135件中 71 - 80件表示
  • 憑物語

    憑物語から見た折り紙折り紙

    不死身の怪異を専門とする人形使い。臥煙伊豆湖のネットワークに属していないはぐれ者で、怪異に対して美的好奇心を抱いている。線の細い若者で、質素な服装をしている。千羽鶴ややっこさんなどの折り紙を使う。憑物語 フレッシュアイペディアより)

  • ブラフマン (漫画)

    ブラフマン (漫画)から見た折り紙折り紙

    狭い世界で生きてきたためか、普通のこと、日常的な物などが珍しいらしく、また、家族という存在を実感したことがないため、織葉の祖父やYSPの店長などによく懐いている。そのため緑茶や茶菓子を好むなど、趣味が渋くなっている。娯楽に関してもまともな遊びをしたことがないらしく、折り紙やケンケンパなど古風な遊びを純粋に楽しんでいる。また、科学的に証明できないこと、俗に言うオカルトの類を嫌っており、その為、佳弥のことは当初不気味に思っていた。ブラフマン (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • かみかみかえし

    かみかみかえしから見た折り紙折り紙

    折り紙で作った鶴に、自らの髪を宿すことで、巨鳥として操作することができる。かみかみかえし フレッシュアイペディアより)

  • 上野公成

    上野公成から見た折り紙折り紙

    趣味として折り紙を挙げている。上野公成 フレッシュアイペディアより)

  • ミーム学

    ミーム学から見た折り紙折り紙

    ドーキンスは2003年に編纂した A Devil's Chaplain で、ミーム的過程は全く異なる2つの種類があるとした。1つめは文化的思考・行動・表現の型であり、これらは変化が激しい。例えば、彼の学生でウィトゲンシュタインの思想を継承したものがいた。もう1つは自己修復型ミームであり、こちらは突然変異しにくい。その例として、子供が折るような折り紙のパターンを挙げた。このミームは一部の例外を除いて完全に正確な手順が伝播していく(忘れっぽい子供まで伝播したところで途切れるだけで突然変異しない)。この種のミームは発展しにくいが、ごく稀に大きな変異が生じる。ミーム学者によっては、2種類のミームがあるのではなく、ミームによって強度が異なるだけで、様々な強度のミームがあるとする者もいる。ミーム学 フレッシュアイペディアより)

  • ショウワノート

    ショウワノートから見た折り紙折り紙

    学習帳のトップブランドとして知られ、キャラクター商品にも強い。かつては一般向けの文具も製造していたが、現在は学童向けに特化している。2006年(平成18年)現在の取締役社長は、片岸茂。子会社にレターセットや折り紙などを製造する「ショウワグリム株式会社」、ギフト用品などを製造する「ショウワワコー株式会社」がある。ショウワノート フレッシュアイペディアより)

  • 古文書

    古文書から見た折紙折り紙

    料紙は一枚が縦30センチメートル、横40?50センチメートル程度の寸法が一般的で、折り目をつけずにそのまま用いる竪紙のほか、料紙を中心でふたつ折りにした折紙、一枚の料紙を細断した切紙、複数の料紙を張り付いだ継紙などの形式がある。古文書 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道文教大学短期大学部

    北海道文教大学短期大学部から見た折り紙折り紙

    文化系:折り紙・人形劇ほか北海道文教大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 森田さんは無口

    森田さんは無口から見た折り紙折り紙

    なお音痴や運動音痴や不器用といった欠点を持つ。不器用なことが垣間見られる例としては、折り紙が上手く折れないといったものがある。森田さんは無口 フレッシュアイペディアより)

  • 水引

    水引から見た折り紙折り紙

    折り紙(祝儀袋の原型)水引 フレッシュアイペディアより)

135件中 71 - 80件表示

「折り紙」のニューストピックワード