176件中 81 - 90件表示
  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た2009年

    膝の負傷後は、下半身の強化や相撲経験の深化によって、身体能力に任せるばかりではない正統派の四つ身の相撲を身につけつつあった。また、徐々に突き押しにも磨きがかかり、2009年後半ごろより豪快なもろ手突きや突っ張りが見られるようになった。このもろ手突きは、曙と貴乃花のビデオを見て研究し身につけたものである。また、突っ張りに関しては、秀ノ山親方がかつての曙のようだと評している。大関昇進を決めた2010年3月場所ではこの突き押しが評価されて、技能賞を受賞したと言える。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見たサンテレビジョン

    ビッグフィッシング(2010年4月8日、サンテレビ把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見たBS-TBS

    日本の旬を行く!路線バスの旅(2016年6月14日、BS-TBS把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見たバー (酒場)

    柔道経験者であり、18歳の時、本人曰く「出場選手4人」とのことであるが、柔道エストニアジュニア王者の栄冠に輝いた。早くに父を亡くし生活苦に喘いでいたこともあり、バーの警備員を務めていたこともあった。また、その優しい性格と太り気味の体格からいじめを受けていたとされている。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た北海道文化放送

    発見!タカトシランド(2018年1月26日・2月2日、北海道文化放送把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見たBSフジ

    把瑠都の北欧エストニア紀行(2013年12月26日、BSフジ) - 旅人把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た三賞

    新入幕の2006年5月場所は序盤で2敗を喫するも、そこから素質の高さを見せて勝ち進み13日目終了まで2敗をキープする。最終盤の2日間は、この場所優勝を争った関脇雅山と大関白鵬に連敗を喫したが、11勝4敗で優勝次点の成績をおさめ、自身初の三賞となる敢闘賞を受賞した。前相撲から13場所目での三賞受賞は栃東、琴欧州と並び史上最速である。またこの場所の千秋楽で三役揃踏を行ったが、新入幕でこれをつとめた力士は1973年9月場所の大錦以来33年ぶり、史上2人目のことであった。また、前相撲から13場所目でのこれより三役出場も琴欧州を抜いて史上最短の記録。このとき、あまりの出世の早さ(および独特の髪質)が影響して大銀杏が結えなかったため、ちょん髷姿で揃い踏みを行った。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た横綱

    大相撲力士としては三保ヶ関部屋に入門、その後尾上部屋に所属。史上初のエストニア出身力士。最高位は東大関、得意技は右四つ・左四つ・寄り・投げ・吊りであった。2012年1月場所に初めての幕内最高優勝を成し遂げ、一時獲りに挑んだこともあったが、故障などが響いてその年の11月場所限りで大関から陥落、番付を下げた末に2013年9月場所前に十両の地位で現役引退となった。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た尾上部屋

    大相撲力士としては三保ヶ関部屋に入門、その後尾上部屋に所属。史上初のエストニア出身力士。最高位は東大関、得意技は右四つ・左四つ・寄り・投げ・吊りであった。2012年1月場所に初めての幕内最高優勝を成し遂げ、一時綱獲りに挑んだこともあったが、故障などが響いてその年の11月場所限りで大関から陥落、番付を下げた末に2013年9月場所前に十両の地位で現役引退となった。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た技量審査場所

    2011年5月技量審査場所では、3日目の豪栄道戦で上手投げで敗れた直後、記者陣に対して「遊びの場所みたい」と問題発言、翌日理事長室に呼ばれ放駒理事長(元大関・魁傑)らに厳重注意の処分を受けた。同場所は12日目まで10勝2敗だったが、翌13日目から3連敗を喫して又しても優勝争いから完全に脱落となった。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

176件中 81 - 90件表示

「把瑠都凱斗」のニューストピックワード