176件中 61 - 70件表示
  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た琴錦功宗

    膝の負傷後は、下半身の強化や相撲経験の深化によって、身体能力に任せるばかりではない正統派の四つ身の相撲を身につけつつあった。また、徐々に突き押しにも磨きがかかり、2009年後半ごろより豪快なもろ手突きや突っ張りが見られるようになった。このもろ手突きは、曙と貴乃花のビデオを見て研究し身につけたものである。また、突っ張りに関しては、秀ノ山親方がかつての曙のようだと評している。大関昇進を決めた2010年3月場所ではこの突き押しが評価されて、技能賞を受賞したと言える。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た魁輝薫秀

    大関昇進の望みもあった2010年1月場所では、7日目に白鵬に初めて勝つ殊勲の星を挙げ、また白鵬の連勝を30で止めた。初優勝と大関昇進も期待されたが10日目に豊ノ島、11日目に朝青龍に敗れて3敗となってしまった。その後は千秋楽まで連勝を続け12勝3敗、初の殊勲賞を受賞した。また、直近3場所の勝ち星の合計が大関昇進の目安となる三役の地位で合計33勝に達したものの、場所後は昇進の話題すら殆ど出ないままだった。次の3月場所を迎えるにあたり、審判部の友綱審判部長は、把瑠都の大関昇進に必要な星の目安が「13勝以上」であるとの認識を示したが、これは「三役3場所33勝以上」の基準を1勝上回る条件であった。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た板井圭介

    5月場所 - 新入幕、所要12場所(前相撲から)は所要11場所の琴欧州に次ぎ、板井、小錦、栃東、朝青龍、時天空、嘉風と並び歴代2位タイ。11勝4敗で優勝次点、自身初の三賞・敢闘賞を受賞。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見たパパイヤ鈴木

    元祖!でぶや(2006年8月4日、テレビ東京) - 春日王、旭天鵬とともに出演。出演者の石塚英彦、パパイヤ鈴木、青木さやか、ふかわりょうとともに温泉、バーベキューなどを楽しんだ。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た勢翔太

    2013年1月場所は関脇の地位で10勝以上を挙げれば、1場所で大関特例復帰だった。だが、2日目の琴奨菊戦で早くも土、3日目の豪栄道戦も連敗するなど序盤から波に乗れず、10日目の日馬富士戦で5敗となり絶体絶命に。そして13日目の高安戦でついに6敗目を喫したため、これで大関特例復帰はならなかった。千秋楽の戦は取り直しの末白星で終え、8勝7敗とぎりぎり勝ち越した。ちなみに関脇陥落場所で大関復活ならずも勝ち越した力士は、戦後では1974年7月場所の大受(9勝6敗)以来39年ぶり3人目のことだった。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た白乃波寿洋

    2004年5月場所初土俵。序ノ口・序二段と2場所連続で優勝するなどスピード出世で、2005年7月場所では西幕下6枚目で5勝2敗という成績で同部屋の白石(元白乃波)と同時に十両昇進を果たした。初土俵から所要8場所での新十両昇進は小錦と並ぶ史上3位タイ(当時)のスピード出世であった。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た千代の富士貢

    巨躯強力を活かした豪快な相撲が魅力で、左四つの体勢からの寄り、投げ、吊りを得意とした。相撲界においても「怪力」と評される強い握力の持ち主であり、廻しを取った際の安定感は特筆すべきものがある。通常の力士からすれば規格外の懐の深さと腕の長さにより、肩越しの上手など多少無理な体勢でも攻めることができ、元横綱の九重親方に「相撲の概念が変わる」とまで言わしめた。2012年の1月場所の13日目で初優勝を決めた取組でも、琴奨菊を相手に肩越しから取った上手で相手を吊り上げての白星であった。また、その懐の深さで引き技もよく決まった。膝を負傷する前は優れたスピードとバランス感覚も持ち合わせ土俵際の際どい場面での逆転もみせていたが、荒削りゆえの強引な相撲を指摘されることもあった。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た若羽黒朋明

    2013年7月場所後も再起を目指していたが、膝の故障は一向に良くならず殆ど稽古が出来ないことから9月場所の出場が危ぶまれていた。そして同年9月場所前の9月11日、本場所の土俵に上がる事無く、十両の地位で日本相撲協会に現役引退を申し出て土俵を去ることとなった。日本国籍を取得していなかったため、大関経験者として現役名のまま協会に残ることが出来る権利も利用できずに相撲協会を離れることになった。尚、大関経験者が引退後に即退職(廃業)したのは、1965年3月場所前引退の若羽黒以来48年ぶりだった(但し野球賭博問題で2010年7月場所前に解雇となった、琴光喜は除外。又横綱も含めると2010年1月場所後、度重なる不祥事で責任を取り引退した朝青龍以来3年ぶり)。在位15場所(133勝69敗23休)の短命大関に終わったが、戦後に昇進した大関の中で最高位が大関の力士としては琴風(在位22場所、212勝110敗8休)と共に大関勝率1位タイの.658を誇る。故障が無ければ十分に横綱を摑む可能性があったと評される由縁である。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た鶴田卓彦

    場所後、12日目の稀勢の里戦で注文相撲を見せたことが横綱審議委員会に問題視され、当初は2場所連続優勝でも推挙しないという例外的な厳しい措置も示唆されたが、最終的には鶴田卓彦委員長が「役力士は正々堂々勝負すべき」と相撲内容を重視する方針を掲げた上で「12勝以上すれば議論になるのでは。準優勝でも内容が良ければ」とかなり甘めの基準を示すに至った。一方でこの場所後に審判部長に新任した鏡山は「次も優勝なら文句はない。そうでなければ(昇進は)ないのでは」と考えを示した。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た高阪剛

    2016年12月29日、RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUNDの2回戦で出場予定だったイリー・プロハースカが負傷欠場したため、代役の高阪剛と対戦し、3-0の判定勝ち。その試合内容からブーイングが飛び交い、それに対し、把瑠都は「じゃあお前らがやってみろよ!」とマイクで発言した。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

176件中 61 - 70件表示

「把瑠都凱斗」のニューストピックワード