172件中 21 - 30件表示
  • 申詞

    申詞から見た折紙折り紙

    室町時代になると、室町幕府将軍から天皇及び院に政務に関する執奏を行う際にその執奏の発言をそのまま折紙に書き留めて文書として残したものを指す様になる。「……矣」で結んで署判は行わない。これに対して天皇・院の返答が出され、同様に記録されることもあるが、これは仰詞(おおせことば)と呼称して区別された。申詞 フレッシュアイペディアより)

  • 香箱

    香箱から見た折り紙折り紙

    折り紙には、角香箱(つのこうばこ)、鶴香箱(つるこうばこ)という折り方がある。香箱 フレッシュアイペディアより)

  • ココット (折り紙)

    ココット (折り紙)から見た折り紙折り紙

    ココット(仏:cocotte・鍋の意味)またはパハリータ(西:pajarita・ボウタイの意味)は、ヨーロッパの伝承折り紙である。ココット (折り紙) フレッシュアイペディアより)

  • 評定始

    評定始から見た折り紙折り紙

    嘉禄元年(1225年)、鎌倉幕府に評定衆が設置されて以来、重要な政務は評定によって決定されたが、13世紀後期に年始の行事の一環として毎年1月中旬の1日に執権・連署以下を召集して評定始を行うようになった。奉行人が折紙に記した正月の神事などの議題3つを読み上げて将軍の決裁を得た後に、三献を開いた。評定始 フレッシュアイペディアより)

  • 手裏剣スクール

    手裏剣スクールから見た折り紙折り紙

    オクニ(声:小林希唯) : アイザン、ジミーとの仲良しグループの紅一点。折り紙が得意。ときおり大人らしい声を出す。手裏剣スクール フレッシュアイペディアより)

  • 箸置き

    箸置きから見た折り紙折り紙

    Image:Sake, Chopsticks, Paper Rest.jpg|折り紙箸置き箸置き フレッシュアイペディアより)

  • 葛原勾当

    葛原勾当から見た折り紙折り紙

    出身は備後国安那郡八尋村(広島県深安郡神辺町、のち福山市)。庄屋矢田重知の長子として生まれた。本姓矢田、幼名柳三、諱は重美。名は琴の一、のち美濃一。雅号一泉、俳号似月。3歳で痘を病み、両眼とも失明。9歳で琴を始め、11歳で京都の松野勾当(のち検校)に師事し、生田流箏曲を修めた。14歳で座頭になり、その翌年帰郷し、備後・備中両国を中心に広く琴を教授するかたわら、たびたび上洛してはその技を磨いた。20歳になると、座頭支配久我家より美濃一の名を許され、郷里の地名をとって葛原姓を名乗るようになり、22歳で勾当の位を授かった。このころから生田流の名手として京都以西にもその名が知られるようになった。光崎検校から「秋風の曲」を直伝。二弦琴「竹琴」の創案、八重崎検校の三回忌にあたり追善曲として「花形見」、その他「狐の嫁入」「おぼろ月」などの作曲が業績である。折り紙の名人でもあり、折り雛やキジなどの作品約60点が現存し、江戸時代の技法を伝えている。田中氏あさを娶って二男一女があった。葛原勾当 フレッシュアイペディアより)

  • ドドマ大学

    ドドマ大学から見た折り紙折り紙

    人文学部はタンザニアで唯一の日本語教育機関であり、2009年より日本語の授業を提供し始めた。2012年1月12日には在タンザニア日本国大使館とドドマ大学の主催、国際協力機構(JICA)の協力で、第1回ジャパン・フェスティバルを開催し、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を上映したほか、折り紙・書道・寿司などの日本文化の体験講座が開かれた。ドドマ大学 フレッシュアイペディアより)

  • 基本形

    基本形から見た折り紙折り紙

    基本形(きほんけい)とは折り紙において、その形から複数の折り紙作品がつくり出される汎用性の高い形のことである。基本形の名前は、その元となる伝承折り紙の名前からつけられることが多い。基本形に少し手を加えたり、複数の基本形の一部を組み合わせることで、様々なバリエーションの作品をつくることができる。基本形 フレッシュアイペディアより)

  • 段ボール製自転車

    段ボール製自転車から見た折り紙折り紙

    2012年、イスラエルのイズハル・ガフニ(又はイツハール・ガフニ。Izhar Gafni)は、フレームの大半が段ボール製の自転車を開発した。イズハルはもともと自動生産ラインの設計の専門家、かつ元軍人で、企業家であるが、段ボールでカヌーを作ったというニュースに触発され、自転車が好きであったため、約1年半の歳月をかけて完成させた。ジャンボジェットの製作もはじめは不可能と技術者は言われたというエピソードを励みにしたと語る。段ボール製自転車の重さは約9キロ。この自転車の製作は、段ボールを自転車の形に切断し、有機溶剤で防水処理と防火処理を行い、更に段ボール表面を塗装する。この加工をされた段ボールはプラスチックのような強度があり、140キログラムまでの荷重に耐え、雨にも強いとイズハルは言う。イズハルは「基本的なアイデアは日本の折り紙みたいなもの」とし、段ボールを折り曲げて強度を持たせて接着し、サドルなどの自転車を形成した。さらに、リサイクル部品を採り入れ、ペダルと車輪などがリサイクル材料であり、タイヤはメンテナンスを考慮して自動車の古タイヤが再利用された再生ゴムのノーパンクタイヤである。イズハルは、量産化で部品のコストが9ドル/1台となり、販売価格も約20ドル以下となると述べる。「とても安価で、盗む必要もないくらいだ」とイズハルは言う。そして、貧困国へ無料提供も可能だとも語った。日本では低価格の自転車として伝えられた。「スマートな逸品」と評するものもいる。この自転車のプロトタイプの一つは、現代の自転車の例としてシカゴ科学産業博物館に展示された。2013年、イズハルが段ボール製自転車を生産する資金を調達する準備を行っていることが報じられた。段ボール製自転車 フレッシュアイペディアより)

172件中 21 - 30件表示

「折り紙」のニューストピックワード