134件中 71 - 80件表示
  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た大相撲八百長問題

    翌2011年1月場所は、初日敗れた後9日目まで8連勝とし優勝争いに加わるも10日目から3連敗するなど失速。千秋楽も琴欧洲に敗れ9勝6敗に終わる。同年3月場所は大相撲八百長問題により開催中止となった。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た角番

    2012年11月場所は初の大関角番となった。初日の魁聖戦は送り出しで下したが、2日目の松鳳山戦で掬い投げで敗れた際、左太腿を痛めてしまう。翌3日目、左太腿裏肉離れで全治3週間の診断により途中休場(豪栄道戦は不戦敗)。その後再出場は果たせず休場のまま9日目に2場所連続での負け越しが決定、大関在位15場所目で次場所関脇への陥落が決定してしまった(大関陥落者は2009年11月場所の千代大海以来3年ぶり)。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た角界

    外見から一部マスコミでは角界のディカプリオと呼ばれている。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た横綱

    なお、その9月場所では、優勝した豊ノ島に唯一の黒星を付けている。翌11月場所は十両西4枚目に躍進し、史上最速の前相撲からの所要10場所での新入幕を十分狙える位置にあったが、場所初日に急性虫垂炎を発症し全休、翌2006年1月場所では幕下に陥落した。幕下では地力の違いを見せ、6番相撲を終えた時点で全勝が1人となる幸運も重なり、虫垂炎の手術時に施された全身麻酔の後遺症から思うように身体が動かない中、7人による優勝決定戦を制して幕下優勝、1場所で十両に復帰した。翌3月場所では北の富士以来43年ぶり4人目(本場所が15日制になってから)となる十両全勝優勝を果たし、史上2位タイとなる所要12場所での新入幕を決めた。この場所千秋楽の全勝優勝インタビューにて解説北の富士から(将来の目標について)「横綱、横綱」の声が出るなど、早くも横綱昇進を期待する声が上がった。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た掬い投げ

    2012年11月場所は初の大関角番となった。初日の魁聖戦は送り出しで下したが、2日目の松鳳山戦で掬い投げで敗れた際、左太腿を痛めてしまう。翌3日目、左太腿裏肉離れで全治3週間の診断により途中休場(豪栄道戦は不戦敗)。その後再出場は果たせず休場のまま9日目に2場所連続での負け越しが決定、大関在位15場所目で次場所関脇への陥落が決定してしまった(大関陥落者は2009年11月場所の千代大海以来3年ぶり)。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た序ノ口

    2004年5月場所初土俵。序ノ口・序二段と2場所連続で優勝するなどスピード出世で、2005年7月場所では西幕下6枚目で5勝2敗という成績で同部屋の白石(元白乃波)と同時に十両昇進を果たした。初土俵から所要8場所での新十両昇進は小錦と並ぶ史上3位タイ(当時)のスピード出世であった。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た柔道

    柔道経験者であり、18歳の時、本人曰く「出場選手4人」とのことであるが、柔道エストニアジュニア王者の栄冠に輝いた。早くに父を亡くし生活苦に喘いでいたこともあり、バーの警備員を務めていたこともあった。また、その優しい性格と太り気味の体格からいじめを受けていたとされている。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た勝負審判

    大関昇進の望みもあった2010年1月場所では、7日目に白鵬に初めて勝つ殊勲の星を挙げ、また白鵬の連勝を30で止めた。初優勝と大関昇進も期待されたが10日目に豊ノ島、11日目に朝青龍に敗れて3敗となってしまった。その後は千秋楽まで連勝を続け12勝3敗、初の殊勲賞を受賞した。また、直近3場所の勝ち星の合計が大関昇進の目安となる三役の地位で合計33勝に達したものの、場所後は昇進の話題すら殆ど出ないままだった。次の3月場所を迎えるにあたり、審判部の友綱審判部長は、把瑠都の大関昇進に必要な星の目安が「13勝以上」であるとの認識を示したが、これは「三役3場所33勝以上」の基準を1勝上回る条件であった。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た世界ジュニア相撲選手権大会

    エストニアジュニア柔道選手権準優勝、ユーロ・ジュニア相撲チャンピオンシップ大会準優勝、世界ジュニア相撲選手権大会2回戦敗退。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た物言い

    2012年9月場所初日、魁聖との取組で土俵際把瑠都の上手投げに魁聖が手をつき、把瑠都の足が俵内に残っていたにもかかわらず、行事軍配は魁聖の寄りを有利に挙げ、しかも審判団5人全員からも物言いがつかず、不運にも黒星とされてしまう。把瑠都本人も「相手の手が先についてたのに。体勢は確かに悪かったけど…」と納得のいかないコメントを出している。土俵下で見ていた鏡山審判部長(元関脇・多賀竜)は「把瑠都の体は半分出ていたし、流れは完全に魁聖。ビデオを見ながらならば(物言いの)手を挙げられるが…」と言い訳するも、この直後視聴者から相撲協会へ抗議の意見が殺到した。2日目の碧山戦は勝利するも、翌3日目の臥牙丸戦では土俵際把瑠都の上手投げに軍配が挙がったが、物言いの末取り直しに。その相撲では臥牙丸に寄り切られ1勝2敗に。この取組で場所前から痛めていた右足の怪我が悪化、右足親指剥離骨折により全治1か月の診断が下され、4日目から途中休場(把瑠都の途中休場は当時平幕の2007年9月場所以来7月場所以来)。これで2009年7月場所から続いた幕内連続勝ち越しは18場所でストップ(同4日目に琴奨菊、6日目からは琴欧洲も休場を表明し6大関の内3人が途中休場)。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

134件中 71 - 80件表示

「把瑠都凱斗」のニューストピックワード