134件中 61 - 70件表示
  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見たいじめ

    柔道経験者であり、18歳の時、本人曰く「出場選手4人」とのことであるが、柔道エストニアジュニア王者の栄冠に輝いた。早くに父を亡くし生活苦に喘いでいたこともあり、バーの警備員を務めていたこともあった。また、その優しい性格と太り気味の体格からいじめを受けていたとされている。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見たバー (酒場)

    柔道経験者であり、18歳の時、本人曰く「出場選手4人」とのことであるが、柔道エストニアジュニア王者の栄冠に輝いた。早くに父を亡くし生活苦に喘いでいたこともあり、バーの警備員を務めていたこともあった。また、その優しい性格と太り気味の体格からいじめを受けていたとされている。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た三賞

    新入幕の2006年5月場所は序盤で2敗を喫するも、そこから素質の高さを見せて勝ち進み13日目終了まで2敗をキープする。最終盤の2日間は、この場所優勝を争った関脇雅山と大関白鵬に連敗を喫したが、11勝4敗で優勝次点の成績をおさめ、自身初の三賞となる敢闘賞を受賞した。前相撲から13場所目での三賞受賞は栃東、琴欧州(現・琴欧洲)と並び史上最速である。またこの場所の千秋楽で三役揃踏を行ったが、新入幕でこれをつとめた力士は1973年9月場所の大錦以来33年ぶり、史上2人目のことであった。また、前相撲から13場所目でのこれより三役出場も琴欧州を抜いて史上最短の記録。このとき、あまりの出世の早さ(および独特の髪質)が影響して大銀杏が結えなかったため、ちょん髷姿で揃い踏みを行った。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た尾上部屋

    把瑠都 凱斗(ばると かいと、1984年11月5日 - 、本名:カイド・ホォーヴェルソン Kaido Höövelson )は、旧・エストニア・ソビエト社会主義共和国 (現・エストニア共和国) レーネ=ヴィル県 ラクヴェレ(ラエクヴェレ)郡 ロフ村 出身、尾上部屋(入門時は三保ヶ関部屋)所属の現役大相撲力士で、スウェーデン系エストニア人。身長198cm、体重193kg、血液型はA型。最高位は東大関。得意技は左四つ、寄り、投げ、吊り。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た技量審査場所

    2011年5月技量審査場所では、3日目の豪栄道戦で上手投げで敗れた直後、記者陣に対して「遊びの場所みたい」と問題発言、翌日理事長室に呼ばれ放駒理事長(元大関・魁傑)らに厳重注意の処分を受けた。同場所は12日目まで10勝2敗だったが、翌13日目から3連敗を喫して又しても優勝争いから完全に脱落となった。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見たBISTRO SMAP

    握力が右85kg、左93kgという怪力の持ち主。把瑠都本人の弁では「リンゴくらいなら簡単に握り潰せる」とのこと。BISTRO SMAPでは両手で裂くようにリンゴを割っていた。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た大関

    把瑠都 凱斗(ばると かいと、1984年11月5日 - 、本名:カイド・ホォーヴェルソン Kaido Höövelson )は、旧・エストニア・ソビエト社会主義共和国 (現・エストニア共和国) レーネ=ヴィル県 ラクヴェレ(ラエクヴェレ)郡 ロフ村 出身、尾上部屋(入門時は三保ヶ関部屋)所属の現役大相撲力士で、スウェーデン系エストニア人。身長198cm、体重193kg、血液型はA型。最高位は東大関。得意技は左四つ、寄り、投げ、吊り。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た序二段

    2004年5月場所初土俵。序ノ口・序二段と2場所連続で優勝するなどスピード出世で、2005年7月場所では西幕下6枚目で5勝2敗という成績で同部屋の白石(元白乃波)と同時に十両昇進を果たした。初土俵から所要8場所での新十両昇進は小錦と並ぶ史上3位タイ(当時)のスピード出世であった。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た幕下

    2004年5月場所初土俵。序ノ口・序二段と2場所連続で優勝するなどスピード出世で、2005年7月場所では西幕下6枚目で5勝2敗という成績で同部屋の白石(元白乃波)と同時に十両昇進を果たした。初土俵から所要8場所での新十両昇進は小錦と並ぶ史上3位タイ(当時)のスピード出世であった。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た虫垂炎

    なお、その9月場所では、優勝した豊ノ島に唯一の黒星を付けている。翌11月場所は十両西4枚目に躍進し、史上最速の前相撲からの所要10場所での新入幕を十分狙える位置にあったが、場所初日に急性虫垂炎を発症し全休、翌2006年1月場所では幕下に陥落した。幕下では地力の違いを見せ、6番相撲を終えた時点で全勝が1人となる幸運も重なり、虫垂炎の手術時に施された全身麻酔の後遺症から思うように身体が動かない中、7人による優勝決定戦を制して幕下優勝、1場所で十両に復帰した。翌3月場所では北の富士以来43年ぶり4人目(本場所が15日制になってから)となる十両全勝優勝を果たし、史上2位タイとなる所要12場所での新入幕を決めた。この場所千秋楽の全勝優勝インタビューにて解説北の富士から(将来の目標について)「横綱、横綱」の声が出るなど、早くも横綱昇進を期待する声が上がった。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

134件中 61 - 70件表示

「把瑠都凱斗」のニューストピックワード