135件中 11 - 20件表示
  • 紙鉄砲

    紙鉄砲から見た折り紙折り紙

    折り紙の一種で、振ると紙が開いて空気抵抗と紙の摩擦により大きな音が鳴る仕組みに折られたものである。紙鉄砲 フレッシュアイペディアより)

  • 神谷哲史

    神谷哲史から見た折り紙折り紙

    神谷哲史(かみや さとし、1981年 - )は日本の折り紙作家。3歳から独学で折り紙を始めた。独自の創作は小学2年生から始めた。彼は季刊をる1994年冬号に出ており、当時中学1年生にしてとても高度な作品を折り上げており、「ものを作り上げていくのが好きなんです。」と語っている。現在では日本を代表する折り紙作家の一人である。神谷哲史 フレッシュアイペディアより)

  • 笠原邦彦

    笠原邦彦から見た折り紙折り紙

    笠原 邦彦(かさはら くにひこ、1941年 - )は、日本の折り紙作家。長野県岡谷市生まれ。日本大学芸術学部放送学科卒。笠原邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • 宮島喬

    宮島喬から見た折り紙折り紙

    1940年、東京都生まれ。父は哲学者の宮島肇。東京大学文学部卒業、東京大学大学院社会学研究科博士課程中退。1973年よりお茶の水女子大学助教授、同教授、立教大学教授を経て、現職。日本学術会議連携会員。弟に経済学者の宮島洋、政治学者の宮島泉がいる。また、折り紙作家の宮島登は次男。宮島喬 フレッシュアイペディアより)

  • ひばり書房

    ひばり書房から見た折り紙折り紙

    1947年8月、安藤雄二によって創業。その当時は東京都文京区小石川に所在していたが、1980年代頃に東京都新宿区早稲田町に移転した。貸本漫画の出版社としてあまりに有名であり、主に怪奇漫画を数多く出版していた。本社のコミックでデビューした漫画家も多く、小島剛夕、いばら美喜、杉戸光史、古賀新一などが例として挙げられる。1970年代に入った頃からはコミックスに加えて『ファミリィブックス』というなぞなぞや折り紙などの幼児の教育に関連する書籍を出版していた。また、麻雀や将棋に関する書籍の出版も行っていた。関連会社として、つばめ出版、スカイラーク社という出版社が存在していた。ひばり書房 フレッシュアイペディアより)

  • 色紙

    色紙から見た折り紙折り紙

    折り紙などに用いる正方形の色つき紙色紙 フレッシュアイペディアより)

  • 領知朱印状

    領知朱印状から見た折紙折り紙

    宛所の官位・石高、本末関係などによって書式・書止文言・宛所位置・敬語などの程度の差を設けた書札礼が確立され、大名では四位以上もしくは10万石以上、公家では五摂家・宮家・摂関家及び清華家・大臣家・従一位の公家、日光東照宮・久能山東照宮・門跡及びこれに准じる寺社に対しては朱印状より格が高い領知判物による安堵が行われた。用紙・上包は大高檀紙が用いられるのを例とし、五位以上には竪紙、それ以下には折紙を用い、更に黒印状によって出される場合もある。上包は縦上下折として宛所を下に記すが、別当寺がある神社に宛てる場合には、真ん中に神社名、下部に別当寺名を記すことになっていた。領知朱印状 フレッシュアイペディアより)

  • おりがみ

    おりがみから見た折紙折り紙

    折紙 - 古文書学における古文書の形態のひとつ。おりがみ フレッシュアイペディアより)

  • おりがみ

    おりがみから見た折り紙折り紙

    折り紙 - 紙を折って、何かの形にする遊び、芸術、作品。その時に使用される、正方形の専用紙を指すこともある。おりがみ フレッシュアイペディアより)

  • 育英短期大学

    育英短期大学から見た折り紙折り紙

    文化系:オカリナ・折り紙・美術・観光・手話・フォト・腹話術・軽音楽ほか育英短期大学 フレッシュアイペディアより)

135件中 11 - 20件表示

「折り紙」のニューストピックワード