者の石塚英彦、パパイヤ鈴木、青木さやか、ふかわりょうとともに温泉、バーベキューなどを楽しんだ。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た魁傑將晃

    2013年1月場所は関脇の地位で10勝以上を挙げれば、1場所で大関特例復帰だった。だが2日目の琴奨菊戦で早くも土、3日目の豪栄道戦も連敗するなど序盤から波に乗れず、13日目の高安戦でついに6敗目を喫してしまい、これで大関再昇進の夢は断たれた。千秋楽の勢戦は取り直しの末白星で終え、8勝7敗とぎりぎり勝ち越し。ちなみに、関脇陥落場所で大関復活ならずも勝ち越した力士は、1974年7月場所の大受(9勝6敗)以来39年ぶり2人目。なお現行の降格制度になった1969年7月場所以降、大関から関脇陥落した力士は把瑠都の他13人おり、10勝以上の特例復帰のチャンスを逃した後で大関再昇進した力士は、魁傑ただ1人しかいない。ただし雅山は2001年11月場所で関脇陥落後、2006年7月場所で再びチャンスが巡り、三役で3場所連続2桁の34勝(11敗)と十分な星を挙げたが、結局大関復帰が見送られたケースがある。それゆえに今後も、把瑠都の再大関への道のりは極めて厳しいと見る向きが多い。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た曙太郎

    かつて膝の負傷後は、下半身の強化や相撲経験の深化によって、身体能力に任せるばかりではない正統派の四つ身の相撲を身につけつつあった。また、徐々に突き押しにも磨きがかかり、2009年後半ごろより豪快なもろ手突きや突っ張りが見られるようになった。このもろ手突きは、と貴乃花のビデオを見て研究し身につけたものである。また、突っ張りに関しては、秀ノ山親方がかつての曙のようだと評している。この突き押しが評価されて、大関昇進を決めた2010年3月場所では技能賞の栄誉にあずかるまでに至ったと言える。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た日馬富士公平

    2011年11月場所は4日目まで1勝3敗と絶不調、一時は途中休場も危ぶまれた程だったが、その後は12日目で日馬富士に敗れた以外は白星を重ねて11勝4敗、千秋楽結びの一番では白鵬をはたき込みで下して2場所ぶりの勝利、さらに白鵬の9回目の全勝優勝を阻止した。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た臥牙丸勝

    2012年9月場所初日、魁聖との取組で土俵際把瑠都の上手投げに魁聖が手をつき、把瑠都の足が俵内に残っていたにもかかわらず、行事軍配は魁聖の寄りを有利に挙げ、しかも審判団5人全員からも物言いがつかず、不運にも黒星とされてしまう。把瑠都本人も「相手の手が先についてたのに。体勢は確かに悪かったけど…」と納得のいかないコメントを出している。土俵下で見ていた鏡山審判部長(元関脇・多賀竜)は「把瑠都の体は半分出ていたし、流れは完全に魁聖。ビデオを見ながらならば(物言いの)手を挙げられるが…」と言い訳するも、この直後視聴者から相撲協会へ抗議の意見が殺到した。2日目の碧山戦は勝利するも、翌3日目の臥牙丸戦では土俵際把瑠都の上手投げに軍配が挙がったが、物言いの末取り直しに。その相撲では臥牙丸に寄り切られ1勝2敗に。この取組で場所前から痛めていた右足の怪我が悪化、右足親指剥離骨折により全治1か月の診断が下され、4日目から途中休場(把瑠都の途中休場は当時平幕の2007年9月場所以来7月場所以来)。これで2009年7月場所から続いた幕内連続勝ち越しは18場所でストップ(同4日目に琴奨菊、6日目からは琴欧洲も休場を表明し6大関の内3人が途中休場)。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た土佐ノ海敏生

    2006年9月場所は東前頭筆頭まで進み三役昇進を期待されたが、上位陣に対して苦戦し、10日目の雅山との取組で左ひざを痛め、翌日から休場した。これ以降しばらく怪我に苦しむことになる。2度目の十両優勝を果たし、わずか1場所で幕内復帰を果たしたが、7月場所初日の土佐ノ海戦でまたも左膝を痛め2日目より休場。しかし、再度の十両陥落となった9月場所で他を寄せ付けず、3度目の十両優勝を果たす。11月場所は2度目の帰り入幕ながら前半戦から好成績をあげて優勝争いに加わり、敢闘賞受賞。それ以後は大きな怪我もなく、幕内に定着することになる。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た白露山佑太

    2006年3月25日より、全日空の国際線割引運賃サービス「エコ割」のCMに、高見盛・白露山と出演。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た朝青龍明徳

    5月場所 - 新入幕、所要12場所(前相撲から)は所要11場所の琴欧州に次ぎ、板井、小錦、栃東、朝青龍、時天空、嘉風と並び歴代2位タイ。11勝4敗で優勝次点、自身初の三賞・敢闘賞を受賞。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

134件中 21 - 30件表示

「把瑠都凱斗」のニューストピックワード