148件中 81 - 90件表示
  • 2011年佐賀県知事選挙

    2011年佐賀県知事選挙から見た投票率投票率

    投票率は59.41%で、前回2007年の63.34%を下回り、東日本大震災による自粛ムードもあり選挙戦は盛り上がりに欠け、過去最低の投票率であった(前回比 -3.93%)。当日の有権者数は67万8110人で投票者数は40万2879人であった。2011年佐賀県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年長崎県知事選挙

    2014年長崎県知事選挙から見た投票率投票率

    投票率は40.72%で、7人による乱戦となった前回2010年の60.08%を大きく下回り、最低だった2002年を更に9.07%下回り過去最低であった(前回比 -19.36%)。当日の有権者数は115万4002人で、投票者数は46万9857人であった。2014年長崎県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年最高裁判所裁判官国民審査

    2009年最高裁判所裁判官国民審査から見た投票率投票率

    9人の最高裁判所裁判官に対して国民審査が行われ、全員罷免しないとされた。投票率は66.82%となり、1990年以来となる高投票率となった。2009年最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査から見た投票率投票率

    ×印(または点字で書かれた氏名)を記入した票は「罷免を可とする票」と呼ばれ、罷免を可とする票が有効票数の過半数に達した裁判官は罷免される。ただし、その審査の投票率が100分の1(1%)未満であった場合には罷免されない(最高裁判所裁判官国民審査法第32条)。最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本栄

    岡本栄から見た投票率投票率

    市長就任後、庁舎建設計画を白紙撤回し三重県伊賀庁舎隣接地への建設を提案するが、現在地での建設を主張する木津龍平・上野商工会議所会頭らは反発し、住民投票を求めた。2014年8月24日に住民投票が行われるも、投票率が50%に満たなかったため、住民投票は不成立となった。岡本栄 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年最高裁判所裁判官国民審査

    2005年最高裁判所裁判官国民審査から見た投票率投票率

    6人の最高裁判所裁判官に対して国民審査が行われ、全員罷免しないとされた。投票率は65.49%であった。2005年最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年最高裁判所裁判官国民審査

    2003年最高裁判所裁判官国民審査から見た投票率投票率

    9人の最高裁判所裁判官に対して国民審査が行われ、全員罷免しないとされた。投票率は58.12%であった。2003年最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年最高裁判所裁判官国民審査

    2000年最高裁判所裁判官国民審査から見た投票率投票率

    9人の最高裁判所裁判官に対して国民審査が行われ、全員罷免しないとされた。投票率は60.49%であった。2000年最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年最高裁判所裁判官国民審査

    1996年最高裁判所裁判官国民審査から見た投票率投票率

    9人の最高裁判所裁判官に対して国民審査が行われ、全員罷免しないとされた。投票率は57.56%であった。1996年最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 1990年最高裁判所裁判官国民審査

    1990年最高裁判所裁判官国民審査から見た投票率投票率

    8人の最高裁判所裁判官に対して国民審査が行われ、全員罷免しないとされた。投票率は70.56%であった。1990年最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

148件中 81 - 90件表示

「投票率と開票作業」のニューストピックワード