前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • 格付け機関

    格付け機関から見た信用格付け信用格付け

    格付会社(かくづけがいしゃ 英:rating firm)とは、金融商品または企業・政府などについて、その信用状態に関する評価の結果を記号や数字を用いて表示した等級(信用格付け)を付与する企業。格付機関(かくづけきかん 英rating agency)または信用格付機関(しんようかくづけきかん 英:credit rating agency)とも言う。格付け機関 フレッシュアイペディアより)

  • 格付け

    格付けから見た信用格付け信用格付け

    信用格付け - 債券や企業などに対して格付け機関が提示する評価格付け フレッシュアイペディアより)

  • 信用格付

    信用格付から見た信用格付け信用格付け

    信用格付 フレッシュアイペディアより)

  • カバードボンド

    カバードボンドから見た信用格付け信用格付け

    通常の無担保社債は高い信用格付けを得ることが難しく、発行体のバランスシート上負債として計上される。これらの欠点に対処するため、資産担保証券が考案された。資産担保証券は資産の裏づけを元にSPVが発行する債券であり、オリジネータのバランスシートには載らない(オフバランス)。しかし、資産の価値が劣化すると元利支払が滞るため、2007年以降の信用収縮に伴い投資家の信頼を失った。カバードボンド フレッシュアイペディアより)

  • ハイイールド債

    ハイイールド債から見た信用格付け信用格付け

    具体的には格付け機関が行なう格付けにおいてダブルB以下、即ち、S&P社ならBB以下、ムーディーズ社ならBa以下に格付けされた債券を指す。ハイイールド債は、一般的に信用格付けが低く、元本割れが発生するリスクが高い分、利回りは高く設定されている。投資資金を回収できず失う可能性が高いため、ハイイールド債は投資に精通したプロ向きの債券と言える。このハイイールド債(ジャンクボンド)を使って最も成功したのが、ジャンクボンドの帝王と言われたマイケル・ミルケンである。ハイイールド債 フレッシュアイペディアより)

  • 証券化

    証券化から見た信用格付け信用格付け

    証券化の過程においては、対象資産は必ず厳しい査定を受けた後、真正売買され且つその売買にも法律的、会計的見解が必要とされる。それにより証券には格付け機関による信用格付けが付与される。また、証券の信用補完のために損害保険会社等による保険(債務保証)が掛けられる場合もある。証券化 フレッシュアイペディアより)

  • 企業情報

    企業情報から見た信用格付け信用格付け

    投資格付け情報の提供企業情報 フレッシュアイペディアより)

  • ソブリン債

    ソブリン債から見た信用格付け信用格付け

    ソブリン債は、国や政府関係機関の信用を引当てとしているため、特にOECD加盟国などのものは信用格付けが高く、利率が低い。これとは逆に、利回りは高く設定されているが、一般的に信用格付けが低く元本割れが発生するリスクが高いのがハイイールド債である。ソブリン債 フレッシュアイペディアより)

  • 商工組合中央金庫

    商工組合中央金庫から見た信用格付け信用格付け

    後述する通り、信用格付けは高い水準を維持している。ただ多くの格付け会社は、AAAではなく、AAクラスの評価にとどめており、その理由としては、メガバンクと比較すれば資産の質が見劣りすることなどを挙げている。ただし、1936年(昭和11年)に設立されて以来70有余年にわたって、政府からの赤字補填を受けた経験はない。商工組合中央金庫 フレッシュアイペディアより)

  • SmartEbook.com

    SmartEbook.comから見た信用格付け信用格付け

    いちよし経済研究所、三菱UFJ証券などのアナリストがレーティングを停止している。理由としては、確度の高い業績予想をすることは困難であると判断したため。SmartEbook.com フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示

「投資の格付け情報」のニューストピックワード