前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示
  • 折り紙

    折り紙から見たタカラトミー

    ビー玉に対するビーダマン、けん玉に対するデジケン、ベーゴマに対するキャラコバッチ等と同様に、伝統玩具を商業玩具とする手法は折り紙に対しても実行された。タカラトミーからはオリガミウォーズ、コナミからはオリグライドが発売されている。折紙戦士という漫画作品が台湾でかかれ、これを原作にアニメも製作された。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見たコナミ

    ビー玉に対するビーダマン、けん玉に対するデジケン、ベーゴマに対するキャラコバッチ等と同様に、伝統玩具を商業玩具とする手法は折り紙に対しても実行された。タカラトミーからはオリガミウォーズ、コナミからはオリグライドが発売されている。折紙戦士という漫画作品が台湾でかかれ、これを原作にアニメも製作された。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た笠原邦彦

    何枚もの紙を同じ形に折って、それらを組み合わせ、一つの作品を作りあげる折り紙作品をユニット折り紙と呼ぶ。ユニット折り紙の対象には対称性の高い多面体(一般に「くすだま」と呼ばれるものなど)、箱などが多い。枚数としては2枚から数十枚、多いものでは1万枚以上もの紙を組み合わせることがある。ユニットを組み合わせるときには、紙の摩擦のみで全体を支えるものが理想であるが、場合により糊付けや糸で綴じるケースもある。ユニット折り紙作家としては、笠原邦彦、川村みゆき、布施知子などが有名。類似のものに、折り紙細工がある。伝承の「手裏剣」もまたユニット折り紙の一つである。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た井原西鶴

    文献で確認できる限り、1680年(延宝8年)に井原西鶴が「一昼夜独吟四千句」の中の一句「廬斉が夢の蝶はおりすえ」に詠んだ、雄蝶・雌蝶が最古の記録である。雄蝶・雌蝶は銚子の口に付けるもので、銚子の包みが様式化したものである。また、今日見られる熨斗も、熨斗鮑の包みが様式化したもので、儀礼折り紙の一例である。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た藤原清輔

    平安時代の『清輔朝臣集』(藤原清輔)にカエルの折り紙について記述されている。江戸時代において、平織りの木綿の反物が庶民にまで普及し、手拭が日常的に使われるようになると、ただ単に折りたたんで収納するのではなく、折り紙のように奴(やっこ)やカエルを模しての折り方が工夫され、日常の家事仕事に彩りを加えるようになった。その後、遊びや趣味として「折り手拭」という技法になり、中でも財布は折りたたんだ手拭で作ったもので代用する人も多かった。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見たフリードリヒ・フレーベル

    ヨーロッパの折り紙は、フリードリヒ・フレーベルの幼児教育法に取り入れられ、日本の開国にともない日本に伝わった。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た前川淳 (折り紙)

    1983年(昭和58年)に発売となった、『ビバ!おりがみ』(前川淳・笠原邦彦 著、ISBN 4387891165)、および1989年(平成元年)に発売となった(ピーター・エンゲル著)が皮切りとなり、近年複雑な作品も作られるようになった。前川淳によって創始された「折り紙設計」の技法は特に大きな影響を与えており、これにより初めて複雑な作品を合理的にデザインできるようになった。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た伊勢貞丈

    儀礼折り紙は武家の礼法に含まれるもので、1764年(明和元年)に伊勢貞丈が著した『包之記』に折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た神谷哲史

    上記の折り紙に加えて、動かせる玩具として作られたもの。古くは『カメラ』(シャッターが開く)や『羽ばたく鳥』(首としっぽを持って羽根を動かせる)など。近年には神谷哲史の『黒い森の魔女』(魔女ドラゴンに変身する)などの複雑なものもある。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た足利義満

    という記述があるから、足利義満の時代、小笠原氏・伊勢氏・今川氏を中心に整えられたと考えられる。折り紙 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示

「折り紙」のニューストピックワード