48件中 31 - 40件表示
  • 石川嘉延

    石川嘉延から見た信用格付け信用格付け

    石川は、1999年に財政緊急事態宣言を発表し、公共事業投資を含む歳出の大幅削減を打ち出した。翌年には財政健全化の数値目標を設定し、これを静岡県の全部局に徹底させた。2006年度の修正単年度収支では黒字化を達成し、以降の各修正単年度収支を黒字化させている。また、増加していた地方債残高も臨時財政対策債以外は減少に転じるなど、債務状況も大きく改善された。2007年には、地方公共団体への信用格付けにおいて格付投資情報センターが「AA+ 1」 と判定するなど、財政再建の実現が図られた。石川嘉延 フレッシュアイペディアより)

  • 学校法人東洋大学

    学校法人東洋大学から見た信用格付け信用格付け

    2009年1月15日に日本格付研究所から長期優先債務格付の「AA」の信用格付けを取得した。学校法人東洋大学 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た信用格付け信用格付け

    日本国債の下落の顕著な衝撃なしにアベノミクスは2013年の初めに日本の株式市場における騰貴を招いた。だけれども十年先物(英:10-years forward)の金利は少し上がった約70%の日本国債は日本銀行が買っている。そして残りのほとんどは日本の銀行と信託金(英:trust fund)が買っている。それはグローバルなの影響からそのような債権等の価格と利子を大いに孤立させ、そして彼らの信用格付けの変化に対する感受性を低下させる。日本国債に賭けることはそれとは反対の基本にもかかわらずそれらの価格の下方硬直性(英:price rigidity)により「無尽蔵を生む取引(英:widowmaker trade)」として知られるようになった。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • ムーディーズ

    ムーディーズから見た信用格付け信用格付け

    ムーディーズ(Moody's Corporation)は、ムーディーズ・インベスターズ・サービス(MCO)はアメリカの民間企業で米大手債券の格付け機関業務を行っている。スタンダード&プアーズ(S&P)と並ぶ2大格付け会社の一つで、企業、債券などの信用力を調査し信用格付けを行っている。主に債券の発行会社から格付け手数料収入を得て格付けを行っている。ムーディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 東京地下鉄

    東京地下鉄から見た信用格付け信用格付け

    株式会社日本格付研究所による格付けは、「AAA」となっている。(2011年11月21日現在)東京地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た信用格付け信用格付け

    2007年(平成19年)1月25日、スタンダード&プアーズ(以下S&P)は新銀行東京の財務基盤の健全性維持に対する不確実性が高まっているとし、長期カウンターパーティ格付けのアウトルックを「安定的」から「ネガティブ」へ変更した。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • マイカル

    マイカルから見た信用格付け信用格付け

    破綻間際まで格付け機関による信用格付けが各機関とも「B(一定の信用リスクがある)」以上としていたものの、(見せかけの)企業の安定性と高利回りが両立して謳われていた事から、いわゆる機関投資家以外の地方公共団体や第三セクターなども資金運用手段としてマイカル絡みの債券を幅広く保有しており、億単位で損失を被った所では、運用先の選定などの責任追及が問題となった。マイカル フレッシュアイペディアより)

  • 証券化

    証券化から見た信用格付け信用格付け

    証券化の過程においては、対象資産は必ず厳しい査定を受けた後、真正売買され且つその売買にも法律的、会計的見解が必要とされる。それにより証券には格付け機関による信用格付けが付与される。また、証券の信用補完のために損害保険会社等による保険(債務保証)が掛けられる場合もある。証券化 フレッシュアイペディアより)

  • 商工組合中央金庫

    商工組合中央金庫から見た信用格付け信用格付け

    後述する通り、信用格付けは高い水準を維持している。日系格付機関は、AAクラスの評価としており、その理由としては、メガバンクと比較すれば資産の質が見劣りすることなどを挙げている。ただし、1936年(昭和11年)に設立されて以来70有余年にわたって、政府からの赤字補填を受けた経験はない。商工組合中央金庫 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡銀行

    静岡銀行から見た信用格付け信用格付け

    あわせて邦銀トップレベルの盤石な財務体質から、トップレベルの信用格付けを取得している。自己資本比率は2012年(平成24年)3月末現在で17.49%と、三菱UFJフィナンシャル・グループ(14.91%)やみずほフィナンシャルグループ(15.50%)、三井住友フィナンシャルグループ(16.93%)を上回っている(いずれも数値は連結、国際基準による)。静岡銀行 フレッシュアイペディアより)

48件中 31 - 40件表示

「投資の格付け情報」のニューストピックワード