105件中 21 - 30件表示
  • 1979年欧州議会議員選挙

    1979年欧州議会議員選挙から見た投票率投票率

    有権者の関心はあまりなかったが、投票率は平均で63%を記録した。最も低い投票率はイギリスの32.2%で、このほかデンマーク以外の国では50%を超えていた。投票が義務となっているベルギーとルクセンブルクを除いて最も高い投票率はイタリアの84.9%であった。1979年欧州議会議員選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年欧州議会議員選挙 (リトアニア)

    2009年欧州議会議員選挙 (リトアニア)から見た投票率投票率

    今回の選挙の投票率は、前回を大きく下回り 20.98 % にとどまっている。これはリトアニアにおける選挙でも最低水準であり、また2009年欧州議会議員選挙が行われた国の中でもスロヴァキア(19.64 %)に次ぐ低さとなっている。2009年欧州議会議員選挙 (リトアニア) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年千葉県知事選挙

    2005年千葉県知事選挙から見た投票率投票率

    有権者数は4,836,033人、投票者数は2,093,076人で、投票率は43.28%であった。2005年千葉県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年札幌市長選挙

    2003年札幌市長選挙から見た投票率投票率

    投票率:57.32%(投票者数844,469名)前回投票率59.58%2003年札幌市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た投票率投票率

    それ以外にも、度重なる政治家の汚職や政治不信などが有権者の政治に対する無関心を増大させつつあり、低投票率の場合、近年は組織票で勝る政党が勝利するケースが多いため、選挙に行くこと自体が無意味と考える人々が多く、そのため、さらに投票率が下がるという悪循環に陥ってしまう。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年茨城県議会議員選挙

    2010年茨城県議会議員選挙から見た投票率投票率

    投票率:49.00%(投票者数:1,038,741名)2010年茨城県議会議員選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 組織票

    組織票から見た投票率投票率

    「組織」とは例えば、労働組合、利益団体、宗教団体、人種・民族(多民族国家の場合)などがこれにあたる。組織票はその組織の団結が固いので得票数も安定しており、浮動票と異なって棄権も少ない。「低投票率なら組織力の強い政党や候補が有利」という選挙予想はマスコミなどでよくみられるところである。組織票 フレッシュアイペディアより)

  • 1965年東京都議会議員選挙

    1965年東京都議会議員選挙から見た投票率投票率

    投票率:58.58%(前回選挙67.85%)1965年東京都議会議員選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年欧州議会議員選挙 (イギリス)

    1984年欧州議会議員選挙 (イギリス)から見た投票率投票率

    投票者数:696,994名(投票率:65.42%)1984年欧州議会議員選挙 (イギリス) フレッシュアイペディアより)

  • 1979年欧州議会議員選挙 (イギリス)

    1979年欧州議会議員選挙 (イギリス)から見た投票率投票率

    投票率:31.6%(イギリス全体の投票率)1979年欧州議会議員選挙 (イギリス) フレッシュアイペディアより)

105件中 21 - 30件表示

「投票率と開票作業」のニューストピックワード