135件中 31 - 40件表示
  • 折紙の数学

    折紙の数学から見た折り紙折り紙

    紙を折り曲げる芸術である折り紙に対しては、様々な数学的研究が行われてきた。古くから関心をもたれる分野は、作品を傷めることなく折紙作品を平らに折り畳むことができるかどうか (flat-foldability) と、紙を折ることで数学の方程式を解くことができるかどうかなどである。現代数学の研究対象としては、一度は自明な数学の応用例とみなされたが、20世紀最後の四半世紀にはコンピュータによる表現の対象として、また離散数学の研究対象として、そして技術革新の必要から改めて脚光を浴びた。折紙の数学 フレッシュアイペディアより)

  • 評定始

    評定始から見た折り紙折り紙

    嘉禄元年(1225年)、鎌倉幕府に評定衆が設置されて以来、重要な政務は評定によって決定されたが、13世紀後期に年始の行事の一環として毎年1月中旬の1日に執権・連署以下を召集して評定始を行うようになった。奉行人が折紙に記した正月の神事などの議題3つを読み上げて将軍の決裁を得た後に、三献を開いた。評定始 フレッシュアイペディアより)

  • 国会インターネット審議中継

    国会インターネット審議中継から見た折り紙折り紙

    国会議員が自分の委員会での質疑や答弁をこのシステムを用いて紹介するなど、開かれた国会を推進する手段の1つとして機能している。民主党の永田寿康衆議院議員(当時)が外務委員会において社民党の東門美津子議員(当時。現沖縄市長)の質疑が始まった途端に折り紙を折る等の不真面目な行為を行っていたことが、ビデオライブラリを利用した2ちゃんねらーに指摘・糾弾されたことがあり(後に堀江メール問題が起こった際、テレビでも取り上げられた)、これはこのシステムが国会を国民に開かれた存在にする助けになっていることの証であるとも言える。国会インターネット審議中継 フレッシュアイペディアより)

  • 油井康二

    油井康二から見た折り紙折り紙

    油井康二(ゆい やすじ、1959年7月27日 - )は日本の実業家、折り紙作家。長野県生まれ。主に経営コンサルティング事業を展開しつつ、創作折紙「オリピット」の事業活動も行っている。ペンネームはユイヤスジン。油井康二 フレッシュアイペディアより)

  • 短冊

    短冊から見た折り紙折り紙

    現代における短冊は、七夕の行事の一環として願い事を書く目的で用いる、折り紙を細長く切ったものが有名であるが、元々は短歌や俳句を詠む際に使われる分厚く装飾が施された紙片のことを指し、その書式には古来より慣例とされる作法がある。短冊 フレッシュアイペディアより)

  • 吊るし飾り

    吊るし飾りから見た折り紙折り紙

    吊るし飾り(つるしかざり)は伝統工芸の一種。雛祭りの際に、糸の先に布製の人形などを吊るしてひな人形とともに飾る。インテリアとして、折り紙やビーズを糸の先につけて飾った物を吊るし飾りと呼ぶ場合もある。吊るし飾り フレッシュアイペディアより)

  • 署判

    署判から見た折紙折り紙

    署判と宛所の位置は書札礼などに基づいて定められており、例えば年月日の下に記す署判を「日下(にっか/ひのした)」、次の行の上部に記す署判を「奥上署判」、文書右端の“袖”と呼ばれる余白部分に記す「袖判」などが存在し、奥上署判が鄭重な形式とされている。また、複数の人が署名する場合にも規則があり、例えば奉書の場合には官職名・受領名・官途名を記す「竪紙奉書」と実名を記す「折紙」が存在するが、いずれの場合も文書の奥の部分とみなされた左側に上位者から記すことになっている(なお、「折紙」は「竪紙奉書」よりも略式である。これに対して身分を順不同とした「孔子次第(くじしだい)」「次第不同」や、円形に署判することで上下関係の意識を排した「傘連判」「円連判(つぶられんばん)」も南北朝時代以後に行われるようになった。また極めて特殊な事例として、花押を血で染める、あるいは血で花押を押す「血判」が存在した。署判 フレッシュアイペディアより)

  • 覆勘状

    覆勘状から見た折紙折り紙

    御家人が京都大番役や異国警固番役を務め上げた際に書下形式の書状で出された。通常は所属する国の守護あるいはその代理を務める家臣(守護代など)が、北条氏が守護を務める国では得宗家の公文所が発給した。形状は折紙・竪紙の両方があるが前者が多く、異国警固番役関連では現存の物は全て折紙である。内容は勤務地・勤務期間。発給日・発給者・宛所が記されるものが多い。覆勘状 フレッシュアイペディアより)

  • アストンマーチン・ラゴンダ

    アストンマーチン・ラゴンダから見た折り紙折り紙

    過去の伝統をすべて排した、低く長く、未来的なデザインを持つ。フロントには、小さなフロントグリルとその横いっぱいに並べたランプ類、リトラクタブル・ヘッドライト(シリーズ2・3)。リアにはそれと対をなす、整然と並べられた薄型ランプ。極端なロングノーズ・ショートキャビンであり、エッジの効いたボディラインはまるで折り紙のようでもある。異形であるが、最高級セダンとして極めて個性的であり、モダンな雰囲気を強く感じさせる。とにかく一目見たら忘れることが出来ないぐらいインパクトがあるデザインである。アストンマーチン・ラゴンダ フレッシュアイペディアより)

  • 竪紙

    竪紙から見た折紙折り紙

    これに対して、縦長にして漉目と直角に交錯する形にした形状を横紙と言った。竪紙を横に半折したものを折紙、規格を定めて切断したものを切紙、横につなげて長くしたものを継紙と称したが、略式の公文書の場合には折紙が用いられた。竪紙 フレッシュアイペディアより)

135件中 31 - 40件表示

「折り紙」のニューストピックワード