148件中 71 - 80件表示
  • 参議院合同選挙区

    参議院合同選挙区から見た投票率投票率

    投票率低下の懸念がある。実際に実施された2016年参院選の合区された選挙区では4県の内で島根県を除く3県で過去最低の参院選投票率を記録し、「合区反対」と書かれたものも含めて無効票が増加する等して合区された選挙区では有権者の投票意欲が低下している。参議院合同選挙区 フレッシュアイペディアより)

  • 平日投票

    平日投票から見た投票率投票率

    一方、都市部での平日投票は投票率が下がる傾向が指摘されている。平日投票を実施した選挙では、投票率が日曜日に実施した選挙よりも低い例が見られたことから、平日投票に対しては否定的な見方を持つ者もいる。山形県の南陽市や東根市では市長選挙で平日投票を実施したことがあるが投票率が下落したため日曜投票に戻されている。1992年に行われた明るい選挙推進協会による「希望する投票日の曜日」に関する世論調査では日曜・祭日が78.3%を占め、土曜日・平日は6.8%に留まっている。平日投票 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀市上野図書館

    伊賀市上野図書館から見た投票率投票率

    しかしこの計画は伊賀市役所を伊賀市四十九町にある三重県伊賀庁舎の隣接地に移転することが前提であり、上野商工会議所の木津龍平会頭らは市役所を現在地で建て替えるよう主張、同月に住民投票条例制定を目指して7,180人の署名を集めた。この署名は書類不備のため無効になったが、岡本市長自らが住民投票条例案を提出、可決された。8月24日に住民投票が行われたものの、投票率が過半数を超えなかったため開票されず、9月議会で市役所移転が決まった。ところが、同年12月議会は南庁舎活用計画策定予算の削除を可決するなど、予断を許さない状況が続いた。伊賀市上野図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 投票

    投票から見た投票率投票率

    票とは、個人の投票行動のことであり、特定の動議、特定の候補、または特定の候補者の選抜に対する支持や選好が表明される。無記名投票は、秘密投票の原則を守る標準的な方法であり、たいてい投票所で行われる。(記名投票である不在者投票制度と比較のこと。)投票行動は多くの国で任意であるが、オーストラリア、ベルギー、ブラジルなどでは、義務投票制が採用されている。これらの国では投票率が非常に高くなる。投票 フレッシュアイペディアより)

  • 第11回統一地方選挙

    第11回統一地方選挙から見た投票率投票率

    13都道府県平均投票率:59.78%(前回63.21%)第11回統一地方選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田等

    柴田等から見た投票率投票率

    日本国憲法が施行された1947年(昭和22年)、旧知であった千葉県の元県議会議長・川口為之助が初代民選県知事となると、農業再建を掲げる川口の依頼で千葉県副知事となった。ところが、3年後の1950年(昭和25年)に川口が突如知事を辞任すると、国民民主党・日本社会党両党の支援を受けて県知事に初当選して以後3期務めた。だが、県議会の大半を抑えた自由党を野党にした事から県政運営に苦慮してきたが、当時は保守・革新両陣営ともに離合集散の時代が続き、県議会でもこれに中立な立場を取る立場を取る無所属会派「千葉クラブ」の台頭もあり、不安定ながらも知事の地位を維持してきた。1954年(昭和29年)の知事選挙では、柴田に不満を抱く川口前知事(当時自由党参議院議員)が独自候補の擁立を目指したために再選が危ういとも言われたものの、最終的には自由党が候補者を絞りきれずに独自候補擁立を断念したため、日本共産党の候補を圧倒して勝利を収めた(ただし、投票率は戦後の都道府県知事選挙でも最低水準の29・31%であった)。柴田等 フレッシュアイペディアより)

  • 10月12日

    10月12日から見た投票率投票率

    2008年 - リトアニアで議会選挙第1回投票と原発操業をめぐる国民投票が同時に実施される。国民投票は投票率が50%に満たず無効となる。10月12日 フレッシュアイペディアより)

  • 義務投票制

    義務投票制から見た投票率投票率

    有効な投票をすることを義務付けた場合でも、秘密投票制の下では投ぜられた票が有効なものであるかどうかの特定は困難であり、実際には無効票を投じても罰せられることはない。違反者に対する罰則およびその適用は、国によりまちまちである。罰則の種類は、罰金、入獄、選挙人名簿からの抹消など多様だが、罰則の定めが全くない国もある。また、罰則の適用レベルもまちまちであり、厳格に適用する国もあれば、全く適用しない国もある。したがって、義務投票制が投票率に与える効果も、国によってまちまちである。しかし、罰金のように有意性のある罰則を定めこれを厳格に適用している国においては、投票率が非常に高い傾向にある。義務投票制 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年長崎県知事選挙

    2010年長崎県知事選挙から見た投票率投票率

    投票率は60.08%で、前回2006年の52.27%を上回り、投票率は1998年以来の60%代となった(前回比 +7.81%)。当日の有権者数は117万4280人で投票者数は70万5465人であった 。2010年長崎県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年北九州市長選挙

    2011年北九州市長選挙から見た投票率投票率

    投票率は37パーセントで、末吉興一が5選を果たした2回前の選挙をも下回り、歴代最低を記録した。期日前投票率も前回を下回った。2011年北九州市長選挙 フレッシュアイペディアより)

148件中 71 - 80件表示

「投票率と開票作業」のニューストピックワード