172件中 71 - 80件表示
  • 母の初恋

    母の初恋から見た折り紙折り紙

    東京へ戻る帰りの汽車の前の席には、赤茶けた髪の毛のあいの子らしい7歳くらいの幼い女の子が座っていた。女の子は一人で絵本も見たり、紙風船を膨らませたり、折り紙を折ったりして遊んでいた。少し離れたところにいる母親は本を読んでいたが、女の子は一人でも平気そうだった。牧田夫婦はその可愛らしい女の子を観察していた。章子はふと夫に、「私達、一生この子のことを思い出すでしょうね。もう二度と会うことはないでしょうけれど」と言った。牧田は、世界中の人種が雑婚の平和な時代は、遠い未来に来るであろうかと、ぼんやり考えた。母の初恋 フレッシュアイペディアより)

  • 死を呼ぶ暗号

    死を呼ぶ暗号から見た折り紙折り紙

    スーリンは中国出身でトンと呼ばれる組織に属していたことが語られるが、シャン将軍が裏切り者の印として作っている折り紙自体は、日本の文化である。また、密輸組織の「黒い蓮」は、文化大革命時に隠匿された骨董品を密輸している設定である。死を呼ぶ暗号 フレッシュアイペディアより)

  • 育英短期大学

    育英短期大学から見た折り紙折り紙

    文化系:オカリナ・折り紙・美術・観光・手話・フォト・腹話術・軽音楽ほか育英短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 鏡花あやかし秘帖

    鏡花あやかし秘帖から見た折り紙折り紙

    雑誌『幻想倶楽部』の先輩編集者。 鏡花の前任。趣味は折り紙。のっぺりとした顔に黒縁の眼鏡をかけている。見た目は地味で陰気だが仕事振りは確かなので信頼されている。文芸全般に造詣が深く、特に短歌や伝承などについて博識。「幻想倶楽部」の知恵袋。鏡花あやかし秘帖 フレッシュアイペディアより)

  • ペーパークラフト

    ペーパークラフトから見た折り紙折り紙

    ペーパークラフト (Pepar craft)とは、紙を素材としてつくる模型で、「カードモデル」 (Card model)とも呼ばれる。ただし、折り紙と区別するために、一枚の紙からさまざまな大きさ、色、形の部品を切り出して組み立てるものと定義することもある。ペーパークラフト フレッシュアイペディアより)

  • 憑物語

    憑物語から見た折り紙折り紙

    不死身の怪異を専門とする人形使い。臥煙伊豆湖のネットワークに属していないはぐれ者で、怪異に対して美的好奇心を抱いている。線の細い若者で、質素な服装をしている。千羽鶴ややっこさんなどの折り紙を使う。憑物語 フレッシュアイペディアより)

  • 森田さんは無口

    森田さんは無口から見た折り紙折り紙

    なお音痴や運動音痴や不器用といった欠点を持つただし、水泳の潜水泳法は唯一得意らしい。不器用なことが垣間見られる例としては、折り紙が上手く折れない、寒天を入れすぎてグミのような硬いゼリーをこしらえてみたり。森田さんは無口 フレッシュアイペディアより)

  • 内山興正

    内山興正から見た折り紙折り紙

    内山 興正(うちやま こうしょう、1912年 - 1998年3月13日)は日本の曹洞宗の僧侶で、折り紙作家。詩人。内山興正 フレッシュアイペディアより)

  • アストンマーティン・ラゴンダ

    アストンマーティン・ラゴンダから見た折り紙折り紙

    過去の伝統をすべて排し、低く長く、未来的になった。フロントには小さなフロントグリルとその横いっぱいに並べたランプ類、リトラクタブル・ヘッドライトを備える。リアにはそれと対をなす、整然と並べられた薄型ランプ。極端なロングノーズ・ショートキャビンであり、エッジの効いたボディラインはまるで折り紙のようでもある。異形であるが、最高級セダンとして極めて個性的であり、モダンな雰囲気を強く感じさせる。アストンマーティン・ラゴンダ フレッシュアイペディアより)

  • 宮島喬

    宮島喬から見た折り紙折り紙

    父は哲学者の宮島肇。弟に経済学者の宮島洋、政治学者の宮島泉がいる。また、折り紙作家の宮島登は次男。宮島喬 フレッシュアイペディアより)

172件中 71 - 80件表示

「折り紙」のニューストピックワード